2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月の記事

2015年1月 9日 (金)

悲しい体験をして、許せない人がいるあなたへ

こんばんは!癒しの風foomiのふうみです

ある方が、mixiで今日紹介してくださっていた『神との対話』の一節。

この本は有名ですし、私もずいぶん前に読んだのですが、今改めて読むと、自分の中の深い部分に残っていた「許せない思い」が溢れ、涙になって昇華されていきました。

自分の中にまだ「許せない思い」が残ってたんだな、と気付きました。

もうとっくに許せてるつもりだったのに、潜在意識は巧みにそれをなかったことにしようとしてたようです(そういうことって、たまにあります。「そんなものはありません! 残った思いは全て浄化しました」ってフリしちゃうんですよね)。

既に読まれてる方は多いと思いますが、改めて読んでみると、自分の中にまだあるものに気付くかもしれません。

よろしければ、みなさんもどうぞ

---------ここから------------

昔むかし、まだ時というものがなかったころ、『ちいさな魂』が神さまに言いました。

「ぼくがだれだか、わかりましたよ!」

神さまは答えました。

「それはすばらしいね!で、きみはだれなの?」

ちいさな魂は、力いっぱい叫びました。

「ぼくは光なんです!」

神さまもにっこりして、大きな声で答えました。

「そのとおりだ!きみは光だよ。」

ちいさな魂は、とっても幸せでした。
だって、神さまの王国にいる魂のすべてが知りたがっていたことを知ったのですから。

「わーい、ぼくたちって、なんてすてきなんだろう!」

ところが、しばらくするとそれだけでは満足できなくなりました。
ちいさな魂は、なんだかむずむずしてきたのです。
そして、自分自身を体験したくなりました。

そこでちいさな魂は、また神さまのところへもどってこういいました。

「ねえ、神さま!ぼく、自分がだれだかわかったから、こんどは自分を体験したいな。いいですか?」

神さまは答えました。

「おやおや、きみはもう、きみ自身なのに、それを体験したいというのかな?」

「そうなんです。」

と、ちいさな魂は答えました。

「自分がだれだか知っていることと自分自身を体験することとは、ちがいますよね。ぼく、自分が光だっていうのはどんな感じなのか体験してみたいんです。」

「だが、きみはもう光なんだよ。」

神さまはまた、ほほえみました。

「ええ、知ってます。でも、光であるってどんな感じがするのか、知りたいんですよ!」

ちいさな魂は大きな声でいいました。

「そうかそうか。」

神さまはくすくす笑っていいました。

「それも無理はないね。きみには冒険心があふれている。」

それから、神さまはちょっとむずかしい表情になりました。

「ただし、ひとつだけ困ったことがあるのだが・・・。」

「困ったことってなんですか?」

ちいさな魂は、たずねました。

「光でないものは、なにもないってことだよ。わたしが創ったきみたちは、なにもかも、すべてが光なんだ。光以外にはなにもない。だから、きみ自身を体験するのはかんたんじゃない。 だって、きみとちがうものは、なにもないんだからね。」

神さまはいいました。

「そうなんですか?」

ちいさな魂はつぶやきました。なんだか混乱してきたのです。

「こう考えてごらん。」

神さまはいいました。

「きみたちは太陽のなかにあるロウソクのようなものだ。きみたちは、たしかにそこにいる。何億、何兆、いや無数のロウソクがあつまって太陽をつくっている。きみたちがいなければ、太陽も存在しない。
きみがいなくても、太陽は太陽だが、ロウソクの一本たりない太陽だ。
それは太陽じゃないんだよ。
完全な太陽ほど、明るくかがやけないからね。
しかし、光のまっただなかにいたら、どうして自分が光だと感じられるだろう。
それが問題だな。」

「でも、あなたは神さまでしょう。」

ちいさな魂は思いきっていいかえしました。

「なにか方法を考えてください。」

すると神さまはほほえんでいいました。

「もう考えたよ。光のなかにいたのでは、自分が光だってことを感じられないから、きみを闇でつつんであげよう。」

「闇ってなんですか?」

ちいさな魂はたずねました。

「闇とは、きみでないものだよ。」

神さまはいいました。

「闇ってこわいのかな?」

ちいさな魂はつぶやきました。

「こわがろうと思えばね。」

神さまは答えました。

「ほんとうは、こわいものなんか、なにもないんだ。こわいかどうかは自分できめる。だって、なにもかも自分でつくりだしているんだからね。ごっこ遊びのようなものさ。」

「そうなのか。」

ちいさな魂は少し安心しました。

それから神さまは、くわしく説明してくれました。

何かを体験しようと思ったら、その反対のことが起こらないといけないのです。

「それはすばらしい贈りものなんだよ。」

神さまはいいました。

「だって反対のことがなければ、なにもわかりはしないのだからね。
寒さがなければ暖かさもない。上らなければ、下ることはできない。遅いってことがなければ、速いということもない。右がなければ、左もない。あそこがなければ、ここもない。あのときがなければ、いまもないんだよ。

だから闇につつまれても拳をふりまわしたり、大声でさけんだり、闇を呪ったりしなくていいんだ。

それよりも、闇にたいする光でありなさい。
腹をたてたりしないこと。
そうすれば、ほんとうの自分がわかるし、ほかのひとたちにも、ほんとうのきみが伝わるよ。
光りかがやいて、みんなに、きみは特別なんだってことを知らせてやりなさい!」

「ぼくは特別なんだ、っていってもいいんですか?」

ちいさな魂はききかえしました。

「いいとも!」

神さまは笑いました。

「ぜんぜん、かまわないよ!ただし、『特別』だというのは、『人より優れている』ということじゃない。そのことを忘れないようにしなさい。
みんながそれぞれ、特別なんだから!
それを忘れている者がたくさんいるんだよ。

そういうひとたちは、きみが特別でいいんだとみせてやると、はじめて、自分も特別でいいんだな、と思うようになる。」

「わーい。」

ちいさな魂はうれしくて、笑いながら飛んだりはねたりしました。

「ぼくは、すきなだけ特別になれるんだ!」

「そうだとも。いますぐはじめていいよ。」

神さまは笑いながら、ちいさな魂といっしょになってスキップしました。

「で、きみはどんなふうに特別になりたいのかな?」

神さまはききました。

「どんなふうに特別ですか?」

ちいさな魂は、いいました。

「よくわからないんですけど。」

「光であるというのは特別なことで、その特別にはいろんな面があるんだよ。」

神さまは説明しました。

「特別に親切というのもある。特別にやさしいというのもある。特別に創造力があるとか、特別にがまん強いというのもあるな。
ほかに、どんな特別を考えられる?」

ちいさな魂は、おとなしくすわって首をひねり、それから叫びました。

「たくさん特別が考えられますよ!
特別に人の役に立つ。特別に気前がいい。特別に友情にあつい。
それから、特別に思いやりがある!」

「うまいぞ!」

神さまはうなずきました。

「いつだって、きみはそのすべてになれるし、そのうちのひとつを選ぶこともできる。それが、光であるっていうことだからね。」

「ぼく、なにになりたいかわかりますよ!
なにになりたいか、わかってます! 」

ちいさな魂は、興奮して大声をあげました。

「ぼく、『ゆるす』ということで特別になりたいな。
『ゆるす』という特別もありますよね?」

「あるとも」

神さまは、ちいさな魂にうけあいました。

「それも、とっても特別なことだよ。」

「それじゃ、ぼくはその特別になります。
特別に『ゆるす』っていうことを、体験してみたいな。」

ちいさな魂はいいました。

「よろしい。ただし、ひとつやっかいなことがあるね。」

神さまはいいました。

ちいさな魂はすこしじれてきました。

だって、話がなかなか先へ進まないようでしたから。

「やっかいなことってなんですか?」

ちいさな魂は、ためいきまじりにたずねました。

「『ゆるす』相手がいないということだ。」

「いないんですか?」

ちいさな魂は、自分の耳が信じられませんでした。

「いないんだよ!」

神さまはくりかえしました。

「わたしが創ったものは、すべてが完璧だ。
わたしが創造した魂はみんな、きみとおなじように完璧なんだよ。見まわしてごらん。」

そういわれて、ちいさな魂は、おおぜいの魂にとりかこまれているのに気づきました。

ちいさな魂が神さまと『ふつうではない対話』をしている。

そうきいた魂たちは、どんなことを話しているのか知りたくて、はるばる遠くから、それも神さまも王国のあらゆる所からやってきたのです。

無数の魂たちがあつまっているのを見て、ちいさな魂も、うなずかずにはいられませんでした。

どの魂もそれぞれに素晴らしく、みごとで、ちいさな魂とおなじように完璧でした。

そんな素晴らしい光の魂たちがあつまっているのですから、それはそれは明るくて、目もくらむばかりでした。

「ほらね。だれを『ゆるし』たらいいだろう?」

神さまはいいました。

「そんなの困りますよ!」

ちいさな魂は不満でした。

「ぼくは『ゆるす』という特別を体験したかったのに。それがどんな感じか、知りたかったのに。」

そのとき、ちいさな魂は、これが『悲しみ』というものなのかな、と思いました。

すると、あつまった魂たちのなかから、『友情あふれる魂』が、すすみでました。

「心配しなくていいわ。ちいさな魂さん。」

友情あふれる魂はいいました。

「わたしが助けてあげる。」

「きみが?」

ちいさな魂は、ぱっと顔をかがやかせました。

「でも、きみになにができるかなあ?」

「なにか、あなたに『ゆるされる』ことをしてあげるわ」

「そんなことできるの?」

「できますとも!」

友情あふれる魂は、明るい声で叫びました。

「次の人生であなたと出会って、なにかあなたに『ゆるされる』ことをすればいいのよ。」

「でもどうして?どうして、そんなことをしてくれるの?」

ちいさな魂はたずねました。

「だってきみはそんなに完璧な存在なのに!
きみの振動がとっても速くて、明るくかがやいているのでまぶしくて見ていられないくらいだよ! それなのに、その振動を遅くして、明るい光を重たい闇にかえてしまうなんて。
どうして、そんなことをしようと思うの?
きみは星のあいだで、かるがると踊り、神さまの王国を、思考とおなじ速さで飛びまわっている。
そのきみが、つぎの人生でぼくと出会い、重くなってわるいことをしてくれるなんて。
どうして?」

「かんたんだわ。」

友情あふれる魂は答えました。

あなたを愛しているから。

ちいさな魂はそれをきいてびっくりぎょうてんしたようでした。

「そんなに驚かなくてもいいのに」

友情あふれる魂はいいました。

「あなただって、おなじことをしてくれたのよ。忘れた?
わたしたちはなんどもなんどもいっしょに踊ったじゃないの。
永劫のときをこえ、あらゆる時代をこえて、わたしたちはいっしょに踊ったわ。
あらゆる時、あらゆる場所で、一緒に遊んだわ。
あなたが覚えていないだけ。
だってわたしたちはどちらも、『すべてであるもの』だもの。
わたしたちは上昇であり下降、左であり右なの。
ここでありあそこ、いまであり昔なのよ。
男性であり女性、善であり悪。
そして被害者であり、加害者なんだわ。
だから、わたしたちはこれまでも数えきれないくらい出会ってきた。
そして、相手がほんとうの自分を表現し、体験するための完璧なチャンスを与えあってきたの。」

「だからね」

友情あふれる魂は続けました。

「あなたのつぎの人生では、わたしが『わるいひと』になるわ。
そして、もっともひどいことをする。
そうしたら、あなたは、『ゆるす』ということを体験できるのよ。」

「でも、どんなことをするの?」

ちいさな魂は、すこし落ち着かない気持ちになりました。

「どんなひどいことなんだろうなあ?」

「そうねえ」

友情あふれる魂は、目をきらきらさせて答えました。

「なにか考えましょうよ。」

それから、友情あふれる魂は、ちょっと真剣な表情になって、しずかな声でいいました。

「あなたのいうとおりだわ」

「なにが?」

ちいさな魂はたずねました。

「わたしは振動を遅くして重くなり、『それほどすてきではないもの』にならなくちゃいけない。
自分とはぜんぜんちがうもののふりをするの。
だからひとつだけ、お返しにおねがいしたいことがあるんだけど・・・。」

友情あふれる魂はいいました。

「なんでもきくよ、なんだって!」

ちいさな魂はさけんで、歌ったり踊ったりしはじめました。

「ぼくはゆるせる。ぼくはゆるせるんだ!」

ところが友情あふれる魂のほうは、ひっそりと、とてもしずかなのです。

「どうしたの?」

ちいさな魂はききました。

「ぼくはなにをしてあげればいいの?
ぼくを助けてくれるなんて、きみはほんとうにすてきな天使だね。」

「もちろん、この友情あふれる魂は天使だよ!」

神さまが口をはさみました。

「だれでもみんな天使なんだ。それをいつも忘れないように。
わたしはきみたちのところへ、天使のほかには、なにも送ってはいないのだからね。」

そこで、ちいさな魂は、ますます友情あふれる魂のねがいをかなえてあげたいと思いました。

「ね、ぼくは、なにをしてあげればいいの?」

「わたしがあなたを攻撃し、打ちのめしたとき、思いつくかぎりのひどいことをしたとき、そのときに・・・」

友情あふれる魂は、口ごもりました。

「うん、そのときに?」

ちいさな魂は、待ちきれなくなっていいました。

「そのときに・・・?」

「ほんとうのわたしを、覚えていてほしいの。」

「覚えているとも!」

ちいさな魂は叫びました。

「約束するよ!いつも、いつまでも、いまここにいるきみを覚えているって。」

「よかった」

友情あふれる魂はいいました。

「だってね、自分ではないもののふりをするのは、いったん、ほんとうの自分を忘れなくてはならないのよ。
あなたがほんとうのわたしを覚えていなかったら、わたしも思い出せなくなるかもしれない。
わたしがほんとうの自分を思い出せなかったら、あなたまでほんとうの自分を忘れてしまい、ふたりとも迷子になってしまうわ。
そうしたら、だれかべつの魂がやってきて、ほんとうのわたしたちを思い出させてくれるまで、迷っていかなければならないでしょう。」

「だいじょうぶ、忘れないよ!」

ちいさな魂はもういちど約束しました。

「きみのことは、けっして忘れない!
贈りものをいつまでも感謝するよ。
ほんとうのぼくを体験するチャンスという贈りものをくれてほんとうにありがとう。」

こうして約束ができました。

ちいさな魂は、いさんであたらしい人生に向かいました。

光であること、特別であることに胸をおどらせ、『ゆるす』という特別なことを体験しようとわくわくさせながら。

ちいさな魂は『ゆるしてあげる』という体験をしました。

その機会を与えてくれるすべての魂と出会い、その魂が喜びや悲しみをもたらしたとき、とくに悲しみをもたらしたときいこそ、いつも神さまの言葉を思い出すのでした。

「いつでも覚えているんだよ。」

神さまは、ほほえみながら言ったのです。

わたしはきみたちのところへ、天使のほかには、なにも送ってはいない。

---

私たちってほんとに忘れちゃってます。遥か昔の約束を。
「許せない」体験をさせてくれた、特にひどい「悲しみ」を体験させてくれた相手が、生まれる前にそういう役目を買って出てくれた勇気ある、そして、愛に溢れた『友情あふれる魂』であったということを。

今夜も宇宙に愛と感謝を

ありがとうございます。

---

個別セッション形式『ライトワーカー養成講座(霊的感覚・霊能力開発講座)』申込受付中!
スピリチュアルの基本的な技術は学んだんだけど、これからどうしたらいい? どうやってセッションを組み立てていけばいい?という方に。霊的感覚をさらにアップされたい方や、お仕事として取り組んで行こうとされている方向けの個人講座です。基本的なエネルギーワークを学んで次の段階に進もうとされている方におススメのオリジナル講座です。

---

癒しの風foomi公式サイト

2015年1月 8日 (木)

【満席御礼】新エネルギー『心天地』ヒーリング検証モニター募集!

こんばんは!癒しの風foomiのふうみです

年始に企画させていただいた『満月の変容ヒーリング』、たくさんの方にご参加いただき、ありがとうございました! いかがだったでしょうか? 受け取りは、1月10日までしていただけますので(回数制限もありませんので何度でもどうぞ)、まだの方は、よろしければコメント欄に記入のうえ、お受け取りください ありがとうございます。
お受け取りは『満月の変容ヒーリング』の記事からどうぞ

さて、その一斉ヒーリングを設定した日から、私はすっかりインド熱にやられております。そのヒーリングでインドの神々にサポートをいただいたのがきっかけかもしれません

私の守護神にはクート・フーミさん(インドのアセンテッドマスター。悟りの援助、目的設定などが守護分野)がいらっしゃり、過去世でもブッダガヤなどインドに生きていた時代が幾度かあり、もともとインドが大好きなのですが、一斉ヒーリングをした翌日から無性にカレーが食べたくなり、5食連続カレーを食べ続け、インド風のお洋服ばかり着ています(笑)。

私は巫女体質なので、行った場所、コンタクトした高次の守護存在のエネルギーを受けて顔が変わったりすることもよくあります。龍神さんのいる神社に行くと顔が龍みたいになったり(若干困る…)、優しい女神さんとコンタクトすると優しい顔になったり、戦いの男性神とコンタクトするとキリリとした意識状態になったりと、自分でも結構面白いです。顔の変化は指摘されないと気付かないことが多いのですが(笑)、時々修行系のおっさんとコンタクトした後に(例えば、役行者さんとか)、顔がおっさんになってることがあるので、女子としては要注意です もし、ふうみに会って、「あれ? ふうみさん、顔がオヤジになってる…」とお思いになりましたら、遠慮なく教えてください。直しますので…

そういえば、一斉ヒーリングを受けてくれた方の中にインド舞踊を習われている方がいて、ヒーリングを受け取ってくれた翌日メールをいただき「ヒーリングを受け取った次の日にインド舞踊のレッスンに行ったら、年末年始中は全く練習していなかったのに、とってもたのしく、かつてないくらいうまく踊れてビックリしました!」と書かれていました。彼女もきっと巫女体質なんですね~。インドの神々のサポートを受けて、これからもダンスを愉しんで踊っていってください

…と、話がすっかりそれてしまいました。今回の本題です。

---

ただいま、インドの神々のサポートにより生まれた『心天地(しんてんち)』という新エネルギーの伝授開始の準備をしております。既に整体コラボイベント時にモニター伝授を受けてくださった方もいらっしゃるのですが、もう少し検証を重ねていきたいので、エネルギー検証モニターを、今回このブログで募集させていただきます。

(※以前に伝授を受けてくださった方には、検証が完全に終了し、正式リリース時には、新テキストをお渡しし、再伝授サービスをさせていただきます。)

エネルギー検証とは、実際にそのエネルギーをヒーリングという形で受け取っていただき、その感想、体感、その後の変化等をメール等でご報告いただくものです

エネルギーは個別設定させていただきます(モニターさんにおひとりずつ、『心天地』のエネルギーでヒーリングをさせてもらいます。リアルタイムのヒーリングです)。

また、ふうみから、その時に感じたことをフィードバックしてお伝えします。(簡単なリーディング&チャネリングメッセージ付き

なお、『心天地(しんてんち)』のエネルギーがどんなものかについて、ホームページにも記載していますが、簡単に紹介しておきます。

---

オリジナルヒーリングエネルギー『心天地(しんてんち)

魂のまま生きたい人のためのヒーリングエネルギー『心天地』伝授

心天地(しんてんち)』は、インドの神々のサポートにより創られたオリジナルの新しいヒーリングエネルギーです。

インドの神々である、パールヴァティ(+カーリー、ドゥルガー)、ラクシュミ、ガネーシャ、そして、インドのアセンテッドマスターであるクート・フーミとともにパワフルにワークします。

心天地(しんてんち)』のエネルギーは、今世だけでなく過去世の転生中にハートに受けた深い傷を癒します。心を開き天地とつなぐエネルギーラインを形成し、疲れや、傷ついた心、そして、チャレンジャーの魂を癒します。ハートを開き、ハートにエネルギーを満たします。

私たちの魂の進む道、悟りへの道は、実はハートを開くことへの道です。 特に、過酷な環境に生まれてきたり、壮絶な経験をたくさんして来た、魂的にチャレンジャーな方には特におススメな、パワフルなエネルギーです。あなたの魂の系譜をたたえ、よろこびの世界への扉を開きます。 その他、必要に応じて過去世の癒し・豊かさの受け取り・ブロックの解放・エネルギーチャージ等をし、その人が持っている本質を輝かせるように働きかけます。

[心天地(しんてんち)のエネルギーの特長]

・過去の傷(過去世、幼少期等)を癒す
・過酷な経験をしてきた人のサポート
・精神的な疲労感、心・魂の傷を癒す
・聖なるものとつながるハートを開き、ハートにエネルギーを満たす
・豊かさと喜びを受け取るサポート
・魂意識・真我とのつながりの強化
・インドの神々とのパイプの強化

(※検証中です。ヒーリングではその方に必要な癒しが起こりますし、必ずこうなるというわけではありません)

---

「新しいオリジナルエネルギーを体験してみたい!」「このエネルギーにとても興味がある」という方、ぜひご応募ください。特に、エネルギー感度が良く(感じやすい人)、感じたことを文章で伝えることが得意な方、大歓迎です。そうでない方もお気軽にどうぞ!

以下募集内容とお申込み先を書いておきます。

---

オリジナルヒーリングエネルギー『心天地(しんてんち)』検証モニター募集

募集定員:
先着10名様

条件・内容:

・遠隔にて、『心天地(しんてんち)』のエネルギーを用い、ヒーリングさせていただきます(リアルタイムに時間を合わせて行います。時間は約20分)。個別設定です。

(メールでのやり取りになりますので、電話やSkype等での通話は必要ありません。お約束の日時に受け取っていただきます。)

・ヒーリングを受け取られた後は、感想・検証結果を、メールで1週間以内にお送りください。書いていただく項目は、事前にメールでお知らせいたします

・ふうみからは、ヒーリングを行った際に感じたことを、簡単ですがメールでお伝えします(リーディング&チャネリングメッセージ付き)。

・モニターとなってくださった方には、正式リリース時には、伝授料金を割引させていただきます(モニター特典として、正規料金よりお安くさせていただきます)。

モニター料金(前払い):

3,500円(20分/遠隔セッション)

---

モニターお申込み

こちらのお申込フォームからお願いします。
定員となりました。ありがとうございました! お申込みの方には随時ご連絡いたします。

---

たくさんの方のモニターお申込みを愉しみにしています。
おひとりおひとり、しっかり感じつつ、ヒーリングさせていただきますね。

今日も宇宙に愛と感謝を
ありがとうございます。

---

個別セッション形式『ライトワーカー養成講座(霊的感覚・霊能力開発講座)』申込受付中!
スピリチュアルの基本的な技術は学んだんだけど、これからどうしたらいい? どうやってセッションを組み立てていけばいい?という方に。霊的感覚をさらにアップされたい方や、お仕事として取り組んで行こうとされている方向けの個人講座です。基本的なエネルギーワークを学んで次の段階に進もうとされている方におススメのオリジナル講座です。

---

癒しの風foomi公式サイト

2015年1月 7日 (水)

やるの?やらないの?(その2)

こんばんは!癒しの風foomiのふうみです

昨日の記事の続きです。

「とにかくやってみる」「行動する」ってことが大切と書きましたが、趣味でお気楽にやっていくのではなく、そこから一歩進んで、お金をいただくお仕事としてやって行きたいと思うなら、さらに次の行動が必要になります。

仕事として生計を立てて行きたいと思うなら、三次元的なビジネス感覚は、必須!です。

お申込みがしやすいようにする、あいさつやお迎えをしっかりする(接客マナーも大切ですね)、自分のやっていることを伝えるツールを作る、居心地のいいセッション用のお部屋を作る、クチコミの起こりやすい仕掛けをする、などなど。

自分でできないことなら、教えてもらったり、他の人にやってもらったらいいんです(できる人・会社にサポートをお願いする)。

ただ単に好きだから趣味でやりたいという方は、無償・安価にボランティアのような形でどんどんやっていっていただければ、それも素晴らしいことだと思います。「今の仕事が好きでやめるつもりはないけど、時々、スピリチュアルなこともやっていきたいな~」と感じている方であれば、それもいいですね。あなたのご友人やご家族に、愛と光をどんどん循環していってくださいませ。

でも、もし、この仕事でお金をしっかり得ようと思われているのでしたら、ブログを書いたり、ホームページを作ったり、チラシを作ったり、ネットワークを広げて行く活動をしていくことなどは、多少は必要だと思います。

よくスピな有名人の方(?)が「何もしなくても、自然に道が開けてどんどん導かれました」と書かれていたりしますが、その方、ほんとに何もしてないと思いますか?

…んなわけないです(笑)。

本人は意識してなくて、それが当たり前だと思っているので「何もしていない」と言われているだけで、実際には、キーとなる人に会いに行ったり、ブログで発信していたり、自分を知ってもらう機会を作ったりされているはずですよ。

そう。方法は様々ですが、「自分がやっていることを知ってもらう」という次の行動を取っておられるからこそ、次が開けているんです。その方々の行動をよくみてみてください。

また、そういう方々って、自分のオンリーワン(他にはない自分だけの素晴らしい点)の点をしっかり自覚して、それを思い切って(たとえアホだと言われたり奇異の目で見られようとも。笑)表現して発信しておられることがわかると思います。

頭の中で夢を描いているだけなら、次の行動をしていきましょう。

新年でもありますし、自分がイメージしていること、意図していることがあるなら、スタートするには適した時期です。

私は今、スピリチュアルなお仕事をこれから開始していきたいという卵さんたちのビジネス的なサポートを、少しずつやらせていただいています。

今年は、そこにもう少し本腰を入れてやっていきます。広告業界に15年くらいいたので、その時のTIPSをいろいろ使ってサポートできたらうれしいです。

好きなことでお金をいただくことって、とても素晴らしいことですよ!
そうして、みんながみんな好きなことでお金をもらって、それを循環していけたら幸せですね

---------ここまで------------

というわけで。

やっと「スピリチュアル・ビジネスサポート」のページを作りましたので、興味のある方はご覧ください。

スピリチュアル・ビジネスサポート
光の仕事を始めて行きたい方、ホームページを持ちたい方に。実際にお仕事としてどうやって進めて行けばよいかを3か月にわたり、ふうみがビジネス的にサポートします。

ちょっと安くしすぎかもしれません。私がWebデザイナーの仕事をしていたときは、基本ホームページを作るのは初期費用20万からでしたので…(そういう業界です。それでも、作業的には割に合わないハードワークでした)。

基本、打ち合わせが必要なので、対面での対応とさせていただきます。

それでは、みなさん、おやすみなさい。佳い夢を

---

癒しの風foomi公式サイト

2015年1月 6日 (火)

やるの?やらないの?(その1)

こんにちは!癒しの風foomiのふうみです

※この記事は、去年の11月にFacebookやmixiで書いたものですが、加筆して再掲します。
SNSを利用されてない方、新年あらたな気持ちでスピリチュアルなワークに取り組んで行きたい方、よろしければお読みください。

---

私は講座でヒーリングや氣を使ったワークを教えていますが、もう十分できるのに、始めてない方、やってない方、結構いらっしゃるようですね

ライトワーカー養成講座』では、霊能力のブロック解除もメニューの一つにしているのですが、ブロックは実はないのに、「ブロックがあるせいでできない」と思い込んでいる方も、時々いらっしゃいます。

原因を掘っていくと、ただ単に「完璧に出来ないからやったらいけない(=何か完璧な理想とする姿があり、自分がそうなることを望み過ぎている)」「あの人のようにできないからやってはいけない(=他者との比較)」「準備ができてない気がするから始められない(=何かきっかけを他者から与えて欲しい)」と思っていて、自分に許可が出せてないだけ、という方が多いようです。どうでしょうか?

もちろん、それが悪いわけではないのです~(それを責めているわけではありません)。また、まだ動くタイミングでなかったり、動く直前で「恐れ」が出ている場合もありますしね

しかし、です。

最初からパーフェクトにやらなくたっていいんです!
それに、最初からパーフェクトな人なんていないのです。
私がセッションを始めた頃はほんとにペーペーで全くダメダメでした(笑)。今のあなたのほうが全然出来てるし、素晴らしいです。

…と、伝えても「いえ、ダメなんです」と、あれこれできない理由をあげられるのですが(条件とか環境とか。できない理由は作ろうと思えばどんどんあげられるもので)。

やるんですか? やらないんですか?
やりたいんですか? やりたくないんですか?

やりたいと思って、やるんだったら、行動することで、現実は動きます。
とにかく、やること。頭の中のイメージだけでは現実世界では事態はなかなか動きません。

何かが整ったらやる。条件が揃ったらやる。完璧にできるようになったらやる。

そうじゃなくて、先にやってみたらどうでしょう?

やり方はやりながら感じ取っていけばいいのです。
その時やり方が間違っていたら、そこで修正すればいいのです。
自分ができないことは、人に助けを求めればいいのです。
完璧に一人で用意周到に準備が整ったらスタート、ってしなくたっていいんです。

行動してはじめて、高次も動きます
本当にあなたがやりたいことであれば、行動をし始めた段階で必ずサポートが来ます

信じる? 信じない?
信じてみてもいいんじゃないかな?
宇宙を。自分を。

---

ここからは補足です。

基本、ヒーリングやリーディングなどの目に見えない能力は、特別なものではありません
自然と繋がる&宇宙と繋がる&みんなと繋がるということを、古代では誰もがしていましたし、人によって感度の違いはありますが、本来誰でもそのような能力はあります(現代人はそれを当たり前とせず、話題にもせず、感覚を閉じている人が多いだけ)。

だから、そもそも目に見えない力を特別視するものではないですし、「なんとなくそう感じる」「この場所、なんだか気持ちイイな~!」という感覚の延長に、霊的感覚・霊的能力もあります。

実はできるのが普通であり(特に今の子どもさんは感覚が開いたままの子が多いですね)、あなたにもできるのだということを思い出し、しっかり意図し、あとは「とにかくやってみる」ことをおススメします。

「とにかくやってみる」ことをしないと、コトは始まりません。
スピリチュアルなお仕事をしたいと思っていても、「伝授を受けただけ」「ヒーリング講座を受講しただけ」「高次元リンクを設定してもらっただけ」で、実際に自分が練習も努力もせず、今まで通りの生活だけしていて、変化を望まず、「そういう仕事をしたいので能力を与えてください」とオーダーしても、それはむつかしいかもしれません。

なぜなら、私たちは、肉体を持って、この次元で学ぶため、魂の成長のためにここにいるからです。自分が高次存在や神様になったとして、「霊能力をくださ~い」とお願いだけして、行動を何もしない人に、あなたは能力を与えますか?

守護神鑑定で有名な長居和尚による高次元からのメッセージに、なるほど、と思ったものがあったので、2つご紹介します。

---

◎小説家になるのに、いろんな本を読んで学んでいる人間は、絶対に小説家になれていないのです。いつの時代も、思い立ったらすぐに書き出す人間が文豪になって行きました。

◎数多く繰り返し繰り返し行うことはあなたを天才にします。「向いてない」「できない」と言い訳するのであれば、もう一回やりましょう。

---

これを読んでも、まだやる気がしない場合は、そうですね、これがあなたがやりたいことではないんでしょう。他にやりたいことがあるかもなので、そちらを探してやってください。

やりたいことは人によって違います。どれがいい悪いではなく、「あなたの」今の選択です。今、あなたがやりたいこと、それをやることが、あなたの幸せにつながります。(一般論や周囲の意見は、全く気にしなくてよろしいです)

スピリチュアルなお仕事をしている人がエライとかすごいなんてこともありません。本来は誰にもできることなのですからね

---

癒しの風foomi公式サイト

2015年1月 5日 (月)

謹賀新年&満月の変容ヒーリングのお知らせ(~1月10日)

こんにちは!癒しの風foomiのふうみです

少し遅くなりましたが、明けましておめでとうございます!
旅に出たりと、年末年始、珍しくしっかりお休みをいただきました。ありがとうございます!

2015

去年はたくさんの方と出会わせていただき、とても有意義に過ごすことができました。出会いだけでなく別れもあって、自分自身揺れたこともありましたが、年を越えて去年一年を俯瞰してみると、本当に全てがうまくできていて完璧だったのだとわかります。

年末私は、一旦不要なものをクリアにし、「破壊し捨て去る」作業をしていました。
「破壊し捨て去る」とは物騒な感じがされるかもしれませんが(笑)、捨てるからこそ、新しいものが入って来るということを今まさに体感しています。古い思想、既成概念・常識、人に対する執着、着なくなったお洋服や全く使わない便利グッズなど…(笑)、生きていると知らず知らずたくさん溜め込んできているものですね。その作業のおかげで、とてもスッキリ&クリアになり、今年スタートのアクセルも順調に入って来ました(まだ助走中ですが)。

さて、新しい年を迎え、本日1月5日は私の誕生日です。

ちょうど本日は満月、滋賀は今いいお天気なので、今夜は美しいお月様も観れそうです。

これから、心も晴れやかに思いっきり自由に思いっきり愉しんでまいります☆
新しいいろんなプランが育ちつつあるので、今年はトランスフォーメーション(変容)の一年にいたします。

今ある環境の中で安心して生きているのは楽ですが、本来、変化を愉しむのが大好きなので、どんどん変容してまいります。300年先の新しい生き方になっちゃうかも~(笑)。ますます変人に磨きがかかっちゃうかも

視点をより広げ、新しい風に乗っていきます。

---

というわけで(?)、年末に久々の一斉ヒーリングをさせていただきましたが、本日は、誕生日企画として、満月の一斉ヒーリングをさせていただきます。

新年のすがすがしい地球のエネルギーを感じつつ、満月の月のエネルギーとともに、今年一年の変容と成長を促すことを意図して、ホワイトターラやインドの神々とともにヒーリングを設定しました。15分のヒーリングですが、しっかりとした浄化力で不要なものを除去し、クリアにしたあと、慈愛で内側を満たしていく変容ヒーリングになっています。

15分の間に以下のエネルギーが流れます。
(その方に必要なものが必要な分量で流れていきます)

---

浄化エネルギー
・魂の成長の妨げとなっている不要エネルギーを除去(心のお掃除)
特に古い思考、思い込み、体裁保身などの概念を最高最善に抜いていきます。
・自分自身の本質を表現することに対する恐れの除去
・自分以外のエネルギーのお掃除、霊の癒し
(霊体の影響を受けている方は、一斉ヒーリングでできる範囲で光に返します。)

満月の定着・変容エネルギー
満月は月のエネルギーを最大限に感じられるときです。太陽と対比される月は、私たちに闇や夜の大切さを伝えてくれます。夜は私たちが休養してエネルギーを蓄え、次のステップアップのために必要なものです。変容にはなくてはならないものなのです。
得たものを定着させていくのも夜という時間があってこそ。わたしたちをそっと照らし、そして静けさと穏やかさをもたらし変容を促す月のエネルギーを感じてみてください。

ホワイトターラの慈愛エネルギー
ホワイトターラは観音の女性性を表す一形態です。慈愛に満ちた母性あふれる優しい女神です。純粋な愛の存在で、深い慈愛と真の母性を伝えてくれます。

これにプラスしてインドの神々(ハートで生きることを意図する歓喜のオリジナルエネルギー『心天地』のアセンテッドマスターたち)も協力してくれています。

どうぞ愉しんでお受け取りください。

---

【無料一斉ヒーリング】2015年1月5日 満月の変容ヒーリング

受け取り可能期間

2015年1月5日(月)13:53~10日(土)23:59 ※コールイン設定中
★ 対象者 ★
このブログの記事のコメント欄に参加表明された方は、誰でもお受け取りになれます。

Photo_2

参加方法
この記事のコメント欄に、参加する旨の書き込みをお願いします。
都道府県名と名前(ペンネームで構いません)の記載もお願いします。

受け取り方
寝る前など、おひとりでゆったりリラックスできる状態になったらお受取りください。まず、お水・白湯・湯冷ましをしっかり飲んでいただいて、横になるか椅子に腰掛けるなどしてゆったりした姿勢を取ります。そして目を閉じ、リラックスしてください。

以上の準備ができたら、受け取るために以下の言葉を宣言してください。

『私は今から、2015年1月5日にふうみから送られた満月ヒーリングを受け取ります。私は、最高最善の変容と成長を意図します』

と「口に出して」宣言します。
ヒーリングエネルギーは約15分間流れます。

---

ヒーリング全般に関してのご注意

病気をお持ちの方・病気の可能性のある方は、まずは病院へ行って診察をお受けください。ヒーリングは医療行為ではございません。また、いかなる診断も処方箋を出すこともできません。現在、医療機関等に通院されている方や薬を服用されている方は、主治医にご相談のうえ、ご自身の判断と責任においてお受け取りください。当方ではいかなる場合でも一切の責任を負いません。

---

みなさまの参加をお待ちしております。
2015年、ともに愉しんでまいりましょう!!

---

癒しの風foomi公式サイト

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »