2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 【満席御礼】4/20(日)大津出張セッション with 心整体院~空 | トップページ | ★自然のものって気持ちいい(その1) »

2014年4月 7日 (月)

桜が満開になりました!

こんにちは! 癒しの風foomiのふうみですhappy01

ここ近江八幡では今、桜の花が満開で見ごろですcherryblossom

日本は桜の国です。本当に美しい桜の花は、私たち日本人そのものを現しているような気がします。

Sakuraなぜ、私たちは、今日本に生まれてきたのだと思いますか?

数日前、千賀一生先生(わの舞創始者、「ガイアの法則」著者)から、わの舞指導者講習会メンバー宛のメールが送られて来たのですが、共振して涙があふれました。

そこには、インドネシアと日本との歴史的なつながり、桜と日本人にまつわるお話が書いてありました(深い内容で転載不可のためご紹介できないのが残念です。) 日本は素晴らしい国であるということ、日本人の本質に戻ること、その誇りを取り戻し愛することの大切さが書いてありました。

桜のように日本が咲くこと。
桜の美しさは、ただ単に表面的な美しさではなく、本質・ソースとつながった美しさです。
私たち日本人も、本来の自分自身を咲かせること。
本質とつながり本質のままで誇り高く咲くことです。

“桜よ 咲き誇れ 日本の真ん中で咲き誇れ
日本よ 咲き誇れ 世界の真ん中で咲き誇れ
私よ 咲き誇れ この道の真ん中で咲き誇れ”

まずは、私たちひとりひとりが本質のままで咲きましょう!

自分の魂、そして魂の入れ物である「今」の肉体を祝福しましょう!

私たちの魂はみんな、長い間、様々な経験をしてきて、それが今の人格を形成しています。人からは、欠点と言われたり長所と言われたりもすると思いますが、それは、時代・世間的な価値基準であれこれ言っているだけで、本来いいも悪いもありません(時代によっても文化によって変わるものです)。ただ、そうであるというだけです。

無数の経験、無数のつながり。そしてそれは、すべてすべて素晴らしい宝物です。一般的に欠点だとかネガティブな感情と言われているものであっても、それをダメなものとして否定せず、全て受け入れた時、それは全て、宝物として輝き始めます。
(受け入れることの意味などは、心身調律セラピストの岡田哲也さんのブログがとても良いので興味があれば読んでみてください。こちらの記事や、こちらの記事など。)

この時代に日本に生まれてきたということは、とても大きい意味があるのです。
これからの時代を創るキーの国は、桜の国、ここ、日本なのですから。
(千賀一生先生の『ガイアの法則[II] 中枢日本人は[アメノウズメ]の体現者となる 』をお読みいただければと思います)。

そんな今の日本に、宇宙から配置されて来た(笑)あなたは、やはり役割があるのです。
愉しくその役割を堪能していきましょうwink

今日も宇宙に愛と感謝をshine ありがとうございます。

---

cherryblossom 【キャンセルのため1枠空きが出ました!】
4/20(日)大津出張セッション with 心整体院~空

滋賀県大津市にて(京都から電車で20分程度)、整心師・整体師の慶太君のミラクル整体(笑)と、ふうみの「未来創造セラピー」の出張セッションをさせていただきます。整体のみ、セラピーのみを受けることも可能です。お早目に~!happy01

cherryblossom 【残席わずか】抱腹絶倒!? 湖の国の導き手3人によるウエサク満月の日のコラボイベント
5/15(木)滋賀県守山市で開催!『湖のくに 未来創生フェス』with マーヤ@クリスタリア伊乃香

『銀河の小舟』のマーヤさんとのコラボ交流会。今回の特別ゲストは扉を開く近江の女神、トルネードじゅんこちゃん。彼女の「ゲートを開くトークセッション」もお楽しみにshine 自分の本質に目覚めたい方、愉しい未来を創生していきたい方、ぜひ会いにお越しください! 残席わずかです。お早目に!

---

heart 癒しの風foomi公式サイト

 

« 【満席御礼】4/20(日)大津出張セッション with 心整体院~空 | トップページ | ★自然のものって気持ちいい(その1) »

スピリチュアル」カテゴリの記事

日々のこと」カテゴリの記事

素敵なお話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【満席御礼】4/20(日)大津出張セッション with 心整体院~空 | トップページ | ★自然のものって気持ちいい(その1) »