2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月の記事

2013年7月29日 (月)

動的であること

こんばんは!癒しの風foomiのふうみです

最近、セッションに来られる方で「気分の上下が激しくて大変です」「感情の振れ幅が多くてヘトヘトで」「解放が進んでラクになったと思ったら、また落ち込みがひどくなって、その繰り返しでイヤになります」という方が多いので、今日はそういう方へ向けてお伝えします。

まず、振れ幅が大きいと自覚されているということは、つまり、あなたは敏感である、ということです。そういう人は、月の満ち欠けや、地球のエネルギーの変化を敏感にキャッチできている人が多いです。それでなくても女性には生理があるので、月が満ち欠けや潮のリズムのように体や心に影響を受けやすいのです。ですから、多少の「感情の揺れ」は、特に女性には誰にもあることです。「私って、感情のコントロールができないダメな人間ね…」とか思わないでくださいね!

また、浄化のプロセスとして、感情の揺れや気分の浮き沈みが強く出ることもあります。
溜まった感情が、ある出来事をきっかけに外に出ようとしている場合にも、そのようなこと(感情の揺れ)が起こります。ぐっと我慢し続け蓋をしていたものがリミットを振り切れて溢れてきたり、潜在意識の底の方にあった過去のもの(過去世や魂の記憶も含む)が、ある出来事や特定の人をきっかけにして噴出してきたり、ということもあります。

なんだかわからないけど、あの人を見ているだけでイライラする…
理由は特にないはずなのに、○○○な人に怒りがわいて我慢できない…

そういう時は、自分の中で「浄化(=潜在意識の中にある解放が必要なものの解放作業)」のプロセスが生じている可能性が大です。手放すべきチャンス到来!なのです。

その場合は、なぜそう感じるのか、何が自分の中にあるのかを内観すること。内観して原因をつきとめて手放していくといいです。(このことは、何を教えようとしてくれているのか、自分が学ぶべきメッセージは何か、などをみていきます)

そこで、昨日の記事『闇を照らすとは~ヒーラーを目指している人へ』と、上記のことに関連して、シャンタンさんがFacebook等で紹介されていたインドの覚者、OSHO(和尚)の講話を転載させていただきます。

---

活き活きとした人は絶えず動いている・・・ 怒りから慈悲へ、慈悲から怒りへ。

★質問

バランスの取れた生活のコツについて話してください。
私は極端な体験をすることが多く、少しの間も中道に留まることがないのです。

★OSHO

生は極端の集まりで構成されている。
生とは両極端の緊張だ。
真ん中に永遠に留まるということは、死を意味する。
中道とは理論的な可能性に過ぎない。
時には真ん中にあることもあるが、それは単に通過点としてだ。
中道にあることは静的な状態ではない。
それは動的な現象だ。
だから左から右、右から左へと動き続ければいい。
それこそが真ん中に留まる唯一の方法だ。

極端を避けないこと、
そしてひとつの極端を選び取るのもやめることだ。

両方の極に開いていなさい。
それがコツ、バランスを取る秘訣だ。
ある時はすっかり幸福になって、またある時は徹底的に悲しみなさい・・・
どちらにも、それなりの美がある。
無選択でいなさい。
そして何が起ころうと、どこにいようと、右か左か、
真ん中にいようがいまいが、その瞬間の全なるままを味わいなさい。

幸せな間は踊り、歌い、楽器を奏で、幸福でありなさい!
そして悲しみがやってくる時は・・・悲しみは必ずやってくる。
避けることはできない。
もし避けようとするなら、幸福になる可能性そのものを破壊するしかない。
昼は夜なくしては存在できないし、冬なくして夏はない。
そして死なくして生はない。
この両極性をあなたの存在に深く浸透させなさい・・・
それは避けようがないのだから。
唯一の方法はどんどん死に近づいていくことだ。
死人のみが恒久的な中心に留まれる。
活き活きとした人は絶えず動いている・・・

怒りから慈悲へ、慈悲から怒りへ。

そういう人はその両方を受け入れるし、どちらにも同一化しない。
超然としていて、しかも深く関係している。
彼は水中の蓮の花のように在る・・・
水の中にいてもなお、水がそれに触れることはない。
真ん中に留まろう、ずっとそこにいよう・・・
そうした努力それ自体が、あなたにとって不必要な心労を造り出している。
永遠に中道に留まろうとする欲望こそ、最低の種類の極端だ。
なぜならそれは不可能だからだ。

古時計のことを考えてみなさい。
もし振り子をちょうど真ん中で押さえたら、時計は止まってしまうだろう。
時計が進むのは、振り子が左から右へ、
右から左へと動き続けるからに他ならない。
振り子が真ん中を通るたび、ほんの一瞬だが、中庸の瞬間がある。

美しいじゃないか! あなたが幸せから悲しみへ移るとき、
ピッタリ真ん中に、全き静寂の瞬間がある。
それも味わいなさい。
そのすべての局面において生を生きることだ。
そうしてはじめて、生は豊かになる。
そもそも、どうして真ん中に居たいなんて思うのだろう?

私たちは生の暗黒面に怯えている。
私たちは悲しみたくないし、苦悩したくない。
しかしそれは不可能な話だ・・・
そうしたら歓喜の可能性もなくなってしまう。
何世紀にも渡って、それが僧侶のやり方だった。
ただ苦悩を避けるために、すべての薔薇を滅ぼす用意がある。
しかしそれでは、その生は平坦だ。冗長で退屈だ。
生気がなく澱んでいる。本当には生きていない。
生きることを恐れている。
生は両方だ。それはひどい苦痛と大きな喜びをもたらす。
それは同じコインの二つの面だ。
一方を手放すなら、もう一方も手放さなければならない。
たとえば、苦痛を手放して喜びをたくわえることができる、
負を避けて正だけを得ることができるなど、途方もない誤解だ。
そんなことは物事の本性からして不可能だ。

正と負は避けようもなく一緒、分かつことのできない一体だ。
同じエネルギーの二つの様相なのだ。
私を理解する人たちは、その二つを両方受け入れなければならない。
私はあなた方に、全く新しい洞察を与えている。

すべてであれ!

だからあなたが左側にいるとき、何ひとつ逸してはならない・・・
味わうがいい。
左にいることにはそれ自体の美しさがある。
右側にいるときには、それは見つからない。
場面も違っている。
そしてもちろん、真ん中に在ることにはそれ自体の静寂、
平和があり、どんな極端の中にもそれは見つからない。
だから、とにかくすべてを楽しみなさい。
あなたの生をどんどん豊かにし、何ものにも執着しないことだ。

可能な限り、すべてのやり方で生を生きなさい。
対立する一方を選ばないこと。
そして真ん中にいようと努力しないこと。

私はあなたに中道を教えない。
私は全道を教える。

そうしたらバランスはひとりでにやってくる。
そのときそのバランスには、途方もない美と優雅さがある・・
あなたは無理にバランスを取ろうとはしなかったが、
バランスはやってきた。

優雅に左へ、右へ、真ん中へと動いていくことで、
ゆっくりと、バランスは、あなたのもとへやってくる。
同一化しないままでいるからだ。

悲しみがやってくると、あなたはそれが過ぎ去ると知っている。
そして幸せがやってくると、あなたはそれもまた過ぎ去ると知っている。

留まるものはない。すべては過ぎゆく。
たったひとつ、いつでも残るのはあなたの目撃だ。
この「見ている事」がバランスをもたらす。

その目撃こそがバランスだ。

---(ここまで)

今の世界で、ほとんどの人は昔の僧侶のような生き方は必要ではないと思います。
悲しみや闇を味わいたくないからと、それを避けて生きるのはもったいないことです。

「味わうがいい」というOSHOの言葉、いいですね

いろんな人、さまざまな環境に揺さぶられるからこそ、わかることもあります。

大切なのは、あなた自身の「生」を、あなたらしく生きること。
たったひとつ、宇宙で唯一のオリジナルであるあなた自身を存分に味わって生きることです。

ですから、変化を恐れないで下さい。極端な体験も恐れないでください。
右へ左へ、上へ下へと動いて開いていればいいのです。

光も闇も、右も左も、上も下も、全てを受け入れていく。
全てを開いて、全てを受け入れたとき、私たちは本当の「空(くう)」の状態へとつながっていくのでしょう。

今夜も宇宙の愛と光と感謝とともに。

---

9月12日開催!癒しの風foomiの1day特別講座
ありのままの自分を表現する講座~私と繋がり私の音を出す
自分を表現するのが苦手な方、自分の本質とつながる体感を一緒に味わいましょう!
自分のありのまま、光も闇も抱きしめ表現すると、全身の細胞が喜び大きな癒しが起こります。私も参加しますので、ぜひ来てくださいね!

癒しの風foomi公式サイト

Share on Facebook

2013年7月28日 (日)

闇を照らすとは~ヒーラーを目指している人へ

こんにちは!癒しの風foomiのふうみです

7月25日開催『波動チェックの手法マスター講座』には、たくさんの方に参加いただき、ありがとうございました! 参加者のみなさんは、私の講座の受講生やヒーラーさんが多かったので、今後のヒーリングや施術にとても役立つ内容になったのではないかと思います。しっかり検証したり数値化して確認することで、いろんなヒントやアドバイスがもらえると思います。ぜひこれからは、Oリングやペンデュラムを補助ツールの一つとして使いこなしていってくださいね

---

さて、今日の記事は、「ヒーラーになりたい」「人を癒やしたい」と思ってらっしゃるヒーラーの卵さん向けに書いておきます。

まず、ヒーラーのことを「人を癒やすなんて、キラキラ素敵な世界でステキぃ~」、と思ってらっしゃるかもしれませんが、それは、はっきり言って「甘い」です(笑)。

ヒーリングは誰にもできることですが、お金をいただいて、相手に施術するということは、それ相応の覚悟がいることは理解しておいてください。家族や周囲の大切な人たちを楽にしてあげたい、という思いでヒーリングをしていくのなら気楽でOKですが、ヒーリングを生業としてやっていくなら、それ相応の受け入れる度量と、クライアントさんの全て受けとめられる愛のエネルギーが必要になってきます。ヒーリングをするのに力はいりませんが(自分はエネルギーのパイプですから)、カウンセリング的なことをしていくのなら、それなりにパワーとスタミナが必要になります。三次元的にしっかりグラウンディングして自立して生きていること、常に自分を成長させていくことに心を注いでいることも、基本中の基本です。私も全然まだまだ、です。

私はカウンセリング型のセッションをする場合、1日3件までが限界です。体力を消耗するので、終わった後は、腑抜けのようになっています。グラウンディングも必要になるので、普段はあまり食べないお肉を食べたりしないとフラフラです… ヒーラーって完璧に肉体労働系のガテン系の仕事なんですよ~。楽チンでキラキラのお仕事、と思ってらっしゃるなら大間違いです もちろん、ラクラクやっている方もいらっしゃると思いますが、深くて重い案件も扱うつもりで、それを使命と感じている方であるなら、それなりの覚悟が必要です。

また、大切なのは、自分の心の中の闇をしっかり見つめ、浄化していくこと
見落としがちなことですが、光や上だけを見ていると出来ることも限られます。

光と闇は対です
高次元とつながることは大切ですが、グラウンディングがとても大切です。上方向だけでなく、下方向も深く見ること、つまり上下のバランスをとることが重要です。

闇を照らすには、闇を知ることが必要です。
闇は怖いものではありません。拒否するべきものでもありません。
本当のヒーラーとは、深い闇を照らすものです。正体を見ないで照らすことができると思いますか?

闇は、自分の心の中にもあります。人間であれば、誰の心の中にも闇はあります(ない人はもう神様で、人間は卒業されているでしょう)。
ヒーラーとしてやっていこうと思うのなら、自分の中の闇も見て、それを認めたうえで、光と統合していくことが必要になります。

光が強くなっていくと、闇も深くなります
もし、自分の中の闇が深いと思うのなら、それは強い光をあなたが秘めていることと同じことです。

闇が深い人ほど強い光になることができます。
でも、その統合のために必要なのは、まず、自分の闇を全てまるごと受け入れることです。

相手に闇を見たなら、自分の中の闇を見ること。
相手を悪と感じたなら、自分の中の悪を見ること。

自分が本当に「中庸」であれば、闇も悪もなく、二元的な世界からは脱して、なんとも思わない「空」で穏やかな状態に心がなっているはずです。

ヒーラーは、そういう意味で「中庸」であることが必要です。人間ですからいつもそうであることはなかなか難しいですが、そうあろうと努めることです。
エゴではなく、全てを受け入れる愛をもって、全てを観ること。

闇は私たちの潜在意識の中にあります。
反対(光と闇、上と下、善と悪、男と女...もしかり)にも必ず意識を向けて、浄化をしていきましょう。

それが出来ていくと、全ての出来事・存在が祝福であることに気付くようになります。
宇宙は、本当に全てが完璧なんです!!

あなたがヒーラーになりたい、と思っているなら、ぜひ心に留めておいてください。

---

さて、9月12日に、1day特別講座を開催します。

元アナウンサーで司会者、愛の渦を起こすレムリアの女神・兼平純子さんに来ていただき、ワークショップ形式の講座ありのままの自分を表現する講座~私と繋がり私の音を出すを行うことになりました!

「人前で話すのが苦手」「小さい頃から言いたいことがうまくいえない」「スピーチしないといけないんだけど緊張しちゃって」「恥ずかしくて自分のして欲しいことを伝えられない」「自分の声が嫌い…」「カラオケが苦手」などなど、自分自身を表現することが苦手な方、ぜひぜひご参加ください!!

この講座は私自身が純子ちゃんのワークショップをどうしても受けたくて、彼女にお願いして来てもらうことにしたものです(笑)。女性で「喉」がウイークポイントになっていて、自分を出せていない人って本当に多いのです。

「私が我慢すれば…
「私のことはいいんです…
「言いたいことは、いつも半分も言えていません…

そういう人にはぜひぜひ来て欲しいと思っています。
私自身、昔から喉がとても弱く、小さい頃から自分の感情を溜め込みがちで、おかげさまで背骨の病気になりました(側湾症になった話は、こちらの過去記事をお読みください)。

本当の自分に戻って、自分をそのまま表現していれば、大解放が起き、それが大きなヒーリングエネルギーとなり、自分が変わります。

この講座を受けて、本来のあなたに戻るきっかけを作ってください。オススメです!!

---

講師の純子さんからのメッセージ

私は昔から、人の声に敏感に反応していました。
話している内容ではなく、声の響きには、その人の全てが包み隠さず出ているのを感じていました。
声は、波動そのものだからです♪ 声は、嘘をつけないんです♪
自分本来の声を、体・心・魂の三位一体で出せたら、全身の細胞が喜びます! それが自分に繋がるってこと♪
それは、ちっともむずかしくないんです!
緊張している体をゆるめながら、全身から自由に声を出すと、どんどん自分が復活していきます♪
自分の声で、自分らしく表現できるようになると自然とヒーリングが起き、軽やかで踊り出したくなるほど!
で、私は本当に踊ってます!(笑)
何の力も使わない<存在の歓び>の次元へ自分らしい音が導いてくれます♪ 無邪気に遊ぶように、本来の姿へ戻っていきましょう~!

---

9/12(木)13時~
ありのままの自分を表現する講座~私と繋がり私の音を出す
(講師:兼平純子)

[日程]
9月12日(木)13時~16時

[ 内容 ] 
・私が自分らしい声=音を見つけるまでの歩み、のお話
・自分の音=自己発見=自己実現の連鎖♪
・体をゆるめる、瞑想やボディーワーク
・実践してみよう~♪
今!今!を感じて動きながら、声を出してみる
意識を完全に、今この瞬間の自分に向け直す練習
・シェアーして、それぞれが感じることを表現してみよう~♪
感じたことを表現すると、増幅します。喜びが循環するフィールドを開いていきます。

[ 受講費 ]
5,500円(当日払い)※お釣りのないようにお持ち下さい。

[ 開催場所 ]
G-NETしが 男女共同参画センター トレーニングルーム
(滋賀県近江八幡市鷹飼町80-4)
地図:http://p.tl/NqQU http://www.pref.shiga.lg.jp/c/g-net/map/map.html
・JR近江八幡駅下車南口より 500m(徒歩10分)
・お車の方は駐車場あり

詳細・お申込はこちらのページからお願いします

---

癒しの風foomi公式サイト

Share on Facebook

2013年7月 8日 (月)

初秋のエネルギーヒーラー養成講座 受講者募集

こんばんは! 癒しの風foomiのふうみです

昨日の七夕は、『Family Soul Tree(ファミリー・ソウル・ツリー)』にたくさんの方に来ていただきまして、ありがとうございました! バタバタしていて、せっかく来ていただいたのに、ゆっくりお話ができなかった方…すいませんでした~ 愉しんでいただけたでしょうか? 来場者さんや出展者同士の楽しい出会い(魂的には再会ですね)もたくさんあったようなので、新しいつながりを愉しんでいただけたらと思います。また、近々開催したいと思っています

さて、昨日の七夕はエネルギーの大転換の日だったようで、その翌日の本日が、新月。
新月のエネルギーは、満月と同様ように私たちの体や心にも大きな影響を与えています。

新月にはアファメーション(願いごとを宣言すること)をするといいと言われています。本日は蟹座の新月なので、家庭、安定、成長(子どもや自分の)などのお願いごとをするといいようです。ただし、ボイドタイムは8日20:43〜翌9日19:48ですので、願いごとをするならこの時間は避けてくださいね

さて、私は月にいたことがあるので(過去世の話です)、月の影響を結構うけやすいようで、月のリズムに注意しながら生活しています。私に限らず、一般的に女性の体は月の影響を受けやすいです。

最近気に入ってよく飲んでいるのが、ゾネントアの月のお茶(ムーンエナジー)のシリーズ。今日は新月なので、数日前から「新月のお茶」を飲んでいます。

新月の日のエネルギーは人間にもブレーキをかけ、抑制します。疲れも普段よりも早く出ます。他方では以前からの習慣を脱ぎ捨て、何か新しいことをプランして始めるのにも適しています。新月の始まる2~3日前、また新月の当日にこのお茶を飲むと、新しいものに勇敢に取り組むきっかけとなり、成功のビジョンもしっかりと感じられることでしょう。
新月の日はフルーツだけの日または絶食の日に最適です。身体が他の日より容易に解毒されるので、数時間の節制で効果的なサポートが得られます。1日数カップのお茶は、身体の余分な貯蔵物質を消費する手助けをします。

この月のお茶シリーズは、この他、「満月のお茶」「下弦のお茶」「上弦のお茶」もあります。それぞれとっても美味しいんですよ~ 自宅にセッションに来られた方にも、時々お出ししています(飲みたい方はおっしゃってくださいね!)。夏はたくさん沸かしておいて、冷やして飲んでも美味しいです

---

さて、お待たせしておりましたが「エネルギーヒーラー養成講座」の次の開講予定が決まりましたのでお知らせします。8月末から開講予定です。日曜開催コースにキャンセルが1名出ましたので、興味のある方はお早めにお問い合わせ・お申込ください。

エネルギーワークをスタートするときに、レイキを入り口にされる方は多いですが、そういう方にもオススメです。レイキ伝授と同程度の安価な料金設定で、あなたオリジナルのエネルギーでヒーリングできるように回路を開き、そのメソッドをお伝えします。

また今回から講座内容を一部変更します(現在調整中)。

----

エネルギーヒーラー養成講座(基礎)

この講座にお申込の方は、受講の前に「徹底浄化サポート」という浄化ヒーリングのセッションを無料で受けていただけます(通常 5,000円~)。対面か、電話・Skypeでお受けください。

<日程>
全3回、3人までの少人数で行います。
※ 講座の開講時間が3時間から3時間30分に変更されました(30分長くなりました)。

[日曜開催:毎週開講コース:日程 ] ※満席となりました。
・第1回:8月25日(日)12時半~16時
・第2回:9月8日(日)12時半~16時
・第3回:9月15日(日)12時半~16時

[平日開催・月1回開講コース:日程 ] ※満席となりました。
・第1回:8月26日(月)12時半~16時
・第2回:9月30日(月)12時半~16時
・第3回:10月21日(月)12時半~16時

<内容> ※調整中のため、内容は変更する場合があります。
◎第1回(3時間半):
・ヒーリングとは
・ヒーラーとしての心構え
・回路を開き、エネルギーとつながる
・自己ヒーリング
・他者ヒーリング

◎第2回(3時間半):
・他者ヒーリングの応用
・遠隔ヒーリング

◎第3回(3時間半):
・高次元のメッセージを聞く ・ヒーリング中のリーディング
・コードカット ・浄霊(初級) ・光を発信する

<料金>
44,000円
※分割払いも可能です。第1・2回目各15,000円、3回目は各14,000円となります。

<開催場所>
近江八幡市鷹飼町1553 イーストビル103 「ピュアサロン」
地図: http://goo.gl/maps/IoZz
※駐車場あり(JR近江八幡駅北口から徒歩7分)

<その他>
その他の注意事項などは、ホームページの記事をご確認ください。

<お申込・ご予約>
こちらのフォームからお申込ください。
満席となりました。ありがとうございました。

----

ではみなさま、穏やかで愉しい新月の夜をお過ごしください

癒しの風foomiのホームページはこちら

2013年7月 5日 (金)

ヒーラーは「すごい人」ではない

こんばんは!癒しの風foomiのふうみです

お久しぶりすぎて「日記」じゃなくて「月記」みたいになっておりまして、すいません(笑)。

ホームページには告知していたのですが、7月はセッションをお休みさせていただいております。今月は、新しいオリジナルエネルギーの検証・メソッドの開発、8月からの『エネルギーヒーラー養成講座』のカリキュラム作成・改変などをしています。

休みとはいえ、お急ぎのご依頼のある方や、既存のお客様で続けて受ける必要のある方などは対応させていただいています。できれば今月中に対応して欲しいという方は、遠慮なくお問い合わせ・ご相談ください。→7月の緊急対応枠は全て満席となりました。8月以降の対応となりますのでご了承ください。

---

さて…大道かほ莉さんのブログを読んでいましたら、こういう記事が出ていました。

代替医療は未病のときこそ利用したい

これは、私も常々思っていることです。

現代の日本では、西洋医学とその薬に頼りすぎているところがあり、何かあったらまずは薬を飲み、医者に行き、そして、それで治らなかったり、どうしようもなくなって手遅れの状態になってから、やっと代替医療を考えるところがあります。

代替医療には、アロマ、薬草、漢方、カイロプラティック、ヨガ、マッサージ、ホメオパシー、鍼灸、音楽療法、睡眠療法、食餌療法などたくさんあります。日本では一般的に「怪しい」感が漂っている(笑)「ヒーリング(エネルギーヒーリング)」もその一つです。アメリカでは代替医療を利用している人は全体の60%以上もいて(医療費が高いのもあるでしょう)、そのトップは「ヒーリング」だそうです。世界的にメジャーなレイキなんかは、アメリカ人で知っていない人はいないくらいなのに、日本では「なにそれ? 怪しい…」と思っている人もきっと多いことでしょう

ヒーリングは医療行為ではありませんが、体と心は連動していますので、ヒーリングで心の方の問題がクリアになったり、浄化されたり、気付きが深まると、体にも大きな変化が出ます。そもそも、体の調子が悪いことの原因の多くは、心に起因するものだからです。(※こう断定したら語弊があると思うので、ひとつの考え方としてとらえて下さいね。西洋医学を全面的に否定しているわけではありません)。ヒーリングで、エネルギーの滞っている箇所を観てエネルギー調整したり、その原因を観て伝え、気付いてもらうことで、症状が一気に改善することも多いです。

人間ですから、ちょっと油断して無理をしたり、過労が重なったりすると、体の調子が悪くなることはよくあることです。体が痛くなったり、胃腸の調子が悪くなったり。でも、今の日本人の多くは、そうなるとすぐ薬を飲んだり病院に行くところですが、実はちょっとしたことなら、ヒーリングでエネルギー調整をすると、調子も戻りやすいです。私自身、ちょっと体調の異変があるたび、ヒーラーの友人たちにメンテナンス的にヒーリングを受けるのですが、あっと言う間に回復します(もちろん、その後のしっかりした休養も大切ですよ~。また、調子が悪いのが続くようならちゃんと病院に行って下さいね!)。

ですから、もっと気軽にヒーリングを受けてもらいたいと思いますし、もっとヒーリングを普通に使える社会になったらいいなぁと思っています。そしてたくさんの方にヒーリングを使えるようになってもらいたい、とも。

よく、私がセッションした後、「すごいですね!!何でも治るんですか!?」「いろんなことがわかってスゴイですね!」とキラキラした目で私を見られる方がおられますが(笑)、それは違います。

ヒーラーは「すごい人」ではありません。気付き・きっかけを与えるだけの存在にすぎませんし、ヒーリング自体、本来は誰にもできるものです。もともと、超古代・古代においては、ヒーリングは誰でもやっていたことです。なんら特別なものではなく、そして誰にもできます。特別の選ばれた人にしかできないわけではなく、私自身、特別な人間ではありません。

私が『エネルギーヒーラー養成講座』を行っているのは、誰にでも出来ることを知ってもらいたいのと、ご自身やご家族などの未病を、ヒーリングによってうまくバランスをとったり解放してあげて欲しいからです。もちろんプロのヒーラーになっていただきたいとは思っていますが、プロにならなくても、自分や大切な方の体や心のメンテナンスとして、本来使えるべき力を普通に使って欲しいと思うのです。

---

少し、私ごとの話をします。

私は長年「突発性側湾症」(背骨が横に曲がっていく病気で、原因不明)を煩っていたのですが、実はヒーリングであっという間に治りました。医者からは、治らないので進行を止めることしかできないと言われている病気なのに、です。

小学校の高学年で側湾症だとわかり、私は高校に入ってしばらくするまでずっとコルセットを着けて生活していました。大変でした。35度くらいまで曲がっていて、コルセットで固定する方法である程度は矯正できたのですが、それでも25度くらいの湾曲は残ったので、医者からは「いずれは下半身が麻痺したり動けなくなったりするかも」と言われていました。20代になってからは、体のあちこちに神経痛のような痛みが出始め、社会人になってからは、ストレスが溜まると強い痛みになり、つらくて整体に行くと「いつか動けなくなるかもしれないから、水泳をしたり、筋力を落とさない工夫をしっかりしたほうがいい。いつまで普通に暮らせるかな…」と気の毒がられました。

しかし、ヒーリングを受けたり、自分でするようになってから、すっかり湾曲はなくなり背骨はまっすぐに戻ったのです!! 自分でもビックリ。ここ数年の話です。

そして、その後しばらくして、自分の背骨が曲がった原因が、心因性であったことに気付きました。小さい頃から自分が出せず、感情が溜まりすぎていたのが理由のようでした。自分と向き合う度に、小さい頃の感情が出て来て、泣いたり怒ったり浄化中はいろいろ大変でしたが、ヒーリングでその溜まっていた感情が浄化され、解放され、本来の自分が出せるようになったことで、背骨も正常に機能するようになり、全身の痛みもすっかりなくなりました。

---

私のまわりには、自分の病気や不調をヒーリングなどのエネルギーワークで治した人が本当にたくさんいます。事例もたくさんあるのですが、あまり公に書くといけないので、このへんにしておきます(笑)。(※ヒーリングは医療行為ではありません。あしからず。)

体と心にまつわる不思議話はいっぱいあるので、興味のある方は、会った時にでもきいてくださいね

そうそう、次の日曜七夕の日、いよいよ、『Family Souls Tree ~七夕の集い~』が開催されます。私の予約はいっぱいなのですが(満員御礼m(_ _)m)、すごいメンバー勢揃いなので、ぜひ遊びにお越しください。和室の小さな会場なので、なかなかアットホームでいいですよ~ それでは、また

---

癒しの風foomi公式サイト

『Family Souls Tree ~七夕の集い~』
クレオ大阪中央で7月7日に開催!朝から夜9時まで。ワンコインから受けられるアットホームなミニスピマです。私は午後から会場にいます。遊びに来てくださいね!

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »