2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 【補足】光の道を目指す人は「邪」や落とし穴に気をつけて! | トップページ | 加害者意識、引き続き »

2011年12月14日 (水)

【転載】意乗り直し

こんばんは! 癒しの風foomiのファーラですhappy01

先日の土日、私は「ワンネスディクシャ」のアウェイクニングコースに行ってきました。
(ディクシャについては、OnenessNipoponONENESS.JP のサイトをご覧下さい。)
この後の記事に感想を書く予定ですが、本当に素晴らしい2日間で、幸せで胸がいっぱいになりました。

その時に出会った、甲賀市に住むディクシャギバーのHiroさん。
素晴らしいクリアなエネルギーを持った彼女が書いてくれた日記を今日はシェアします。

というのも、最近、私を含め、周辺で「人を助けたい…」「人をなんとかしてあげたい…でも、うまくいかない…」という感情が出ている人がとても多いのです。グループソウルの共通の今の課題として、「人を助けたいというエゴに基づく思いを手放す」ということがテーマになっているのかもしれません。

ちなみに、文中のmanaさんは、『空(くう)-舞い降りた神秘の暗号』とその続編、『空(くう)―天翔(あまか)ける歓喜の弥栄(いやさか)』を書かれた方です。
http://www.amazon.co.jp/dp/4434151258
http://www.amazon.co.jp/dp/4434160907

素晴らしいエネルギーの本なので(手に取ればわかりますよ~heart01)、ピンと来た方は買って読まれるといいと思います。すすめておきながら、私はお取り寄せ中でまだ読んでないのですが(笑)、明日届くかな?

私の近くにいる、ある女性が…(スピリチュアルな話は好きだけど、ドップリとその世界の人間というわけではない女性)が、私にこう話してくれました。

「皆が皆って言うわけじゃないけど…
スピリチュアルな業界の人は、妙に上から目線な人が多いから、
そういうタイプの人に出会うたびに、「またか!」と思うし、どうしても嫌いだわ~」と…。

彼女がそういった性質の人に出会う、
そして、そういった性質自体を彼女が嫌う(フォーカスしてしまう)のは、
実は彼女自身の内側に、それ相応の理由があるはずなのですが、
それはここでは置いておくとしまして…。

彼女の言葉を聞いて、
mana先生の講義の中で聞いたお話を、ふと思い出しました。

「私のエゴの恥を晒すようですが…(笑)」と前置きをなさってから、
教えてくださったのはこういう事でした。

manaさんは昔、「人生が思うようにいかない!」と、苦悩する人々を救いたくて、
「現実ってそうじゃないわ!!なんとかわかってほしい!」という思いから、
クライアントさんやご友人のカウンセリングをなさっていたのだそうですが、
どんなに熱意を持って働きかけても、
ちっともわかってくれない人、果ては食ってかかる人までいて、
「どうしてわかってくれないの!」とイライラしていた時期があったのだそうです。

そんな時、manaさんがハッと気付かれたのは、

「そうか!そうなんだ!
 私は、本当は、わかってほしくないんだ!」

ということでした。

心の中ではこう思っていたのです。

この知識を、本当は自分だけのものにしておきたい
自分だけが“凄い人”でいたい
皆に悟られてしまっては困る
あくまでも私が“一段上に立って人に教える”立場でいたいのだ!

と……。

だから、そのような意図がそのまま現実化していただけだったのだと。
他の誰でもない、自分がオーダーした通りの現実を開いていただけ。

ここでmanaさんが取られた行動は、“祈り(意乗り)直し”です。
全ての人を神として見る!と、意図し直したのです。

本当はそれが真実なのだと忘れていたために、
エゴのゲームにハマっていた事に気付き、
体験したい現実を選び直したのです。

皆、内側に神性を秘めている。

「なんとかしてあげなければ!」というのは、
その神様たちが自分で解決する能力がないと見下しているのであり、
神への侮辱に他ならない。

実は非常に傲慢な思考なのだとおっしゃっていました。

皆が神だ!皆が凄い力を持っている!
…という現実を意図し直すと、それからの状況は驚くほど変化したそうです。

ヒーラーなど、スピリチュアルなお仕事に携わっている方々に限らず、
カウンセラーや、医療関係の方々にも、その事は是非知って頂きたい、とおっしゃっていました。

私自身も散々、身に覚えのあることだったので、
耳に痛いと同時に、なんだか笑ってしまいました( ´艸`)
(ディクシャを続けていく中で、そのようなエゴからは徐々に解放されていきましたが…)

そのお話を聞いて、アドバンスコースから帰ったきた直後、
私はまず、自分の職場にいる、
周囲の多くの人から“我が儘で、自己中心的で、厄介な人”として
知られている女性に注目してみました。

せめて今日一日だけでも、私だけでも、
彼女を“そういう人”として“予期”するのをやめてみよう。
彼女も偉大な神の一部なのだ
私に気付きを与えてくれる光輝く神なのだ

と、意乗り直してみました。

すると、変化は即訪れました。

それまでのような不遜な態度はどこへやら、
ちょっとした事でも私に謝ったり、感謝したりなさるではありませんか!

しかもその日は、よく私のところへ来て、
楽しそうに色々なお話をされました。

私もそれが、ちっとも嫌ではありませんでした。
とても穏やかな気持ちでした。

素晴らしい体験をありがとう、○○さん!

「クライアントを患者だとか、悩みがある人だとか、そういう見方をしないようにね」
manaさんの著書にある言葉です。

私の場合、お相手は職場の同僚でしたが、
どのような関係においても言えることなのだと、実感した出来事でした。

補足:文中のmanaさんが意乗り直しをなさるところでは、
「人の成長を心から喜べるような自分になる!」とも
オーダーなさったと聞いています。
そして、“今この瞬間”から、“もうそうなった”と意図する、
前祝いをしてしまう…shine
これ大事ですよね~heart01heart01

ほんとにハッとする記事でした。

どんな人でも、相手は神の一部。宇宙の根源の魂のかけらを持っています。
「教えてあげなきゃ」「助けてあげなきゃ」って、エゴなんですよね。

素晴らしい気付きの記事をありがとうございました!

----

bud 癒しの風foomiのホームページはこちら

 

【無料プチヒーリング実施中】
下記のバナーをクリックしていただくと、クンダリーニレイキが3分程度流れます
↓バナーをクリックしたら、軽く目を閉じ、エネルギーの流れを感じてみてください。
人気ブログランキングへ

心・安全でとっても美味しい22年度米と、無農薬野菜たっぷり詰め合わせ

« 【補足】光の道を目指す人は「邪」や落とし穴に気をつけて! | トップページ | 加害者意識、引き続き »

スピリチュアル」カテゴリの記事

素敵なお話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1500834/43369637

この記事へのトラックバック一覧です: 【転載】意乗り直し:

« 【補足】光の道を目指す人は「邪」や落とし穴に気をつけて! | トップページ | 加害者意識、引き続き »