2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月の記事

2011年12月31日 (土)

ありがとう、2011年。

おはようございます! 癒しの風foomiのファーラです とうとう1年の最後の日、大晦日になりました

私が滋賀に越してきたのは、ちょうど1年前。

長いこと広島に住んでいたのですが、ずっと広告関係の仕事をしていて、スピリチュアルとは縁遠いエゴと欲丸出しな生活(爆)をしていました。当然、いろんなことが起こり、なぜだろうと自分を見つめるようになってから、徐々に上っ面のことではない本当のこと、そして、本当の自分を知りたくなってきたのです。

その後、実家に移転して祖母の介護をしながら生活していた時、当時山口にいらっしゃったるぅさんに出会い、臼井式レイキの伝授を受けました。それは、ちょうど2年前くらいのことだったと思います。

伝授中、理由もないのに涙が止まらなかったのですが、その時、自分に魂の癒しが起こったのだとわかり、とても感動しました。それは、「目に見えないエネルギーで癒される」とはこういうことなんだ、とわかった瞬間でした。わかったというより、「知っていたことを思い出した」という感覚に近かった気がします。

その後、自己ヒーリングをしたり、様々な勉強をしたりしつつ、去年の年末、夫の家族がいる滋賀にやってきました。

滋賀には全く知り合いも友人もおらず、寂しいかと思いきや…なんという居心地の良さ!!
また別の機会に書きますが、滋賀は過去世で何度も生活した魂的には懐かしい土地だったのです。そして、意味があって引っ越して来たのだとわかりました。

こちらにきて、ヒーリングを少しずつ知人にしはじめてから、「肩が痛くて、どこの病院に行っても治らなかったのに良くなった」と言われたり、「なぜだかわからないけど涙が出た…。でもスッキリした!」と喜んでもらったり、うちの猫たちがヒーリングするたびに元気になったりして、「私のヒーリング、もしかして、めちゃくちゃ効いてる??」などと思い始めたのは、今年になってから(笑)。

その後、プレアデス出身のmegminさんのセミナーに行って宇宙の法則を知ったり、宇宙人整体師のおっさんに出会って覚醒ボタンを押してもらったり、長居和尚にのセミナーに出て高次元の存在とお見知りおきになったり、埼玉のスーパー・ヒーラー天路さんから『Amazing Light』という強力エネルギーを伝授してもらったり、アロマヒーリングの巨匠、西村依里子先生に出会って植物の素晴らしい力と愛を知ったり、ソウルメイトと次々再会したり…と、すごい出会いがたくさんあった一年でした。

今ではすっかり「私ヒーラー歴20年です」みたいな顔をしておりますが(笑)、実はヒーラーとしては、まだペーペーの1年生。
自信なんてなく、セッションをする度に「ほんとにこれで良かったのかな…」「本当に癒すことができたのかな…」と自問自答の毎日でした。

また、意外ときつかったのは、昔からの友人たち(スピリチュアル系ではない)から「こんなことをやっていて、本当に大丈夫なのか?」「どんなことになっても、友達は友達だからな」と本気で心配されたこと あ、知人が具合が悪そうだった時、心配で「ヒーリングしようか?」と言って手を当てようとしたら、目つきが変わって強い口調で拒絶された時も凹んだなぁ、そういや
今や笑い話ですし、私も「一般の人にはヒーリングの話はまだ御法度」、ということも学びましたけどネ^^

滋賀に来てからの1年は、勉強しつつ、自分と向き合いながら自分の浄化をしつつ、で、結構ヘビーでもございました。この1年は、浄化に次ぐ浄化の嵐で、気分が不安定になることも多く、自分をコントロールするのも大変でした。

でも、浄化されるべきものが出てくる度に、いろんなものが数珠つなぎのようにはずれていって、ハートの軽さ&自由度が大きく増した1年でもありました。浄化の波のサイクルも短くなり、何かネガティブなものが出て来ても、それを解放するスピードが速まってきたのも感じます。

私はホームページのプロフィールにも書いていますが、生来のナチュラルサイキックでも霊能者でもありません。長いこと欲にまみれて生きてきた(笑)普通の女が、ヒーラーとしてヒーリングの素晴らしさを伝える側になろうとは、自分でも思ってもみませんでした。

しかし、2011年のこのタイミングで、私の「癒す」力がどうやら天性のもので、人間、特に女性の目覚めのサポートをするために今世生まれてきたことを知りました。今は、私が昔感じてきたように「上っ面のことではない本当のこと、そして、本当の自分を知りたい」と思っている人たちに、一歩踏み出す勇気を与えられるかもしれないと思っています。

来年の2012年はアセンションの年と言われますが、私にできること、私がすべきことを精いっぱいやっていくつもりです。日々勉強、試行錯誤の毎日が続くと思いますが、気負いすぎず、日々を楽しみ、そして、すべてのものへの感謝を忘れず、ハッピーに過ごしていきたいと思っています。

ありがとう! 2011年!
そして、今年出会った全ての方々、私と関わってくださった全ての方々へ。
心から感謝しています。ありがとうございました

(追伸) …ってなわけで(?)、この年末年始はブラジル産の夫の家族とブラジル祭りです。期間中は、「肉肉肉豆肉肉肉肉肉肉豆」という食事が毎日続きます(汗)。スピリチュアル系にしてはありえない食事です、ハイ。でも、私のグラウンディングがしっかりしているのはこのおかげかも? 浮わついたフワフワ感のない、どっしりとしたオカン系のエネルギーを来年も繰り出しますよ~。フッフッフッ。

----

癒しの風foomiのホームページはこちら

心・安全でとっても美味しい22年度米と、無農薬野菜たっぷり詰め合わせ

2011年12月20日 (火)

師匠を選ぶコツ~長居和尚のセミナーより

こんばんは! 癒しの風foomiのファーラです

今日は先月京都で開催された長居和尚さんのセミナーの内容をシェアしたいと思います。今回私は午前中の初級セミナーしか受けなかったのですが、盛りだくさんの内容で、とても素晴らしかったです!

長居和尚さんはダウジング名人で、高次元の神様達とマブダチなすごいお方です。
でも、偉ぶったところは微塵もなく、とても謙虚でいらっしゃって、黙ってると誰も和尚さんに気付かないのじゃないかというくらい、普通のお兄さんなのです。※最上級のほめ言葉です

もちろん、普通のお兄さんの皮をかぶってらっしゃるだけで(笑)、中身はすごいお方なのであります。
そこのあなた、生きているうちに会われたほうがいいですよ~!

彼のセミナーでは、高次元の神様を会場に何柱か下ろしてくださるので、会場が天界のようになって、とても気持ちがいいです。気持ち良すぎて寝てしまれる方もいるくらい、とても波動の高いセミナーです。

私は、以前も長居和尚さんのセミナーに参加したことがあったのですが、今回のセミナーは前回の内容とかぶる部分は少なく、8割くらいが新情報でした。ここでご紹介できないくらいたくさんの情報をいただいたのですが、一部シェアさせていただきます。

今回は、“師匠を選ぶコツ”をシェアしたいと思います。

特に、業種・職種に関わらず、師匠を誰にするか悩まれる方も多いのではないかと思います。長居和尚さんが、師を選ぶときに大切なポイントを教えてくださいましたので、読んでみてくださいね 特に、ヒーリングなどのライトワーカーを目指されている方が、師匠を選ぶ場合に参考になると思います。

----

全てに “愛” があること
その人に愛があるかどうかは、その人の顔をじっと見ていればわかります。

組織を持っていないこと
大きな組織(宗教・思想団体など)に所属していたり、組織を持っている方を選ぶのはやめたほうがいいでしょう。

ゼニ集めをしていないこと
「お金を持って来なさい」とか「うちの商品を買え」とか言って「ゼニ」を集めている方はよしましょう。「お金(カネ)」でも「金(キン)」でもなく、「ゼニ」とは、人をだましたり盗んだりして悪いことをして得たお金のことです。
同じお金と呼ばれるものでも、「金(キン)」とは、人のために一生懸命働いて手にしたお金のことです。ぜひ、「金(キン)」を稼ぐ人になってください。

規則をあれこれ作ったり、あれこれ口を出さないこと
あれこれ規則を作って「あれはダメ」「これはダメ」と言ったり、「講演会をするからこっちまで来い」と強制のように呼びつけたりする方はやめたほうがいいでしょう。
むしろ、あなたのほうから、その人に会いに行きたくなるような人であること。

裏表がないこと

有名人ではないこと
一部有名であっても、有名志向ではないこと。

衣食住が質素であること

清潔であること ←大切です !
これは結構重要です。あまりに精神世界に没頭しすぎて、身なりに全く構わなって、近くに寄ると 芳しいかほり がしてくるような方は、現世で生きるという点ではバランスが悪いかもしれません。

素直であること
人をほめちぎったり、いいことばかりを言う人より、素直に苦言もきちんと伝えてくれる人がいいでしょう。

道楽にウェイトを置いていないこと
多少の道楽(4つのS=スポーツ、セックス、シネマ、思想・宗教)はいいですが、そちらにのめり込んでいるような方は…。

落ち着いていること ←これも大切!
「この人には○○○の霊がついている!」と言って大騒ぎしたり、「大変だ!大変だ!大事件が起こる!」とすぐ動揺するような方は…。

目が澄んできれいなこと
目を見れば全てがわかります。やさしい笑顔があれば、さらに良し。

実年齢より若く見え、お肌がツヤツヤしていること

やさしさと、厳しさの両方を持ち、そばにいると安らぎを感じられること

押しつけないこと

人に恐怖心を与えないこと

未来に起きる出来事を話さないこと

人が萎縮するようなことを言わないこと

「私は悟っている」と言わないこと
本当に悟っている人は、「私は悟っている」なんてことは言いません。

自己宣伝はしないこと
「私は大変な能力者だ」「私にはすごい力がある」などと自分で言う方は…

自慢話をしないこと

常に進化・成長しようとしていること

弟子の独立に反対したり、妨害したりしないこと

「私だけを信じなさい」「私の本だけを読みなさい」と言わないこと

人を批判したり、人を否定したりしないこと

他者と言い争いをしないこと

周りの人の秘密は厳守すること

-----

だそうです~!

師匠を探そうとしている方はぜひ参考にしてみてください。
でも、完璧な人間はいませんから、それも学びになりますね

なお、これらの項目は、京都のセミナーに出席された方でこの情報が必要な方がいらっしゃったので、『神は我が内に在り』という助安由吉先生(和尚さんがとても尊敬されている方だそうです)の著書を元に、和尚さんが一部を抜粋し、和尚さんの解釈をプラスしてお話しされたようです。もっと深く知りたい方は、本を読んでみられるといいかもしれません。

相も変わらず、私のメモした字が汚くて判別不能なところが多かったので、内容が違っていたらすいませんデス

長居和尚のセミナーは、また来年、京都で開催される企画があるようです。
正式な日程等がわかりましたら、またこのブログでもお知らせしたいと思います。

なお、mixiには彼のコミュがあり、そこで詳細の告知がされることが多いので、mixiをされてる方はチェックしてみてくださいね^^

ありがとうございました。
愛と光をこめて。

----

癒しの風foomiのホームページはこちら

----

年末年始の遠隔ヒーリングキャンペーン お申込受付中!
12月26日~1月3日までのご希望の日時に、割引価格で遠隔ヒーリングを行います。
各ヒーリング、先着5名様限定。ご予約受付中です。詳細はこちらをご覧下さい
(ホームページには告知を出しておりません)

心・安全でとっても美味しい22年度米と、無農薬野菜たっぷり詰め合わせ

2011年12月19日 (月)

私たちは、らせんを描いて成長していく

こんにちは! 癒しの風foomiのファーラです

いや~、一気に寒くなって来ましたねぇ
先週末は、滋賀でも初めて雪が降りました。遠くの山は真っ白です!

春から続けている真夜中の猫2との散歩ですが、寒くなってからは、外に出て3分で猫2がお帰りになるので、全然散歩になりません(笑)。猫2は、猫の割には寒さには割と強いほうですが、さすがに氷点下になろうとする気温の中の散歩はきつそうです。…飼い主も寒いのが苦手…。

さて、今日は、人の成長についてのお話をしたいと思います。

これは、滋賀県大津のヒーラー後藤淑子さん(とっても素敵な人ですよ)が勉強会でおっしゃっていたことで、「おおお!」と思ったことだったので、シェアさせていただきます。

精神世界やスピリチュアルなことに興味があって、自分の不要な感情(悲しみ・苦しみ・怒り・後悔・拒絶感など)のクリアリング(浄化)を進めていっている人が、よくぶつかる問題に以下があります。

◎クリアリングをしてもしても、どんどん問題が出て来て、全然進んでない気がする…
◎この前スッキリしたはずなのに、また元のような苦しい気分になってきた…
◎クリアリングしたはずの問題が再浮上してきてつらい…

「いらない思考を手放したはずなのに、まだスッキリしない…」
「先月やってもらったセッションで怒りがなくなった気がしたのに、しばらくしたら、また怒りが出て来た…」
ということ、みなさんは経験ありませんか?

私はよくあります。クリアリングをやってもやっても、どんどんどんどんネガネガちゃんが出て来て
「えっ、まだやることがあるの!? いつまですりゃ~え~のよ!(←広島弁)」
「また別の怒りが出てきた~! ウキー!!
ってな具合に、右往左往してたこともありました(笑)。

例えば、親に対する強い怒りがあったとして、それと向き合い、原因をみつけてその感情を解放したとします。その時は、解放されたと感じ、とてもスッキリしています。なのに、数ヶ月経って、また怒りが出てくるんですよね。

でも、そう感じた時、落ち込んだり、不安になったりしないでください。
なぜなら、それが普通だからです。下の図をご覧ください。

Seicho_4

図のように、人間はらせんのような形を描いて成長していくそうです。

自分では、同じところをぐるぐるぐるぐるまわっているように感じ、「全然進んでいない!」と思うわけですが、そうではないのです。

A地点からB地点へ進んだ場合、本人としては、スタート地点から高さが変わっておらず「私は成長できていない」ように思えますが、それは違います。確実に成長への道をたどっています。上の図を見ればわかりますね。

例えば、スタート地点のA地点で感じていた「怒り」がレベル10だとすれば、B地点ではまだ「怒り」のレベルは10ですが、その後ワークを重ねていけば、C地点になるとレベル8の「怒り」になり、D地点になるとレベル2の「怒り」にまで小さくなっていることに気付きます。

そうです。何かに取り組んで不要なものの解放が進んだとしても、1度で全て解決!というわけにいかないことが多いのです。

もちろん、軽いものであれば「ポン!」とちょっとしたワークですぐ取れたりもしますし、全てが全てそうではありませんが、その人にとって、とても深い傷になっていることや、人生の大きな課題となっていることについては、何度も何度もクリアリングの機会がやってきます。その都度対処できる、難易度の違う問題がやってくるようです。

今の段階でクリアできる課題(難易度1)がクリアされたら、しばらくすると、その分「成長したあなた」が対応できる別の問題(難易度2)が浮かび上がってきます。そして、それがクリアされたら、さらに、その分「成長したあなた」が対応できる別の問題(難易度3)が浮かび上がってくるのです。その時々、自分が対処できる課題・テーマがやってくるというわけですね。

ですから、やってもやっても同じ課題が来るように感じたり、しっかりワークしたのにまた同じ問題が出て来たことがあったとしても、「自分のクリアリングが十分でなかったのではないか」と自分を責めたり、「あの時セッションしてくれた人の腕が悪かったのでは?」とカウンセラーやセラピストの人を責めたりしないでくださいね(笑)。

あなたの成長とともに、難易度の上がった新しい課題がやってきているのです。
また課題が来たな、と思ったら、そういう時こそ成長のチャンスです!

人生には、あなたに対処できる問題しかやってきません
あなたは、その問題を解決できるはずです。

課題として何かが浮き上がって来た時は、またかと落ち込んだり、あせったりせず、

「おおっ!? 新しい課題が来た来た~!  イエーイ!

くらいの気持ちで、ニヤニヤしながら(?)、やっていきましょう。

あなたは、間違いなく成長しています。それを信じてくださいね。

ありがとうございます。
愛と光をこめて。

----

癒しの風foomiのホームページはこちら

2011年12月18日 (日)

年末年始の遠隔ヒーリングキャンペーンのお知らせ

こんばんは! 癒しの風foomiのファーラです

いよいよ年末になりましたね~~! なんと1年が早かったこと…!!
そんな私は年賀状のことをすっかり失念していたので、明日から作成します(笑)。

さて、年末年始、みなさんお忙しくされていると思いますが、「年末年始、実はヒマです!」「冬休みは普段よりゆっくりしています」「いつも年末年始は家でグータラしてるだけです…」って方もいらっしゃるのではないかと思います。というか、そういう人、すごく多い気がします(笑)。

私は今年、帰省を1月にずらしてしようと思っていますので、今年の年末年始は滋賀の自宅におります。
時間がある程度取れそうですので、この年末年始の間、遠隔ヒーリングをキャンペーン料金でさせていただこうと思います

おトクな料金に設定しましたので、一度私のヒーリングを受けてみたいという方、「遠隔ヒーリングってどんなものだろう?」という方、この機会に受けてみられませんか?

今回の遠隔ヒーリングは、電話・Skype等でのやりとりはありません。
ご指定の日時に、特定の言葉を宣言していただくことで、ヒーリングを受け取れるように設定いたします。なお、ヒーリングが終わった後には、ヒーリング中に感じたことなどをメールでシェアさせていただきます

キャンペーン期間(ヒーリングをお送りする日)
12月26日~1月3日までのご希望の日(時間はご相談に応じます)

ご提供のメニュー:

----

魂を癒すヒーリング(30分×2回セット)
 通常1回6,000円×2=12,000円 → 6,000円

不要な感情(悲しみ・苦しみ・怒りなど)を浄化し、魂レベルでの癒しをもたらします。あなたのためにカスタマイズしてお送りするヒーリングです。
今回は年末年始ということもあり、心身の「浄化」に比重を置きます。
年末年始のお休みの間に、不要なものを手放してみませんか?

----

魂を祝福するオリジナルエネルギー『フラワー・オブ・ラブ」ヒーリング(30分)
 1回6,000円(予定) → 4,000円

来年から正式に受付開始しますが、オリオンから下ろしたオリジナルのヒーリングエネルギーです。主にハートチャクラに働きかけ、ハートを開きます。虹色の素晴らしいエネルギーで、あなたの魂を祝福します。愛を受け取るのが苦手な方に特にオススメです!

----

各ヒーリングとも、先着5名様までとさせていただきます。

なお、この期間、遠隔の通常セッション、レイキ伝授なども、通常通り受付しております。
(対面セッションはお休みします)

そんなわけで、ブログではじめて宣伝記事をかいてみました(笑)。

ご予約・お申し込みはこちらから

----

癒しの風foomiのホームページはこちら

 

【無料プチヒーリング実施中】
下記のバナーをクリックしていただくと、クンダリーニレイキが3分程度流れます
↓バナーをクリックしたら、軽く目を閉じ、エネルギーの流れを感じてみてください。
人気ブログランキングへ

臼井式レイキ遠隔伝授キャンペーン実施中!

2011年12月15日 (木)

ディクシャで“ワンネス”を腑に落とす

こんばんは! 癒しの風foomiのファーラです

先週の土日、滋賀の大津で行われた、「ワンネスディクシャ」のアウェイクニングコースに行ってきました。
(ディクシャの詳細は、OnenessNipoponONENESS.JP のサイトへ)

アウェイクニングコースは、受講するとディクシャを他の人に送ることのできる「ディクシャ・ギバー」になれる2日間のセミナーです。
以前は受けるのにインドまで行く必要があったそうですが、今は日本全国でトレーナーさんがセミナーを開催されていて、安価で受講することができます。

実は、私、ディクシャというものが何なのかよくわからないまま行きました(笑)。

ただ、これまでに何度かディクシャギバーの方にディクシャを送っていただいたり、亡くなった方へのモクシャ(=亡くなった方、過去世の存在を光へ導くディクシャ)をされているのを見て、「亡くなった人にエネルギーを送れるの、いいな~」と思ったのと、このセミナーには絶対に行くべきだ感(?)があったので、迷わず参加しました

受けた感想としては……大感激しました!!
とにかく、ハートが至福感でいっぱいになり、とても幸せなのです。

なんと申しましょうか、とにかく爽快感がすごくて、抱えていたちょっとした心配ごとや悩みなども、一気に吹き飛んで行った感じでした!!

爽快感と至福感の理由は、このアウェイクニングコースを受けたことで、“ワンネス”という意味が、自分の潜在意識の中に染み渡ったのがわかったからです。

“ワンネス”というのは、全てはひとつであり、あなたは私であり、私はあなたである、という感覚のことです。

私は今までワンネスワンネスとブツブツ言ってはいましたが(笑)、頭の中と顕在意識で理解していただけで、本当はどういうことか、潜在意識ではよくわかってなかったようです。

しかし、この2日間で、“ワンネス”がどんな感覚であり、どんなものなのかが、おぼろげながらわかりました。
“ワンネス”を、ディクシャで体感することができたのです。

私には“ワンネス”は、「際限なく続く幸せの感覚」のように感じました。

自分も、あなたも、何もかもが、全て完璧であり、全てがつながっているという感覚。
恐れることも、不安になることなど何もなく、全てが愛でできていて、全てが満たされている。そんな感じです。

1日目、ハンズオン・ディクシャというギバーさんからのディクシャを受けた時、幸せで涙が出てきました。その夜、寝ていると真夜中に目が覚め、幸せと喜びで涙が止まらなくなりました。なんてこの世界は素晴らしいのだろう、と思いました。

2日目は、一日中、至福感でいっぱいだったのですが、ムクティ・ディクシャ(=パドカという聖なる物から受け取るディクシャ)を受けた時、「ここはあの世??」というほどの眩しい光でハートが満たされるのがわかり、幸せで、幸せで、涙があふれてきました。

しかし、こう書くと、

「あ、あやしい…。至福感…? 何それ?
「何もないのに幸せ? とうとうファーラさんが遠い世界に行ってしまった…

などと思う人も多いことでしょう あっ、ブログの読者が減っちゃう!

説明すればするほど怪しくなるのが、スピリチュアルとワンネスの世界です(笑)。
今、自分で書いてても、かなりうさんくさく感じてきましたよ

しかし、その「うさんくささ」「怪しさ」満載(笑)なワンネスの世界を、極めて論理的にわかりやすく説明してくださったのが、今回のトレーナーである「ワンネスなら―YASKA」こと上田ご夫妻。

上田ご夫妻は、奈良で活動されている超仲良しご夫婦です。旦那様のYASさんはグリーンの大きな癒しのオーラ、奥様のKAさんは、ピンクっぽいパープルのピュアな慈愛のオーラを持つ、とても素敵なご夫妻です。

なんと、結婚してから一度もケンカしたことがないという奇跡のご夫婦です(笑)。

旦那様のYASさんは某有名企業の研究者として長年サラリーマンをされていた方で、某ウォッシュレットを開発された方だそうです(ビ、ビックリ!)。

YASさんは、「私は長いこと会社員でしたし、特殊能力も霊能力も何もなく、今でも何にも見えないし、聞こえないし、な~んにも感じません!」とおっしゃっています。

しかし、研究者だったという彼の説明の、なんとわかりやすいこと!!

彼の理系の研究者らしい論理的な説明は、聞いていると左脳にぐっと入ってくるのです。
「宇宙のなりたち」「アセンションで何が起こるか」「ワンネスってどういうことか」「覚醒とは」「ディクシャとは」…そういった小難しく怪しげな(笑)内容でも、スムーズに頭に入ってきます。

長いこと3次元の世界でどっぷりと生活してきた私達は、見えないものを信じたい気持ちがあっても、「怪しい」「うさんくさい」「騙されそう」と潜在意識では警戒している部分があるのだと思います。

それはおそらく、クールな左脳ちゃんが「そんなの嘘に決まってる」「騙されるなよ!」「それは幻だ!気をつけろ!」「スピリチュアルなんて嘘っぱちだ!」と警告し続けているからでしょう。

しかし、YASさんの理路整然とした論理的な解説を聞いた途端、私の左脳ちゃんはおしゃべりをやめ、一気に沈黙したのです。

そして、一言。
「納得いたしました」、と(笑)。

ビックリしました。
今までこんなに腑に落ちたスピリチュアルの説明を受けたことはありませんでした。

思うに、やはり人間にとっては、三次元的に理解すること、そして、おしゃべりに忙しい左脳ちゃんにしっかりわかってもらうこと、が大切なのでしょう。

というわけで、私の頑固な左脳ちゃんも天然な右脳ちゃんも、そして私の潜在意識も、YASKAご夫妻のおかげで、ワンネス意識をしっかり腑に落とすことができました。

そして、私は気付きました。
あえて、YASさんはそういう「見えた」「聞こえた」「感じた」がないようにさせられているのだと。見えたり聞こえたりする人ではないからこそ、スピリチュアルなことに興味がなかったり懐疑的な人にも、しっかりと伝えることができるのだと。

だって、ディクシャって一見、とっても怪しいのです(笑)。
もし、超能力や霊能力を持つサイキックな方がそう説明をすると、かえってうさんくささ満載になっちゃいますよね

YASKAご夫妻のセミナーは、サイキック能力なんてない普通の方、そしてエネルギーワークが初めての方でも、十分に良さを実感していただけると思います。

なお、「何も見えないし聞こえないし、ごく普通の人間です」とおっしゃるYASKAご夫妻から送られるディクシャは、ものすごい強力!!です

ワンネス意識を知って「悟り」、覚醒することって、実は、サイキックな力を持っているかどうかなんて、関係ないんですよね。
お二人の持ってらっしゃるワンネス意識の深さと広さに、私はとっても感動しました。

そんな、素晴らしい二日間はあっという間に終わり、
その後に残ったのは、じんわりした幸福感と、ひどい筋肉痛(笑)。←セミナー中にダンスの時間があって張り切りすぎた模様

上田ご夫妻、そして主催者のHiroさん、シャルロットさん。有意義な時間を過ごさせていただき、本当にありがとうございました!!

アウェイクニングコースのセミナー内容については、他の方がいろいろブログ等で紹介されているのでそちらをご覧いただければと思います。すごく楽しい2日間ですよ!

また、YASKAご夫妻のセミナーは本当のオススメですので、ぜひお問い合わせしてみてください。セミナーの他にも、ディクシャの体験会などいろいろなイベントを展開されています。(→ブログ「2012年ONENESSへ」 →ホームページ「ONENESSへの道標」)

また、以下のブログは、関西のディクシャ情報が載っています。
→ ワンネスkansaiブログ http://onenesskansai.blog40.fc2.com/

興味がある方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

なお、最後に、私がディクシャがいいと思った点をあげておきます。

----

事前に送る許可がいらない
受け手のハイヤーセルフへ働きかけて受け取るかどうかを決めてもらうので、一般的なヒーリングのような事前の許可は不要です(ハイヤーセルフが不許可の場合は流れません)。人でも物でも空間にでも、何にでも送ることができます。

1回に送る時間は90秒
一般的なヒーリングは少なくとも20分くらいはゴニョゴニョゴニョ(?)としないといけませんが、ディクシャはたった90秒。送る前に意図すれば、後は無心なって手を当てるだけで相手に届きます。なんてお手軽!

2012年に「悟る」ことに特化したエネルギーである
ディクシャはワンネス意識への目覚めをもたらすため宇宙の中心から届くエネルギーです。シンプルかつパワフルに目覚めを促します。

ハートチャクラを活性化する
チャクラの中でも真ん中の胸のところにあるハートチャクラ(第4チャクラ)は感情や愛に関わる非常に重要なチャクラです。ディクシャは、そのチャクラに大きく働きかけます。ハイヤーセルフとのつながりも深まります。

----

今後は、ディクシャを使って、無料一斉ヒーリングなどをしていきたいと思っています。
滋賀でディクシャ体験会なんかもできたらいいなぁ!
本当に素晴らしいエネルギーなので、ぜひみなさんもご体験くださいね。

ワンネスの「悟り」の段階にもいろいろあって、私はそのほんの一歩(半歩?)を踏み出したに過ぎません。
これから更に学びを深めていきたいと思います。

ありがとうございます。
愛と光をこめて。

----

癒しの風foomiのホームページはこちら

 

【無料プチヒーリング実施中】
下記のバナーをクリックしていただくと、クンダリーニレイキが3分程度流れます
↓バナーをクリックしたら、軽く目を閉じ、エネルギーの流れを感じてみてください。
人気ブログランキングへ

心・安全でとっても美味しい22年度米と、無農薬野菜たっぷり詰め合わせ

過去世は潜在意識下の規制のひとつ

こんにちは! 癒しの風foomiのファーラです

さて、ここのところ、自分の過去世をあれこれ書いたりしていますが、読まれている方は、あまり過去世だけにこだわり、とらわれないようにしてくださいね

自分で過去世の話ばっかり書いてるくせになんだよ的な感じですが(爆)、たまたま私が過去世を手放す段階に来て、浮き上がってきたものを公開しているものなので、全ての人にその過程が必要なわけではないからです。

以前、キャンペーンで『過去世リーディング』をさせていただき、現在起こっている問題の原因となる過去世を読んでお伝えしたことがあったのですが、大変悲惨な過去世をお持ちの方にリーディング結果をお伝えしたところ、そちらの悲しみに引きずられて前より辛くなられた方や、「へ~、おもしろい!」だけで終わった方や(笑)、歴史上の有名なリーダーの記憶を持つ方が、知って天狗になられた方など、いろいろな方がいらっしゃいました。←あ、でも、有名人が出てくるとうれしいものなので気持ちわかります

もし、過去世を伝えられたり、ご自分で思い出された方は、それは全て、知る意味があったからです。

過去世を知った時は、どう受け止め、今にどう活用していくかが大事だと思います。

ちょうど昨日『タエヌのスピリチュアル日記』で、「思い出した過去世や今世の記憶の扱い方」という記事があがっていてわかりやすく書かれていましたので、過去世の受け止め方の詳細は、記事を読んでいただければと思います(→こちらから)。

ところで、長居和尚さんによると、実は過去世から持ち越して来ているカルマというのは少ないそうです。
そういう意味でも、過去世にばかり意識を持って行かないほうがいいかもしれません。

ちなみに、私たちが潜在意識に持っているチャージ(潜在意識下に抑え込みため込んだ感情)には、過去世からだけのものではなく、他にもいろいろあります。

過去に創り上げた潜在意識下の規制
ディクシャトレーナーYASKAさんの資料から)

1)過去世からの影響(歴史的レベルのもの)
2)受胎から出産直後までの影響(浮遊記憶として留まる)
3)7歳くらいまでに作りあげられた理屈のない確信(トラウマ。核となる思い込みのレベルのもの)

この他にも、先祖から受け継いだ記憶(遺伝的レベルの思い込み)、浮遊記憶(無意識下で経験)、深いものだと、魂レベルでの思い込みなどもあるようです。

これからの潜在意識下の規制が、全て今に影響していますので、過去世だけでなく他の部分の解放もしていく必要があります。

特に、今世での幼少期の家族との関係、親子関係はとても大きいものがあると感じています。

ということで。
これからも、私のブログでたまに過去世ネタが出てくるとこともあると思いますが、その時は生あたたかく見守ってくださいませ

それでは、今日もいい一日を…!

----

癒しの風foomiのホームページはこちら

 

【無料プチヒーリング実施中】
下記のバナーをクリックしていただくと、クンダリーニレイキが3分程度流れます
↓バナーをクリックしたら、軽く目を閉じ、エネルギーの流れを感じてみてください。
人気ブログランキングへ

心・安全でとっても美味しい22年度米と、無農薬野菜たっぷり詰め合わせ

2011年12月14日 (水)

加害者意識、引き続き

おはようございます。癒しの風foomiのファーラです

最近、すっかり紅茶党になって、毎日ミルクティーばかり飲んでいる私です

長いこと熱烈なコーヒー党だったのですが、少し前から嗜好が変わり紅茶等に鞍替えしました(笑)。以前は紅茶は特に好きではなかったのですが(というか苦手でした)、エジプト&イギリスの過去世でのブロックが取れたのが原因か、紅茶嫌いがなくなり、今やすっかりはまっています。

エジプトの過去世は先日書いたのですが、イギリスの過去世については、先日、「ひどいことをしてしまった」「悪いことをしてしまった」という加害者意識が出て来ててドロドロになっていた時、芋づる式に浮き上がって来たので、いいタイミングで解放することができました。

加害者意識が出て来ていたとき、とてもしんどくて、友人にセッションしてもらったのですが、その際に

「意味はわからないのですが、イギリスの少年ぽいふたりを見せられました。高校生か中学生ぐらいで、ふたり。ケンカしつつもスクールライフ満喫なイメージ。」

と言われ「???」だったのですが、2日経って、友人のMちゃんにあるエネルギーの伝授をしていた時、突如として過去世の情報がダウンロードされてきました。

見えたのは、イギリスの若い近衛兵(王族の門番とかをしている、黒い長い帽子をかぶって赤い制服の兵隊さん )。私のようです。

彼(過去世の私)と仲良しの友人(過去世のMちゃん)は、休みの日に狩りに出かけ、動物を撃つつもりが、人間を謝って撃ってしまい、そして…そのまま逃亡!!!
気があまりに動転してしまい、「逃げよう」ということになって逃げたようです

助けを呼ぼうともせず、当然謝りもせず、そのまま逃げた、と。
…な、なんてひどい奴でしょ…

その人生では、私はその時の後悔で重~い加害者意識にさいなまれたまま、一生を終えたようでした。

この映像を見せられた時、とても腑に落ちました。

というのも、私は小さい頃から「人を殺した…逃げなければ」「どうしよう!とうとう見つかってしまう!」という夢をよく見ていたのです。あまりにそんな夢ばかり見るので、たまに「ほんとに誰かを殺したんだろうか?」と夢とも現実ともつかない感じになることがありました。

また、理由もわからずイギリスが嫌いで「イギリスだけには絶対に行きたくない!」と思ってました。イギリス英語を聞いても気分が悪くなるというか…。

さらに、突然思い出したのですが、小さい頃、お土産でイギリスの缶に入ったクッキーをもらい、その缶に描いてあった絵の中にイギリスの近衛兵が描かれており、ものすごく嫌な気持ちになったことがありました。おそらく、小学校低学年か幼稚園の頃かと思うのですが。

そんなわけで、前世から持ち越してきた加害者意識の持ち越し分が連動して出て来て、しばらくの間ドロローンとなっていました。

被害者の立場より、加害者の立場の方が認めるのはうんとキツいです。もう、苦しくて苦しくて、おえええええ~~です。
だって、悪人(の立場)だった自分なんて認めたくないです。ずっといい人でいたいじゃないですかぁ~~!(本音)

その後も、芋づる式に出てくる出てくる!! 加害者の立場だったシーンが次から次へと…_| ̄|○
私、過去世でなんて大悪党だったんでしょうか!! Oh!! No!!

でも、そりゃあそうですね。
学びのために転生しているのに、ず~っと善人で同じことばっかりやってるわけがありません。それでは、魂は成長しませんから。

それに、今までの地球では戦いの歴史が長いですから、立場によって、敵方の人を殺したり、戦略のために相手を裏切ったり、命令に従ってひどいことをしたり…、どんな立場や環境にいるかによって、いろんなことがあったはずです。

時代を変え、立場を変え、職業を変え、性別を変え、身分を変え…
私たちはいろんな経験をしてきたのでしょう。

そう考えると、今、意地悪だったり、悪人をやっている人も、単なる役割を演じているだけであり、そういう人も認めることができるようになるかもしれません。

今、あなたの目の前でイチャイチャしててちょっとムカつく(笑)ラブラブなカポーがいたとしても、彼らは過去世で、犬猿の仲だったり、怨念ドロドロな関係だったのかもしれません。その学びが既に終わったからこそ、今世ではラブラブになっているのかも~?

そういえば。
ワンネスディクシャのトレーナーである奈良の上田ご夫妻は、今まで一度も夫婦喧嘩をしたことがないという奇跡のような(笑)ラブラブなご夫婦なのですが、

「多分、ケンカはもう、前世までで十分してきたんでしょう

とおっしゃってました。
私たち夫婦はまだケンカをし足りてないのかも…?

そんなわけで、今世では、あなたのその目の前にいる憎っくきお方は、実は前世であなたがひどいことをした人かもしれません。目くじらを立てず、抵抗せず、その人のありのままを見て受け入れることができたとき、関係は変わっていくかもしれませんね。

そんなわけで、またもや、どうでもいい個人的な過去世の話を長々と書いてしまいました

さて、次の記事こそは、ディクシャのアウェイクニングコースのことを書きますね。

それでは、しばし、バイナラ~~

----

癒しの風foomiのホームページはこちら

 

【無料プチヒーリング実施中】
下記のバナーをクリックしていただくと、クンダリーニレイキが3分程度流れます
↓バナーをクリックしたら、軽く目を閉じ、エネルギーの流れを感じてみてください。
人気ブログランキングへ

心・安全でとっても美味しい22年度米と、無農薬野菜たっぷり詰め合わせ

【転載】意乗り直し

こんばんは! 癒しの風foomiのファーラです

先日の土日、私は「ワンネスディクシャ」のアウェイクニングコースに行ってきました。
(ディクシャについては、OnenessNipoponONENESS.JP のサイトをご覧下さい。)
この後の記事に感想を書く予定ですが、本当に素晴らしい2日間で、幸せで胸がいっぱいになりました。

その時に出会った、甲賀市に住むディクシャギバーのHiroさん。
素晴らしいクリアなエネルギーを持った彼女が書いてくれた日記を今日はシェアします。

というのも、最近、私を含め、周辺で「人を助けたい…」「人をなんとかしてあげたい…でも、うまくいかない…」という感情が出ている人がとても多いのです。グループソウルの共通の今の課題として、「人を助けたいというエゴに基づく思いを手放す」ということがテーマになっているのかもしれません。

ちなみに、文中のmanaさんは、『空(くう)-舞い降りた神秘の暗号』とその続編、『空(くう)―天翔(あまか)ける歓喜の弥栄(いやさか)』を書かれた方です。
http://www.amazon.co.jp/dp/4434151258
http://www.amazon.co.jp/dp/4434160907

素晴らしいエネルギーの本なので(手に取ればわかりますよ~)、ピンと来た方は買って読まれるといいと思います。すすめておきながら、私はお取り寄せ中でまだ読んでないのですが(笑)、明日届くかな?

私の近くにいる、ある女性が…(スピリチュアルな話は好きだけど、ドップリとその世界の人間というわけではない女性)が、私にこう話してくれました。

「皆が皆って言うわけじゃないけど…
スピリチュアルな業界の人は、妙に上から目線な人が多いから、
そういうタイプの人に出会うたびに、「またか!」と思うし、どうしても嫌いだわ~」と…。

彼女がそういった性質の人に出会う、
そして、そういった性質自体を彼女が嫌う(フォーカスしてしまう)のは、
実は彼女自身の内側に、それ相応の理由があるはずなのですが、
それはここでは置いておくとしまして…。

彼女の言葉を聞いて、
mana先生の講義の中で聞いたお話を、ふと思い出しました。

「私のエゴの恥を晒すようですが…(笑)」と前置きをなさってから、
教えてくださったのはこういう事でした。

manaさんは昔、「人生が思うようにいかない!」と、苦悩する人々を救いたくて、
「現実ってそうじゃないわ!!なんとかわかってほしい!」という思いから、
クライアントさんやご友人のカウンセリングをなさっていたのだそうですが、
どんなに熱意を持って働きかけても、
ちっともわかってくれない人、果ては食ってかかる人までいて、
「どうしてわかってくれないの!」とイライラしていた時期があったのだそうです。

そんな時、manaさんがハッと気付かれたのは、

「そうか!そうなんだ!
 私は、本当は、わかってほしくないんだ!」

ということでした。

心の中ではこう思っていたのです。

この知識を、本当は自分だけのものにしておきたい
自分だけが“凄い人”でいたい
皆に悟られてしまっては困る
あくまでも私が“一段上に立って人に教える”立場でいたいのだ!

と……。

だから、そのような意図がそのまま現実化していただけだったのだと。
他の誰でもない、自分がオーダーした通りの現実を開いていただけ。

ここでmanaさんが取られた行動は、“祈り(意乗り)直し”です。
全ての人を神として見る!と、意図し直したのです。

本当はそれが真実なのだと忘れていたために、
エゴのゲームにハマっていた事に気付き、
体験したい現実を選び直したのです。

皆、内側に神性を秘めている。

「なんとかしてあげなければ!」というのは、
その神様たちが自分で解決する能力がないと見下しているのであり、
神への侮辱に他ならない。

実は非常に傲慢な思考なのだとおっしゃっていました。

皆が神だ!皆が凄い力を持っている!
…という現実を意図し直すと、それからの状況は驚くほど変化したそうです。

ヒーラーなど、スピリチュアルなお仕事に携わっている方々に限らず、
カウンセラーや、医療関係の方々にも、その事は是非知って頂きたい、とおっしゃっていました。

私自身も散々、身に覚えのあることだったので、
耳に痛いと同時に、なんだか笑ってしまいました( ´艸`)
(ディクシャを続けていく中で、そのようなエゴからは徐々に解放されていきましたが…)

そのお話を聞いて、アドバンスコースから帰ったきた直後、
私はまず、自分の職場にいる、
周囲の多くの人から“我が儘で、自己中心的で、厄介な人”として
知られている女性に注目してみました。

せめて今日一日だけでも、私だけでも、
彼女を“そういう人”として“予期”するのをやめてみよう。
彼女も偉大な神の一部なのだ
私に気付きを与えてくれる光輝く神なのだ

と、意乗り直してみました。

すると、変化は即訪れました。

それまでのような不遜な態度はどこへやら、
ちょっとした事でも私に謝ったり、感謝したりなさるではありませんか!

しかもその日は、よく私のところへ来て、
楽しそうに色々なお話をされました。

私もそれが、ちっとも嫌ではありませんでした。
とても穏やかな気持ちでした。

素晴らしい体験をありがとう、○○さん!

「クライアントを患者だとか、悩みがある人だとか、そういう見方をしないようにね」
manaさんの著書にある言葉です。

私の場合、お相手は職場の同僚でしたが、
どのような関係においても言えることなのだと、実感した出来事でした。

補足:文中のmanaさんが意乗り直しをなさるところでは、
「人の成長を心から喜べるような自分になる!」とも
オーダーなさったと聞いています。
そして、“今この瞬間”から、“もうそうなった”と意図する、
前祝いをしてしまう…
これ大事ですよね~

ほんとにハッとする記事でした。

どんな人でも、相手は神の一部。宇宙の根源の魂のかけらを持っています。
「教えてあげなきゃ」「助けてあげなきゃ」って、エゴなんですよね。

素晴らしい気付きの記事をありがとうございました!

----

癒しの風foomiのホームページはこちら

 

【無料プチヒーリング実施中】
下記のバナーをクリックしていただくと、クンダリーニレイキが3分程度流れます
↓バナーをクリックしたら、軽く目を閉じ、エネルギーの流れを感じてみてください。
人気ブログランキングへ

心・安全でとっても美味しい22年度米と、無農薬野菜たっぷり詰め合わせ

2011年12月 8日 (木)

【補足】光の道を目指す人は「邪」や落とし穴に気をつけて!

こんばんは! 癒しの風foomiのふうみです

今朝書いた「光の道を目指す人は「邪」や落とし穴に気をつけて!」の記事ですが、私の書き方が悪かったようで、「私のやっているワークは大丈夫でしょうか?」「今度○○○○というスピリチュアルなセミナーに行くのですが心配です…」「どれが危険か教えてください」とたくさんメールやお問い合わせをいただいたので、補足です。

私が記事を書いたことの本意は、「自分の直感を大切にすること」にあります。

個別に、どれが悪いとか、いいとか、ということを言いたいわけではありません。
また、項目としてあげていることは、ある方がおっしゃっていたことで、それが全て正しいと言っているわけでも、思っているわけでもありません。それは、個人個人で検証&判断していただければいいことです。
(『シリウス文明がやって来る』でKagariさんがいつも書かれていますが、書いてあることをそのまま信じるのではなく、ご自分でペンデュラムなどを使って検証してみられるといいですね。)

この時期だからこそ、自分の直感を信頼し、自分自身をしっかりつながる。そのことを忘れないように、というメッセージだと私は認識しています。
直感というのは、守護してくれてる存在たちからのメッセージなので、いつもしっかりつながっていれば、あらゆる災難やトラブルから守られる、と、そういうことだと思います。

例えば、とあるワークショップが開催されるとして、自分で「何かひっかかるな…」ということがあっても、例えば、とても仲のいい近い人や、尊敬する先輩たちが

「これ、すごくいいわよ」とか
「これで、ものすごく能力がアップしたから、あなたも参加するべきよ」とか
「あのセッション、最高に効果があったの!」

と言えば、行く人が多いのではないでしょうか?

で、実際に行ってみると「あちゃ~、これは私には合わなかった…」と。
そういう経験がある方、いますよね?

スピリチュアルなことに限らず、レストラン選びなどもそうです。
美味しいと周りの人が言っていたり、クチコミのサイトで評判がいいので行ってみたところ、全然自分の好きな味でも雰囲気でもなくて、納得いかない思いをされた経験、ありませんか?(私はいっぱいあります…

周りの人の言うことや、周りの人の価値・評価を絶対的に100%信じるのはよしたほうがいいでしょう。
それは、「聞くな」と言っているのではなく、それだけに「盲信しない」ということです。

もし、周りの人がした評価と自分が感じたことが違うなら、自分の内面のほうを信用すべきでしょう。また、何か批判が来た時は、反発・反論したり、反撃したりするのではなく、謙虚に受け止めて、内観したり自己観察をすることも大切です。

もし、自分の選択が後で間違ったものだとわかったとしても、それはそれでいいのかもしれません。
何事も最高最善で起こっていることであり、間違えることも人生の勉強の一つとして、計画されたことかもしれませんからね

ひとりひとり人生のテーマは違います。あの人には必要でも、自分には必要ないものがあります。あの人にはピッタリでも、自分には全く合わないものもあります。

心配や恐れは手放し、リラックスしながら自分の直感を信頼していきましょう!

ありがとうございます。
愛と光をこめて。

----

癒しの風foomiのホームページはこちら

2011年12月 7日 (水)

光の道を目指す人は「邪」や落とし穴に気をつけて!

こんにちは! 癒しの風foomiのふうみです

書きたいことは多々あれど、毎日の展開が早く、全くアウトプットが追いついていません。忙しい割に眠気も半端なくて、また、寝ていても、夢の中で講義を受けていたり(睡眠学習?)、過去してきたことへの後始末などもしているようです。

最近、やたらと「書かなければ」「発信しなければ」というのを強く最近感じるので、これからブログもペースアップしていきます。

さて、過去世のエジプト時代に王であった夫ですが、やっぱりムフフだけではカルマは消去できてないらしく(抜けるのは第一チャクラのカルマだけなので、残りは自分たちでやらないとネ)、翌日調子が悪いと言うので夫にヒーリングをしてみたところ、夫のハートチャクラは悲しみと孤独感でいっぱいになってました ヒーリングしているこちら側まで悲しくて涙が出てきます…

私の過去世が出て来たことに連動して、夫にも悲しみと寂しさが浮き上がり、夫は家で「ハーっ…」と大きな溜め息をつきながら「調子が悪い」「気分が悪い」とずっと言っています。普段の夫は、会社から帰ってもすぐに遊びに出かけて家にほとんどいないという小学生男子並みに元気な人でありますが、最近はずっと家にいて、お行儀が良すぎて気持ち悪い(笑)です 

でも、昨日あたりから彼のほうも、だいぶ抜けてきたような気がします

昨晩は、例のアロマのリリースキットを夫に試してもらったのですが、私と同じくインナーチャイルドを癒す「YLチャイルド」のオイルがとてもキテるらしく、香りをかいだ途端「オエエエエエ~~!と叫んで咳込んでました ←ちょっと喜んでいるSな私。イヒヒ。
夫はスピリチュアルな人ではないので、伝えるのが難しいのですが、いい感じに浄化も進んでいるようです

夫は、普段はとてもポジティブなのですが、調子が悪い時の“悲しみに似た怒り”が、とても強い人でした。その原因は、エジプト時代の悲しみにあったのかもしれませんね。(もちろん、他にもまだあるでしょうけどネ

----

さて、前置きが長くなりましたが、今日は光の道に進もうとされてる方への注意を書きたいと思います。

この時期、スピリチュアルなことに興味がわいてきたり、「ヒーラーになりたい」「目に見えない世界に興味があり、サイキックな力を身につけたい」「自分をもっと高めていきたい」という方もどんどん増えて来ている気がします。それは、とても素晴らしいことです!! 多くの方々に光の道に進んでいただけたらと私も思っています。

しかし、この時期特に注意していただきたいことは、光のふりをした闇やトラップ(罠)には十分気をつけてください、ということです。

というのも、先日、数人の方へのヒーリングを設定していたときに、上からその警鐘をまた鳴らされたのです。

光のふりした闇に気をつけなさい

と、はっきりメッセージがありました。その時に設定したヒーリングエネルギーは、オリオンにいる同志から送られて来たもので、今回の対象者がライトワーカー(ヒーラーさんたち)が多かったので伝える必要があったのかと思いますが、こんなことは珍しいのです。

そしたら、さきほど、10月に出会った広島のワンダラー君からメールが来て、その中にも同じようなことが書いてありました。転載します。

----

『邪』なものなど、落とし穴には充分お気をつけてください。本格的な次元上昇を間近に迎えて、光も闇も、正も邪も、様々なエネルギー、思念が入り乱れ、飛び交っているのを感じます。

何かへんだな、と思ったり、心身に違和感を感じられたら、ご自身の内なる声に耳を傾けて、 直観で判断をされることがいいと思います。

Mさん(注:宇宙人整体師のおじちゃん)も今の時期に落ちたらなかなか厳しい、みたいな事をおっしゃっておりましたので、お互いに充分気をつけてまいりましょう。

----

アセンションを前にしたこの時期に闇に落ちたら厳しい、ということは他にも警鐘を鳴らしている人がいます。
あるスピリチュアル研究家のM氏(注:宇宙人整体師のMさんとは違う人です)で、その方も講演会で強調してらっしゃいました。

M氏によると、地球は現在アセンションのゴール直前にいて、そのまま進めばアセンションできる状態であるそうです。だからこそ、闇の存在であるFA系(フォーリング・エンジェル。堕天使。闇に堕落した者)はとても焦っていて、いろんな仕掛けをして抵抗して来るから、今この時期こそFA系の罠に注意しなさい、と強く強くおっしゃってました。FA系は特に、元々高次元の存在だったものが墜ちた者なので、力は強力で、強い光を発していたりするので、気付かない人が多いそうです。

M氏のおっしゃっていたことの一部を、差し障りのない範囲で紹介します。
(※項目としてあがっていることが全て正しいと言っているわけではありませんので、読まれた後は、ご自身でしっかり検証作業をしてください。)

----

一気に何かを加速させるようなヒーリングエネルギーやワークショップには危険なものがあります。意識が一瞬スッとしたりするので、だまされないように注意してください。
→ 具体的に危険なワークの名称も聞きましたが、ここでは公開できません。そのワークについて、彼は「超ヤバイ!」とおっしゃってました。何かを埋め込まれるとか。

棚ぼた的なことは、ガーディアンはやりません。
→ ガーディアンとは宇宙の守り部隊の高次元存在です。しかし、何かが物質化されたり、すごいものを見せられたり、自分の欲やエゴに対して、奇跡のような棚ぼた的事象が起こったりする場合、それはガーディアンのしわざではありません

天使のチェーンメールは危険です。
→ 一時期流行りましたね。ロウソクをずっと灯して、数日天使と過ごし、願いごとをし、次の3人へと天使を送り出すという。やろうとしている人はやめましょう。罠の一つとのこと。

幻を見て、それに惑わされない。
→ 今後、教会やお寺などで、高次元の存在の幻が出現したと話題になることがあるかもしれません。たくさんの人が集まりますが、それは危険です。闇の存在は、光に化けることは簡単なのです。特にやたらと光っているような存在ほど、怪しいと思ったほうがいいです。そういうところに行くと、魔のエネルギーを埋め込まれます、とのこと。

----

先日のセミナーで長居和尚も言われてましたが、どんなに波動が高い人であっても、一晩で闇に落ちることがあるそうです。

だからこそ、光に向かって行こうとしている人は、そういう罠や仕掛けには十分、気をつけてください。

大切なのは、自分の直感を大切にすることです。

「なんだかおかしい」「何か気になる」…そういうことがある場合は、迷わず自分の直感を大切にしてください。直感とは、守護してくれている存在からのアドバイスです。

アセンションが近いからと焦ってはなりません。焦って、「邪」なもの「闇」の存在の罠にかからないように、ライトワーカー、そしてライトワーカーを目指している人は、十分に注意してください。「魔」の存在は、確実にいます。

それと、スピリチュアルに興味が出て来てすぐの状態の時は、その光輝く美しい精神世界に心酔して

「わ~、光の世界ってステキぃ~ キラキラ~

となるものですが(笑)、キラキラしすぎることも、実は危険だったりします。
私も一時期そっち方面に行きすぎてヤバいことがありました(爆)。

私はそうした時、それをちゃんと注意してくれた方がいたので助かったのです。客観的に自分を見てくれ、自分が変な方向に行こうとしているときにちゃんと指摘し、苦言を呈してくれる友人、ソウルメイトたちの存在は、とても重要です。

また、自分に対して批判する人が出てくる場合もあると思いますが、そういう人は、とても重要なメッセージをくれることが多いのです。拒絶したり、否定したり、攻撃し返したりする前に、よくよく内省してみましょう。

いずれにしろ、独りよがりになって、自分のやっていることを盲信しないように気をつけてください。

常に自分を客観視し、少し上のところから自己観察することはとても大切です。
冷静にクールに自分を見る目を持っておくことです。

ヒーリングなどのワークをしていくと、第三の目が開いたり、自分の思うように現実化ができるようになってくるので、「俺ってスゴイ!」「私はなんでも出来る!」という気分になって来ることが多いです(笑)。もちろん、自分に自信を持つことはすごくいいことですが、そういう時こそ、謙虚でいることを意識することも大切だと思います。

自分を盲信しすぎて過信すると、一気に魔に転じてしまうこともあります。ダースベーダーが闇に落ちたように。私の知り合いでも、サイキックな力を持ちすぎて、自分で気付かぬうちに闇に転じてしまった人もいます。

お互い気をつけていきましょう!!
今回の記事は、自分への戒めの意味をこめて書きました。

#ほんとは別のネタを書くつもりだったんですが、こちらのを先に書いた方がいい気がしたのでアップします。その他の記事はまたのちほど。

ありがとうございます。
愛と光をこめて。

----

癒しの風foomiのホームページはこちら

2011年12月 4日 (日)

エジプト時代の愛欲ドロドロ物語

こんばんは! 癒しの風foomiのファーラです

最近、某SNSで、関わりのある方々から「エロスピ・リーダー」とかなんとか呼ばれておりまして(笑)、いったいどうしたことだろう?と思っていたのですが、どうも私自身、男女の性、陰陽の交わりについて、知覚すべき時が来たからのようです。

現在、地球は陰陽の統合の時代へと入ってきています。
長い間積み重ねられてきた男女間の確執やカルマを手放すべき時が来ているのを感じます。

先日の西村依里子先生のセミナー(その2)の記事でも紹介したように、欲望のためではない純粋な愛の交換による性エネルギーは覚醒のために大きな意味がある、ということを、私自身が知らなければならなかったようです。私が過去世に作ったカルマ解消のために。

実は、西村先生のセミナーに前後して、エジプト時代と思われる自分の過去世が出て来ていました。愛欲ドロドロ、お昼の奥様向けのドラマのような内容でございました。

その過去世が出て来たきっかけは、ある人のブログの記事。
その人と私は接点はほとんどなく、会ったこともありません。しかし、彼の記事を読むと、たま~にひっかかる時があり、「この感情はいったい何??」と思っていたのです。

ある日、彼のブログの記事を読んでいると、記事とは全く関係ないのに、突然メラメラと怒りが湧いてきました。そして、突然

「この犬憑きのくせに、偉そうに!」

と激しい怒りが湧いてきたのです。
「い、犬憑き?? なんだこれ??(?_?)」
と思っていると、突然フラッシュバックのように過去世の情報がダウンロードされてきました。

見えたのは、エジプトの犬の神様。
私はそれまでエジプトには興味がなく(ブロックがあったので見れなかっただけかもですが)、知らなかったのですが、エジプトにはアヌビスという頭が犬(?)の神様がいるのですね。

ブログを書いている彼の過去世の一つに、その神様に仕える神官だったことがあるようでした。私はその時、エジプト王に仕える女官(側女)でした。

その神官の彼と私はムフフな仲になり、宇宙と一体化したようなエクスタシーな体験をしていたようです。しかし、彼がそのことを王にしゃべってしまったせいで、王は怒り、私は捕らえられて殺されたようです。

情報がやってきた途端、急に喉のあたりがグッと詰まって苦しくなってきました。

「なぜ王に言うのか! このおしゃべり男!」
「二人だけの大切なことを、王にしゃべるなんて!」
「愛していたのに、裏切った!!」

という怒りと悲しみの感情が、どんどんどんどん出て来ます。
数日間その感情に翻弄されて一人で悶々とする私。その人とは会ったこともないのに(笑)。

しかし、その感情は、数日経って、あることに気付き、抜けて行きました。

西村先生がセミナーでおっしゃっていたことをふと思い出したのです。
それは、「本当に愛し合う男女が、深く愛し合ってエクスタシーを得ると、禊ぎが起こります」という言葉。

当時、神官とのムフフで、宇宙と一体化したような感覚を得たということは、つまり、女官と神官は、本当に愛し合っていたのだ…と気付いたのです。本当に深く愛し合った状態の男女でないと、そういう状態にはならないからです。

そうか!! ちゃんと愛されていたのか!!

それがわかって、号泣です

2000年も前(もっと前?)に裏切られたと思い、怒りと悲しみを抱えたまま死んでいった女官の深~い恨みのような感情が、その時、一気に昇華していくのを感じました。彼女の思いは、2000年たって、やっと昇華されたのです。大粒の涙が流れてきました。

その事件の真相はこうです(私が受け取った情報なので実際は違うかもしれません)。

ある日の夜、王は女官の部屋に行ったのですが、女官は不在でした。神官のところに逢い引きに行っていたのです。王は怒り、翌日、女官に聞きます。
「昨夜はどこへ行っていたのだ!」
女官はお茶を濁して、適当なことを言います。王はその時、直感で
「男がいる。一体誰なのだ!」
とピンと来ます。
時の権力者なので、調べるのは簡単。相手が神官だと知った王は、怒りに任せて神官を呼び出し、ことの真相を問い詰めます。

問い詰められた神官はしゃべったようです。そして、女官を妻にめとりたいと申し出ます。
しかし、王は実はその女官が好きだったため、嫉妬で激怒。

女官は、急に王が冷たくなっておかしいと思い、王に理由を聞いたところ、神官が全てしゃべったと言うのです。女官は驚きます。「なぜ秘密を王に話したのか?」と。女官は側女なので、王様の持ち物なので、関係がバレると身が危険なのです。

女官と王の仲はどんどんこじれ、気持ちを取り返したい王は、力ずくで彼女を自分のものにしようとします。女官はそれに反発。結局捕らえられ、処刑されたようです。

ちなみに、その時の王とは…なんと、今の夫でした

王と夫の共通点を考えると、いろいろと腑に落ちることがいっぱいあります。
嫉妬深いところがあったりとか、浮気に対して警戒しすぎなところとか。

反対に私は、夫とケンカになると「力ずくでなんでもできると思わないで!」とか「あんたは王様じゃない! エラそうになんなの?」と言ってました。

まさか、ほんとに王様だったとは(笑)。

面白いことに、その情報のダウンロードが来て、神官に対する愛と恨みの思いが出始めた途端、連動するように、夫の様子もおかしくなりました。
朝起きて「君が浮気している夢を見た…気分が悪い…」と言ってきたり、マメな人ではないのにしょっちゅう電話をかけてきたり、「急に寂しくなった…」と言って強く抱きしめてきたり。出て来たことに連動していて驚きました。夫はスピリチュアルな人(?)ではなく、この話は全くしていないのに、です。

そして。
その愛欲ドロドロの過去世の感情の最終的な解放は、どうやって起こったかと言いますと…。

西村先生のセミナーで「愛とは、集中と理解」と言われていたので、それを二人で意識しながらベッドでムニャムニャ(笑)したところ、それで完全に抜けたようです。
なんともすごい神秘の性パワー!!(笑)

その時にわかったのです。王は女官を愛していたんだ…と。
王にしてみれば、愛していた女に裏切られて傷付き、怒りに震え、衝動的に捕らえて殺せと言ってしまった。後でひどく後悔したが、時は既に遅く、彼女は殺されてしまった。しかもそれを命令したのは自分。

…それはそれは苦しかったと思います。愛する人に裏切られ、最終的には自分の手にかけたのですから。

今は、王だった時の夫のカルマも、一緒に解消できたかな?と感じています。
ここ最近、夫は情緒不安定になっていて、「どうしたんだろう??」と思ってたみたいですが、今はニコニコして落ち着いています。

こうやって、過去世の因縁は抜けて行くんだな、と、自分達のことながら勉強になりました。

今でもたまに夫がファラオの格好で見えることがあります。その時は横暴な王でしたが、権力があっても人の心をコントロールすることはできない、ということを学ぶための人生だったのでしょう。太陽神の存在も感じるので、きっと彼をサポートしてくださっているのでしょう 

夫は性格的にも太陽のような人で(ラテン男だし)完全なる「陽」の人。私は「陰」です。

夫と私は四柱推命でも「支合」かつ「同一空亡」という、強い組み合わせで、やっぱり強い縁があるようです。他の過去世でも、親子だったり、夫婦だったり、同じ時代に何度も一緒に生きています。

そんなわけで身近な人との過去世を紐解いていくと、意外なことがわかっていくかもしれません。

この時代は、今までの魂の大冒険の精算の時期に入っているのだと思います。
浮き上がってきたカルマや、不要な思いは、どんどん手放して行く時ですね。

というわけで、何千年か前の殺し・殺された、愛欲ドロドロな私たち夫婦の過去世の話でした。
しかし…何千年も前の話だなんて…古すぎて参考になりませんが

----

癒しの風foomiのホームページはこちら

 

【無料プチヒーリング実施中】
下記のバナーをクリックしていただくと、クンダリーニレイキが3分程度流れます
↓バナーをクリックしたら、軽く目を閉じ、エネルギーの流れを感じてみてください。
人気ブログランキングへ

心・安全でとっても美味しい22年度米と、無農薬野菜たっぷり詰め合わせ

2011年12月 1日 (木)

西村依里子先生セミナー(その2)

こんばんは、癒しの風foomiのファーラです

お待たせしました! 西村依里子先生のセミナー内容の続きです。
前半の(その1)の記事をアップしてから、また一気にいろんな気付きがありまして、全然シェアが追いつきません また、少しずつお話ししていきたいと思います。

そうそう、西村先生のセミナー当日の11月11日午前11時11分。
私は電車の中にいて、あるお祈りをしていたのですが…。
しばらくすると、上から「祝福」というメッセージが降りてきました。

その時、世界が変わったような不思議な感じがして、窓の外の美しい景色に見とれていました。琵琶湖線は、田と畑、そして遠くの山々、青い空のコントラストがとても美しく、景色が最高なのです。滋賀は素晴らしところがいっぱいありますので、ぜひお立ち寄り下さいね

と、地元の宣伝はここまでにして(笑)、そんな「祝福」の日に開催されたセミナーのお話の続きに戻りましょう。

セミナーの後半、西村先生は、アロマを使ったマッサージやヒーリングで、たくさんの奇跡が起こった話をされました。参加者一同、何度も涙ぐむ場面がありました。

西村先生はマリア様から

「本当の奇跡とは、愛のないところに、愛が生まれることです」

と伝えられたそうですが、そんな奇跡が、先生のアロマとマッサージではたくさん起こってきたそうです。

半身麻痺になり、有名な霊能者やら中国の気功師やらに何千万も支払って体を治そうとしても治らなかった人が、先生のアロママッサージで歩いて帰られたお話とか。

弟子さんの友人が脳溢血で倒れ、医者からももう助からないと言われたが納得できず、西村先生に電話でヘルプを求め、先生の指示通りにアロマを調合し、指定したように飲ませたところ、奇跡が起こり、数日経って元気に退院されたお話とか(お医者さんは唖然)。

憎くてたまらなかった姑が足首を捻挫し、とっさに応急手当としてアロママッサージをしたところ、姑さんは涙を流して「ありがとう」と言われ、それから嘘みたいに関係が好転して憎しみが消えたお話とか。

貧しい国で、家族のために体を売って生活していた少女がエイズに感染し、少女と知り合った生徒のお弟子さん。高熱が出て体液が流れ出るくらいに状態が悪化している少女を、素手で3日間心を込めてアロママッサージをし、奇跡の回復を目撃したお話とか。(西村先生の調合されたアロマは、AIDSやMRSAなどの感染症、インフルエンザ・髄膜炎・肺炎・白血病などの病気にも効果が出ているそうです)。

そんな素晴らしい奇跡のお話をたくさんしてくださいました。
こんなにアロマと「触れること」に大きな力があるとは、衝撃的でした。

時々ウルウルとしながらお話を聞いて、最後に、「禊ぎ」のための奥義を先生が教えて下さるとおっしゃるので、聴衆一同、メモを取る準備は万端でした!!

そして、先生がおっしゃった肝心要の「禊ぎ」の奥義を聞いた途端、メモを取る音は止まり…(笑)。

以下、お読みください

----

★今の人間界は、神界のカルマが反映されている

今の人類の集合意識の底に横たわっているネガティブな感情で、大きいものに「むくわれない」という感情があります。この「むくわれない」という感情は大変強いもので、特に女性の多くがカルマとして持っています。

人類の歴史のなかで、歴史が始まってから今まで、封建社会や男性上位社会などで女性がむくわれない社会システムだったこともありますが、それだけではなく、日本神界においては、イザナミの意識がそこにリンクしています。

※ファーラ注(イザナミとイザナギの悲しいお話)
詳細は古事記等の神話を読んでいただけたらと思いますが、イザナミとイザナギは神話で初めて登場する夫婦です。イザナミはイザナギ(夫)とともに国産み・神産みをしてきましたが、陰部に火傷を負って苦しみながら亡くなります。その後、妻に会いたいと黄泉の国にやってきたイザナギは、イザナミのウジの湧いた死体を見て、怖くなって逃げ出します。彼女は悲しみと激しい怒りでイザナギを追い回し、最後は大喧嘩の末(?)、別れます。

女性は、勝手に我慢している人がとても多いです。まさに、「上の如く、下も然り」で、日本神界でのイザナミの意識が、私たち人間の女性の意識とリンクして、暗い影を落としているのです。

つまり、女性の「報われない」「我慢しなければならない」という無意識的な感情は、神々が作ったカルマの反映なのです。

女性のみなさん、我慢をしてはいけません。言いたいことは言いましょう。やりたいことはやりましょう!

我慢は、傷付きたくないから自分を守るために無意識的にする行動です。我慢してもいいことなんて一つもありません。長い間カルマとして存在してきた、「報われない」という感情がそうさせているだけなので、ひとりひとりの意識でもってそれは解除していくことができます。

男と女は脳の構造が違います。女性は表情認知脳が発達しているので、空気を読みすぎるところがあります。人の表情で相手の気持ちをくみ取ったり、空気を読みすぎるので、そちらに知らず知らず合わせてしまって我慢している部分があるのです。そうするとどんどん苦しくなります。

女性は、我慢をせず、自分の気持ちを素直に言ってください。
「○○するのはやめてほしい」「どうして○○するの?」と相手を非難するのではなく、「私は○○○だから、悲しい」という風に、自分を主語にして気持ちを伝えるとうまくいきますのでやってみてください。

----

★「覚醒」とは、どんな状態を言うのか

「覚醒」とはどういうものかというと、全てのもの・全ての出来事に対する絶対肯定の状態だと思います。真実を高次元から見ることができ、「恐れ」や「不安」がなくなった状態になることです。

世の中全ては勘違いから成り立っています(笑)。
つまり、人それぞれの思い込みで成立しているのです。

「覚醒」することで、大いなる勘違いから脱し、全てのものとひとつであり、全てのものを肯定できるようになるのです。それは、大いなる愛、ワンネスの世界です。

----

★世界中の宗教が封印してきた「禊ぎ」の奥義

初めに言ったように、カルマ浄化のためには、感情を噴き出させ、「禊ぎ(みそぎ)」をし、浄化させることが大切です。その「禊ぎ」のための奥義を今から言いますす。いいですか?

それは、愛し合う男女が、深く愛し合って本当のエクスタシーを得ることです。
本当のエクスタシーとは、快感のための性行為とは全く違います。
深く愛し合った男女が、「集中力」と相手への「理解」により、本当の愛を体現するとき、それは起こります。まさにワンネスの世界、神からの祝福です。

本当のエクスタシーを得ると以下のことが起こります。

◎ 愛により、極が統合される(ゼロポイントに立つことができる)
魂が十段階アップする
◎ 魂本来の自分に戻ることができる
第一チャクラのカルマを完全に消去できる
◎ 高次元レベルで相手を理解することができる

わかりますか? 本当の意味での深い体のつながりは、とてつもない覚醒のエネルギーとパワーを秘めているのです。

特に、「覚醒」への道として、第一チャクラのカルマを完全に消去できたり、魂のレベルが十段階アップするということは、大変な大きな意味があります。

権力者や世界の宗教組織が、長い歴史の間、ずっとこれを隠し、性をいやらしいもの、けがれたもの、恥ずかしいものだという風にしてきた意味がわかるでしょう。

為政者・権力者にとっては、羊たちに目覚めてもらっては困るのです。
セックスを恥ずかしいもの、汚らわしいものとしておいたほうが都合が良かったのです。

もう一度言います。男女が深く愛し会い、本当のエクスタシーに到達すれば、陰と陽の極が統合され、魂は十段階アップします。

快楽のためにするセックスではだめです。ピストン運動なんて必要ありません。動かなくとも十分感じます。

はい、みなさん、早く帰って、早速実践してください

----

メモする手が一斉に止まった参加者たち(笑)。
引き続きメモしていたのは私くらいのものです

この西村先生が伝えられたことは、非常に大切なことだと思います。

性のことを口にすることは、昔から「いやらしいこと」としてタブー視され、強く抑圧されてきました。特に女性は、話題にするのも恥ずかしがったり、言うのをためらったり、我慢したりする方が多いと思います。そんな性の話題を、女性である西村先生が、陰陽の統合の始まりである大切な日に、女性に対して発せられたということは、どういうことなのか、よく考えてみてください。もとい、よくハートで感じてみてください。

女性は、長い長い歴史の間も、快楽の手段にされたり、蔑まれたりと、長いこと性的な面で強く抑圧されてきており、それに付随して、深い悲しみと報われない思いを集合意識としても抱えてしまったのでしょう。私がセッションしていても、女性はほとんどの人が下の方のチャクラに悲しみを抱えていて、「私は役立たずだ」「女だから何もできない」といった自虐的なまでの悲しみを持っている人が多いのも感じていました。

それを今こそ解き放ちなさい、というメッセージだと私は理解しました。

確かに、本当の男女の深い愛に基づいたセックスというのは、素晴らしいエネルギーとパワーをもたらすものであり、今までの悲しみやらカルマは全て取れてしまうほどの力があることは、直感としてわかる気がします。

というわけで、西村先生、素敵なお話、ありがとうございました!

また、このセミナー内容に関連して、素晴らしい本を何冊かご紹介いただき、読みましたので、また後日記事にしてご紹介したいと思います。

そして…セミナーの参加者の皆様!!
その後のムフフなご報告、お待ちしております

そんなわけで(?)、なんでもすぐ試したい私は、ある日、夫とムフフのときに
「そうだ! 動かない方がいいらしいよ! 大切なのは、集中と理解!」
と夫に言ってみたところ、「??」という顔をされ(多分、「集中」「理解」という日本語がわからなかったのもあるでしょう。笑)、夫はしばらくじ~~っとしていたものの
「ん~、ドウシタライイカ、ワカラナイネ…
と言われ、“一挙に十段階覚醒プラン”は速効で失敗に終わりました(笑)。

長年の性の思い込みというものは、一度には取れないようで、私たちの覚醒への道はまだ遠いようです

#追伸
その後、男女の性的なカルマに関係するエジプト時代の過去世を思い出しました。次の記事で書きます。でも、かなり恥ずかしい(笑)。

----

癒しの風foomiのホームページはこちら

 

【無料プチヒーリング実施中】
下記のバナーをクリックしていただくと、クンダリーニレイキが3分程度流れます
↓バナーをクリックしたら、軽く目を閉じ、エネルギーの流れを感じてみてください。
人気ブログランキングへ

心・安全でとっても美味しい22年度米と、無農薬野菜たっぷり詰め合わせ

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »