2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 自分のことはわからない | トップページ | そこにいるだけで多くの人を癒す人 »

2012年3月16日 (金)

夫の守護神

こんばんは!

ダウジングでその人の守護神・アセンデッドマスターを鑑定してくださる長居和尚さんに夫(ブラジル産男子)の鑑定をお願いしていたのですが、先日結果が届きました。

見てニヤニヤしてしまいました。私の好きな神様がいっぱいでした…happy01

<守護神>

聖フランシスコ: アセンデッドマスター 中世イタリアの修道士であった、高いレベルでの守護。悟りの援助。(=メインの守護神)

此花咲耶姫命(コノハナサクヤヒメノミコト): 静岡県 富士浅間大社

セラピス・ベイ: 古代エジプトの霊的指導の神 導きを与える

観音: 守護 浄化 導き

大天使ウリエル: 啓示 開運 スピリチュアルな能力 魔術 問題解決 著述 文筆業

ヨガナンダ: 神とのコンタクト  宇宙意識との出会いによる悟り ボディーワークを通した悟り 魂の浄化

以上6柱です。

<今までの生まれ変わりの中で、もっとも縁の深い聖地>

彼は聖ヤコブとして生きた過去がありましたので。エルサレムやバチカンでなくスペインのここが大きくふれました。
サンティアゴ・デ・コンポステーラ地区&大聖堂です。
聖ヤコブもその後2回の転生の後解脱して神様になっております。(彼は担当するお仕事があって人間の守護につきません)(すばらしい神様です)
ご主人様は何度か日本にも転生していらっしゃいまして、そのとき「庵」か「伊織」かわかりませんが「イオリ」と呼ばれていたようです。

---
というわけで、夫のメインの守護神は、私が大好きな(笑)聖フランシスコでした。

夫は、元々すごいインスピレーションの持ち主で、一瞬で相手のエネルギー状態がわかるとか、動物の気持ちがわかったりするようで、ただ者ではない(笑)と思っていたのですが、導き・啓示をもたらすマスターの方々が多くついてらっしゃるということに、妙に納得しました^^

夫は父方が日系ですが、母方はイタリア系です。
そして、なぜかペラペラなスペイン語(笑)。※ブラジルはポルトガル語なので母国語ではありません。

スペイン料理やイタリア料理が大好きな私たち夫婦は、過去世でかかわりがあったときの舞台も、ヨーロッパではスペインやイタリアです。

ご縁のある聖地はやはり海外でしたが、いつか夫婦で行ってみたいです。
聖ヤコブの魂を引き継いでるということですが…調べてみたら聖ヤコブは元漁師だった模様です。
どおりで、度を越した釣りバカ…だと思いましたsmile

---
で、なぜわざわざ結果を記事にしたかというと、私のブログの読者さんには夫と魂の近い人もいそうなので「いおり」という人にピンと来る人がいるんじゃないか?と思った次第です(笑)。

この名前にピンと来たら教えてくださいね~!

長居和尚さんの守護神鑑定、とてもいいですよ。
自分のルーツもわかったりするので、とてもオススメです。
http://nagaiosyou.com/

---
おまけ: 私の大好きな「聖フランシスコの祈り」

聖フランシスコの祈り

神よ、わたしをあなたの平和の道具としてお使いください。
憎しみのあるところに、愛を、
罪のあるところに、許しを、
争いのあるところに、平和を、
疑いのあるところに、信仰を、
絶望のあるところに、希望を、
暗闇のあるところに、光を、
悲しみのあるところに、喜びを蒔かせてください。

 

おお、神よ、
慰められることよりも、慰めることが、
理解されることよりも、理解することが、
愛されることよりも、愛することができますように。

 

なぜなら、与えることによって、与えられ、
許すことによって、許され、
死ぬことによって、永遠の命を与えられるからです。
アーメン

----

bud 癒しの風foomiのホームページはこちら

高次元浄化ヒーリング アメイジングライト

« 自分のことはわからない | トップページ | そこにいるだけで多くの人を癒す人 »

スピリチュアル」カテゴリの記事

日々のこと」カテゴリの記事

過去世」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1500834/44572205

この記事へのトラックバック一覧です: 夫の守護神:

« 自分のことはわからない | トップページ | そこにいるだけで多くの人を癒す人 »