2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 天河神社旅行記(その2):役行者編 | トップページ | 1週間 »

2012年5月14日 (月)

黄金のライオン

こんにちは! 癒しの風foomiのふうみです^^

昨日、私の大切なパートナーであった飼い猫(猫2catとしてブログの記事には何度か登場)の『茶々ごん』が光へ還りました。

昨日は私が主催の『琵琶湖の風とガイアを感じる‘わの舞’講習会』の日で、それが終わって帰宅してからまもなくして、彼は私の腕の中で亡くなりました。

彼は、私が帰って来るのを待っていたようです。

最後まで私は奇跡を信じて話し続け、彼もそれに答えるように私の目をじっと見ていました。彼はもうちょっと頑張るつもりだったかもしれません。最後には涙を流し、目を開けたまま行きました。
最後の瞬間、私のハートにとても大きな愛のエネルギーがやってきて、もしや、と思い

「まだ行ってはダメよ! 私が奇跡を起こすから! 力を貸して!」

と彼の体を何度も揺り起こしましたが、彼の心臓が動くことはもうありませんでした。

実は、おとといの夜くらいから彼の体は冷たくなりはじめていました。
一緒に居るときはずっと抱きかかえ、ヒーリングと愛を送り続けました。

彼が、おとといではなく、昨日の夜を行く日に決めたのは、私に、楽しみにしていたわの舞のイベントに行かせたかったからだと思います。前の日に行ってしまったら、私が行かないかもしれない、行ったとしても楽しめないだろう、と思ったのでしょう。

また、彼は2日前まで動物病院に入院していたのですが、友人のアニマルコミュニケーターさんが、彼に「飼い猫は飼い主の腕の中でしか行ってはダメなのよ。だから必ず家に戻ってきなさい」と説得してくれたので、家に戻って、そして私の腕の中で行こう、と決めたのかもしれません。

彼の肉体はもう限界だったのです。
2週間くらい前からご飯を食べなくなり、病院で点滴やら何やら対処療法をしてきましたが食欲は回復せず、4日前くらいに開腹手術を試験的にしてもらいましたが、こぶし大の腫瘍が出来ており(人間だとすると頭の大きさくらいのものがお腹の中にあった)、主たる腫瘍部分は取ってもらいましたが、あちこち転移していて手の施しようがない状態でした。腹水も1リットル近くたまっていて、抜いてもらいましたが、あんな小さな体のどこにそんなものが入っていたのかと驚くばかりでした。

4キロあった彼の体重は、ここ2週間で2キロくらいまで落ちていました。

それでも私は奇跡を信じ、私の優しい大勢の仲間達が、各分野(動物医療、メディカルアロマ、各種ヒーリング、エネルギー整体など)からアドバイスをしてくれたり、エネルギーを送ってくれたりしました。
当初は、彼がヒーリング自体を受け取ることを拒否していた感があったのですが、私が「たくさんの人が応援してくれているので、受け取りなさい!」と言ったら、それ以降はしっかりとエネルギーが流れて行くようになりました。

たくさんの人達の愛を、彼は受け取ったと思います。

一昨日くらいから、一緒にヒーリングを送ってくれていた仲間達が口々に

「茶々ごん、大きなライオンに戻ったみたいよ。黄金に光輝いてる。強くてプライドが高いけど、とても心優しいライオンね!」
「ライオンが草原でお昼寝しているビジョンが見えた。気持ちよさそうにお昼寝してる~happy01
「ヒーリング送ったけど、猫の姿じゃなくてかっこいいライオンだったよ」
「送り初めてすぐに黄金+虹色に輝いたライオンが見えたよ。この人(猫さん)はもしかしてライオンなのかな?」

と、ライオンのビジョンを伝えてくれていました。

彼と私との結びつきは今世だけではなく、過去世で、彼と私は、ライオンとその飼い主でした(→詳細は過去記事へ)。今世では、ライオンだと私に飼ってもらえないから、猫として私のところに来てくれたようです。

映画『ナルニア国ものがたり-ライオンと魔女』を観たときも、それに出て来るライオンの王(アスラン)は茶々ごんにしか見えませんでした。

彼はとても気高く、強く、心の大きい、とてもとても優しい存在で、私の大切なパートナーでした。

17年間、肉体を伴って私の側にいてくれたけど、これからは私のそばにパワーアニマルとしてついててくれるそうです。

彼は「ずっと側にいるから任せろ!」なんて言ってますが、ほんとにずっといるつもりかしら?
彼は肉体を離れてから、ひっきりなしに私に話しかけて来ています。こんなにおしゃべりだったとは…

ヒーラーのいのりちゃんが、数日前
「5年後も、ふうみたんの側にいる彼が見えるよ」
と言っていて、病気が奇跡的に治って肉体のままで5年後も側にいてくれるのかと思いましたが(今になって思えば5年後、彼は22歳。そうだとしたらギネスものです。笑)、スピリットしてずっと側にいるってことだったんですねconfident

茶々ごん、17年間、本当にありがとう。
あなたと一緒に生きられて、私はとても幸せでした。

1

私の大切な、強く優しい、黄金色のライオン。
これからも、あなたをずっと愛し続けます。

心から、ありがとう。

bud 癒しの風foomiのホームページはこちら

オリジナルエネルギー「ひかりのさら」ヒーリング

« 天河神社旅行記(その2):役行者編 | トップページ | 1週間 »

日々のこと」カテゴリの記事

素敵なお話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1500834/45254084

この記事へのトラックバック一覧です: 黄金のライオン:

« 天河神社旅行記(その2):役行者編 | トップページ | 1週間 »