2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 【転載】意乗り直し | トップページ | 過去世は潜在意識下の規制のひとつ »

2011年12月14日 (水)

加害者意識、引き続き

おはようございます。癒しの風foomiのファーラですhappy01

最近、すっかり紅茶党になって、毎日ミルクティーばかり飲んでいる私ですcafe

長いこと熱烈なコーヒー党だったのですが、少し前から嗜好が変わり紅茶等に鞍替えしました(笑)。以前は紅茶は特に好きではなかったのですが(というか苦手でした)、エジプト&イギリスの過去世でのブロックが取れたのが原因か、紅茶嫌いがなくなり、今やすっかりはまっています。

エジプトの過去世は先日書いたのですが、イギリスの過去世については、先日、「ひどいことをしてしまった」「悪いことをしてしまった」という加害者意識が出て来ててドロドロになっていた時、芋づる式に浮き上がって来たので、いいタイミングで解放することができました。

加害者意識が出て来ていたとき、とてもしんどくて、友人にセッションしてもらったのですが、その際に

「意味はわからないのですが、イギリスの少年ぽいふたりを見せられました。高校生か中学生ぐらいで、ふたり。ケンカしつつもスクールライフ満喫なイメージ。」

と言われ「???」だったのですが、2日経って、友人のMちゃんにあるエネルギーの伝授をしていた時、突如として過去世の情報がダウンロードされてきました。

見えたのは、イギリスの若い近衛兵(王族の門番とかをしている、黒い長い帽子をかぶって赤い制服の兵隊さん )。私のようです。

彼(過去世の私)と仲良しの友人(過去世のMちゃん)は、休みの日に狩りに出かけ、動物を撃つつもりが、人間を謝って撃ってしまい、そして…そのまま逃亡!!!
気があまりに動転してしまい、「逃げよう」ということになって逃げたようですshock

助けを呼ぼうともせず、当然謝りもせず、そのまま逃げた、と。
…な、なんてひどい奴でしょ…shock

その人生では、私はその時の後悔で重~い加害者意識にさいなまれたまま、一生を終えたようでした。

この映像を見せられた時、とても腑に落ちました。

というのも、私は小さい頃から「人を殺した…逃げなければ」「どうしよう!とうとう見つかってしまう!」という夢をよく見ていたのです。あまりにそんな夢ばかり見るので、たまに「ほんとに誰かを殺したんだろうか?」と夢とも現実ともつかない感じになることがありました。

また、理由もわからずイギリスが嫌いで「イギリスだけには絶対に行きたくない!」と思ってました。イギリス英語を聞いても気分が悪くなるというか…。

さらに、突然思い出したのですが、小さい頃、お土産でイギリスの缶に入ったクッキーをもらい、その缶に描いてあった絵の中にイギリスの近衛兵が描かれており、ものすごく嫌な気持ちになったことがありました。おそらく、小学校低学年か幼稚園の頃かと思うのですが。

そんなわけで、前世から持ち越してきた加害者意識の持ち越し分が連動して出て来て、しばらくの間ドロローンshockとなっていました。

被害者の立場より、加害者の立場の方が認めるのはうんとキツいです。もう、苦しくて苦しくて、おえええええ~~shockです。
だって、悪人(の立場)だった自分なんて認めたくないです。ずっといい人でいたいじゃないですかぁ~~!(本音)

その後も、芋づる式に出てくる出てくる!! 加害者の立場だったシーンが次から次へと…_| ̄|○
私、過去世でなんて大悪党だったんでしょうか!! Oh!! No!!shock

でも、そりゃあそうですね。
学びのために転生しているのに、ず~っと善人で同じことばっかりやってるわけがありません。それでは、魂は成長しませんから。

それに、今までの地球では戦いの歴史が長いですから、立場によって、敵方の人を殺したり、戦略のために相手を裏切ったり、命令に従ってひどいことをしたり…、どんな立場や環境にいるかによって、いろんなことがあったはずです。

時代を変え、立場を変え、職業を変え、性別を変え、身分を変え…
私たちはいろんな経験をしてきたのでしょう。

そう考えると、今、意地悪だったり、悪人をやっている人も、単なる役割を演じているだけであり、そういう人も認めることができるようになるかもしれません。

今、あなたの目の前でイチャイチャしててちょっとムカつく(笑)ラブラブなカポーがいたとしても、彼らは過去世で、犬猿の仲だったり、怨念ドロドロな関係だったのかもしれません。その学びが既に終わったからこそ、今世ではラブラブになっているのかも~?wink

そういえば。
ワンネスディクシャのトレーナーである奈良の上田ご夫妻は、今まで一度も夫婦喧嘩をしたことがないという奇跡のような(笑)ラブラブなご夫婦なのですが、

「多分、ケンカはもう、前世までで十分してきたんでしょうwinkheart01

とおっしゃってました。
私たち夫婦はまだケンカをし足りてないのかも…?smile

そんなわけで、今世では、あなたのその目の前にいる憎っくきお方は、実は前世であなたがひどいことをした人かもしれません。目くじらを立てず、抵抗せず、その人のありのままを見て受け入れることができたとき、関係は変わっていくかもしれませんね。

そんなわけで、またもや、どうでもいい個人的な過去世の話を長々と書いてしまいましたsweat01

さて、次の記事こそは、ディクシャのアウェイクニングコースのことを書きますね。

それでは、しばし、バイナラ~~paper

----

bud 癒しの風foomiのホームページはこちら

 

【無料プチヒーリング実施中】
下記のバナーをクリックしていただくと、クンダリーニレイキが3分程度流れます
↓バナーをクリックしたら、軽く目を閉じ、エネルギーの流れを感じてみてください。
人気ブログランキングへ

心・安全でとっても美味しい22年度米と、無農薬野菜たっぷり詰め合わせ

« 【転載】意乗り直し | トップページ | 過去世は潜在意識下の規制のひとつ »

スピリチュアル」カテゴリの記事

日々のこと」カテゴリの記事

過去世」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1500834/43371425

この記事へのトラックバック一覧です: 加害者意識、引き続き:

« 【転載】意乗り直し | トップページ | 過去世は潜在意識下の規制のひとつ »