2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 医療とヒーリング | トップページ | 太陽と月(その2) »

2011年8月30日 (火)

太陽と月(その1)

おはようございます~! 癒しの風foomiのファーラです。
夜型生活がすっかり定着している私ですが(←自慢にならないsmile)、新月の影響かここ数日やたらと眠く、昨晩は夜12時に眠くて眠くて我慢できなくなり、そのまま爆睡。起きたら朝4時でした。というわけで、今日は珍しく朝からさわやか~に活動していますwink

それにしても、このブログを更新するのも久々になってしまいました。すっかり日記の体をなしておりませんね。ごめんなさいsweat01

更新できなかった間、本当にいろんなことがあり、勉強になる経験をたくさんさせてもらいました。なんだか最近、毎日が非常に濃厚!濃いぃ!wobbly…といった感じです(笑)。

いろんな出会いがあり、最近はシンクロも加速しています。新しく出会った人たちは、もう過去世でも何度も出会っているような人たちで、同じソウルグループなんだろうな~という方ばかり。同じ時期に、同じテーマにつまずいていたりして…日常の会話をしていても

「ん? 私もちょうど同じようなことがあったのよ!」
「私も今そのトラウマが出てきてるみたいで、きついのよね…」

と、毎日のようにそういう会話が飛び交っています。同じソウルグループの人は共通のテーマを持っていることも多いので、一斉に同じ気づきが始まったり、そのソウルグループとして取り組むべき問題が表面化してきたりするようです。

宇宙って、ほ~んとによくできてますhappy01

さて、今日はそんな濃いぃ日々を、かいつまんで(?)ご報告したいと思います。

まず、ことの初めは、8月初旬のこと。

ある方に 総合セラピー をさせていただきました。
その方は、実はとてもサイキックな霊能者の方でした。セッションの最後に、実は、そういうお役目をされていたということを知り、つい「そうなんですか。じゃあ、今度良かったら私をリーディングしてください^^」と冗談っぽくお伝えしたところ…セッションが終わってすぐ、ご親切にメールをくださったのです。
(どちらがセッションを受けてるんだっちゅー話です。笑)

そのメールには、私の家のプロテクトについての注意と、「宇宙からメッセージが聞こえるので、それを伝えます」と書かれていました。そのメッセージとは、

「太陽と太陽と太陽と太陽と」
「月と太陽と」
「火星と木星と」
「天のちからと地球の中心をむすべ」

という4行のメッセージでした。

2行目以降は意味はすぐになんとなくわかりました。
お月様と私は深いご縁があり、いつも月をみていましたし、真夜中の猫2catとの散歩中に、やたらベカベカと光って自己主張してる(笑)星があり、それが火星と木星だったからです。3行目4行目の具体的な意味については、その数日後散歩中に電波を受信(?)し、判明しました(このことはまたいつかご紹介したいと思っています)。

しかし、1行目の「太陽と太陽と太陽と太陽と」という意味が、何日か経ってもどうしてもわからなかったのです。
太陽を意識したことがないのに(夜型だし。笑)、なぜ太陽? しかも4回も? と思いつつ過ごしていました。

その頃、私はちょうど下のチャクラからクンダリーニがあがってきていて、背中がずっと熱い状態が続いていました。目を閉じていても光で眩しいし(丹光という丹田の光が見えるのです)、「あらら、このまま覚醒しちゃったらどうしようかしら~んlovely(喜)」という状態でした。

しかし、そのメッセージを伝えてくれたクライアントさんが、警告の意味合いで

「あなた自身の光が強くなっているので、気を付けた方がいい」

とおっしゃっていたのも気になっていました。

そんな時、ちょっとした出来事が起こりました。
(その2に続きます)

 

【無料プチヒーリング実施中】
下記のバナーをクリックしていただくと、クンダリーニレイキが3分程度流れます
↓バナーをクリックしたら、軽く目を閉じ、エネルギーの流れを感じてみてください。
人気ブログランキングへ

« 医療とヒーリング | トップページ | 太陽と月(その2) »

スピリチュアル」カテゴリの記事

日々のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1500834/41429380

この記事へのトラックバック一覧です: 太陽と月(その1):

« 医療とヒーリング | トップページ | 太陽と月(その2) »