2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月の記事

2011年7月31日 (日)

干渉せず、見守るのが愛

こんばんは~!  夜に元気なファーラです(爆)。
ずいぶんご無沙汰しておりました。光陰矢のごとし…。すごいスピードで日々が過ぎて行くのを感じています。

ここのところ、ちょっと前のお仕事でバタバタしていました
私は15年以上フリーランスで広告関係の仕事をしてきたので、今も時々そのお仕事をいただきます。ありがたいことです。やっと落ち着いて来ましたので、これからブログの更新もしていきますね。ネタはいっぱいたまっております(笑)。

さて、今日のテーマは『不干渉の法則』です。
『不干渉の法則』は、「宇宙の法則」のひとつ。宇宙では、他者の自由意志を許可なく干渉してはいけないことになっています。

みなさん、出来てますか? …はい、出来てませんね~(* ̄m ̄)

地球の3次元世界では、ついつい、人にお節介を焼いたり、他人を思うようにコントロールしようとしたり、人の人生に介入したくなります。私たち人間は、お節介をすることを「愛」だと勘違いしているフシもあります

親が子どもに、子どもの思いを無視して「いい大学に行きなさい」「その仕事をやりなさい」「あの人と結婚しなさい。(←まで言う親はもういないかな?)」などど言うのも、一見「愛」に基づいた行動にみえますが、干渉にあたります。
人のことについて、あれこれジャッジして「あの人は○○○だから悪い」「あの人とは付き合わない方がいい」なんてことを人に言ったり噂したりするのも、お節介という干渉ですね。

人をジャッジして否定・批判しても、そこに意味はありません。なぜだかわかりますか?
どんな存在も(人も動物も他の生き物も全て)、それぞれテーマを持って、魂を成長させるために生まれて来ているからです。それぞれ生まれて来たテーマも違うし、考え方や価値観が違うのは当然で、みんなそれぞれの「正しい」という価値観の中で生きてからです。みんな「自分が正しい」と思って生きているのです。

生きているといろんなことが起きます。そして、人それぞれ、その人に必要なことしか起きません。「全てが必然」で起こっています。
その人の成長のための出来事がせっかく起こったのに、他人があれこれ指示したり、求められていないのに助けたりすることは、その人の進化のチャンスをつぶすことになってしまいます。

気付くタイミング、成長の度合い・ステージ、人生のテーマは人によって異なります。
だから、「自分が絶対に正しい!」なんてことはありません。自分のステージ・価値観の中で生きているのですから、それぞれの自由意思は尊重しなければならないのです。

例えば、今世のテーマが「世界中のいろんな人と出会い、それぞれの良さを認め合う」という青年がいたとして、「大学を卒業したら、バックパッカーになって世界中を旅したい!」と思っていたところに、強い権力を持つ親が「お前は大学に残って研究者になれ」などと言って、彼の旅行をやめさせ研究者にさせたとしたら、それは明らかに干渉ですし、本人のためになりません。本人は不幸でしょう。

かと言って、これは、「人が困っている時もほっておきなさい」という意味ではありません。
「その人の魂の修行の妨げとなるような干渉をしない」と考えてみて下さい。
他者に対してアクションを行う時は、自分の欲求を満たしたい(他人をコントロールしたい)という「エゴ」に基づいたものではなく、「愛」に基づいたものかどうか、がポイントとなります。もし、自分の「エゴ」のために、他人に何かをしようとしているのだとしたら、それは単なる干渉にすぎません。

この世の中では、悲惨な出来事、痛ましい出来事が毎日のように起こっています。
「神様や天使がいるなら、なんで助けてくれないんだ?」
「こんなひどいことが起きるのをなぜ止めてくれないんだ?」
と思い、高次の存在自体を否定してしまう人も多いかもしれません。私も過去世で、大切な人をたくさん何度も亡くし、そして、神を否定してきました。

しかし、高次の存在たちが手出しをしないのは、「不干渉の法則」があるからなのです。
その人にとって必要なことであるのなら、どんな存在でも手出しはできません。

一番大きな愛は、干渉してお節介をすることではなく、「見守る」ことです。

エンリケ・バリオスの『アミ小さな宇宙人 (徳間文庫) 』にも
「それぞれの惑星や国や人間の進歩に関しては、だれも干渉すべきではないんだ。」
と書かれています。

他人は関係ありません。大切なのは「自分がどう生きるか」だけです。
もう、人にあれこれ干渉することに時間と力を使うのはやめましょう。自分が生きたいように、自分の人生を生きること。そちらのほうがずっと大切なことなのです。

そして、人の自由意思を尊重することを守りましょう
それはつまり、相手の考えを許し、認める、ということです。

私がこの法則を知ったのは「プレアデスからのスピリチュアルメッセージ」を書かれているmegminさんのお茶会でのお話です。彼女のブログにも「不干渉の法則」の記事がありました(もう3年以上前の記事ですね)。良かったら、あわせて読んでみて下さいね。

 

【無料プチヒーリング実施中】
下記のバナーをクリックしていただくと、クンダリーニレイキが3分程度流れます
↓バナーをクリックしたら、軽く目を閉じ、エネルギーの流れを感じてみてください。
人気ブログランキングへ

癒しの風foomiの「夏のスッキリ浄化ワーク」

2011年7月18日 (月)

アクシデントは宇宙の愛

こんばんは! 大きな台風が近づいていますね…
ここ滋賀でも、外の風の音がスゴイ!です
私は真夜中に猫2とビルの裏の田んぼの周りを散歩するのが日課になっているのですが、本日はさすがにお休みさせてもらいました。
猫2は「なんで散歩に行かないの? 連れてけ!!」とうるさいのですが(今現在も。笑)、今外にでたら吹き飛ばされそうですよ…

さて、今日は、高次元浄化エネルギー「Amazing Light」の創始者である天路(山崎文子)さんの日記から、必要な方がいると感じたメッセージがありましたので、転載しますね。

昔から わたしって
いいことが 何も無い…

溜め息混じりに、ボソッと…
消え入るような、声にならない声を漏らす。

涙が 音も無く静かに頬を伝う。
顔から生気が消え、肩に力が入りながらも、肩を落としている。

ハグしてしまった…。
昔の自分が 目の前にいるみたいな気分になる。
とにかく愛しい

イロイロと もう 何軒も廻ったという。

わたしは 幸せと縁が無い
わたしは いつも騙される
わたしは いつも人に裏切られる
わたしって不幸…

そう いつも口癖のように呟く。

ほら
ノックするから あなたの内部にある、素敵な素敵な宝物の答と出会って

あなたの人生の脚本は
あなたが 書いている。

遠い 遠い はたまた遠い時代からだったり、今回の人生にて…
自分自身というキャラクターの設定を、設計してみて。

みんな 知らない間に、自分自身や相手や物事に、思考概念 思い込みを刷り込んでしまう。

「ホントにあんたって、我が儘なくせに、泣き虫ね
言われ続けると、 ホントに
「私は、我が儘なくせに、泣き虫なの…
そう思い込み、決め付けて決定している。

自分自身で書いた脚本の登場人物像は、自分自身でキャラクターを書き換える事はたやすい。
スイッチを 切り替えれば、部屋の電気のON&OFFと同じ。

大変な人生アクシデントに出会ったら
「いや~ 一つ結果が出た。一つ減ったな~
結果が出ただけだよ。

怒りや悲しみは 良しも悪しも無く、ただのエネルギー。
いらないから 手放す。

要らないものを 浮き上がらせてくれたアクシデントに
有難う!
(※有ることが難しい、滅多にない)

気付きをくれて ホントに有難う。
手放し作業していこうね。

アクシデントは 宇宙の愛。
アクシデントあるたびに自己成長や自己研磨が出来る。

難儀あるから、生きているという喜びや幸せを感じるし、愛以外の不要なエネルギーを手放す作業を行える。
自分自身に溜まっているアカを見付け出会うのに、人は鏡となり、自分自身の要らないモノを写し出す。

実は、自分自身に降り懸かるアクシデントは、ホントにホントに有り難いんだよ。
チャンスが来たら、しっかり内部点検してね。
自己成長の鍵が 隠されている。

昔のわたしは、許せなかったが、今のわたしは許せる…ほら
成長したんだよ。

少しずつ 少しずつ 成長している自分自身に出会いたいね。

皆様 有り難い事ですね。

天路さんはすごい方ですが、彼女がそこまでのエネルギーを扱えるようになったのは、過去壮絶な経験をたくさんされたからです。天路さんの経歴を読むとビックリしますよ。
以下、天路さんの自己紹介文章を、一部転載。

21歳の時から、線維筋痛症(ステージ4~5)、脊椎、頚椎ヘルニア、脊椎分離症、恥骨結合部離開、仙腸関節剥離、その他の病気等により一生歩行困難と宣告される。手足腕足腰全ての筋肉間接機能不全。手術8回以上。鬱・自殺未遂数回・手術7回以上の人生の中で、スピリチュアルな気付きを高めていく。
大地に立ち、足低から地球からパワーをいただき、足もとから体内に…そして頭に抜け、邪気をつながった宇宙に飛ばし、松果体中心から銀河中心につながり、第7チャクラから高次元エネルギーを注入。
そして、奇跡は起こりました。肉体は修復されていったのです。
そのエネルギーは、今までつながっていた不動明王ともその他の神仏たちとも違い、愛と癒しと至福の波動で、稲妻のように脊椎へ突き刺さり、手が動き、指が機能して首を支えることもできるようになりました。
私はこうして生かされています。
皆様が不幸といわれる体験は、私自身が深くとことん体験済みです。
今は、どこへ行っても取れない痛みを改善する側になりました。
人は変われます。絶対に変われます。

とのことです。

アクシデントは宇宙の愛

という言葉、じ~んと来ます。

実際に大きなアクシデントをたくさん経験されたからこそ、「宇宙のギフト」の仕組みを理解されたゴッドマザー、天路さんなのでした。

#実物は、とってもオモロイおねーさんですよ 関東でお近くの方は、ぜひ整体を受けにいってみてくださいね。すごいことが起こって目が点になるかもしれませんよ(* ̄m ̄)



【無料プチヒーリング実施中】
下記のバナーをクリックしていただくと、クンダリーニレイキが3分程度流れます
↓バナーをクリックしたら、軽く目を閉じ、エネルギーの流れを感じてみてください。
人気ブログランキングへ

癒しの風foomiの「夏のスッキリ浄化ワーク」

2011年7月15日 (金)

満月の浄化ヒーリングにご参加ありがとうございます

こんにちは! 今日も暑いですね。なんだか伸びそうな勢いです ←何が伸びるのか。

本日日付が変わって行った「悲しみを癒す満月の浄化ヒーリング」に参加いただきました皆様、ありがとうございました

まだ受け取ってらっしゃらない方も多いと思いますが、ご都合の良いときに、いつでも宣言してお受け取り下さい。受け取る際の注意事項としては、結構な浄化力があるようなので、涙が出て号泣したり、お腹に来て下痢になったりすることもあると思いますから、ご自宅でお休みされる前や、その後ゆっくり出来るときにお受け取りされることをオススメします。

既に受け取ってしまわれて、悲しみが出て来て「前より苦しくなった!」という方、すいません。「悲しみを癒す」と言っても、すぐ楽になる感じではなく、まず浄化のエネルギーで心をデトックスしてから癒す感じになりますので、悲しみが表面化して出てきている最中は苦しいかもしれません。でも、その後はスッキリしてきますので、その後の精神面の変化に目を向けていただけましたらと思います。

悲しみを表面化させて、しっかり味わうことは、実は「癒される」ための第一のステップです。
心の中でフタをしたままにしておくと、悲しみは収まったようにみえて、実は心の中で大きくなっていることが多いのです。思い出して思いっきり泣いて、そして光に返していきましょう。

今回ヒーリングさせていただいて、参加者の皆様の悲しみを受け取り、私も涙が出ました。滝のように。
見えたイメージのいくつかを上げてみます。

  • 「お母さーん!」と言いながら、公園で泣いているひとりぼっちの女の子
  • 焼け野原(原爆が落ちたあとの広島?)で呆然としている人
  • 海に沈んだ(大切な人が海で亡くなった)
  • 手をなくした(事故?)
  • 星が爆発してふるさと(の星)を亡くした
  • お腹の中の赤ちゃんを亡くした(流産)
  • 鳥が撃たれて死んだ
  • 愛する人に裏切られた
  • イエスキリストの十字架の磔を担当した
    (イエスを敬愛していたが、自分が釘を打ち付ける担当であった)
  • イエスを亡くした後のマリア様(我が子を亡くした悲しみ)
  • どこかに閉じ込められたままになっている龍
  • ひとりぼっちで暗い部屋で寝ている赤ちゃん(側に親がいない)
  • 牢屋のようなところに閉じ込められた(いわれのない罪で)

これらは、参加者の方々が過去経験された悲しみ(現世や過去世)の一つかと思います。
胸の中に閉じ込められていた全ての悲しみが浮き上がり、浄化され、癒されるように意図をしました。
すっと悲しみが抜けていって、最後には大きなお月様の光に包まれ、参加者のお一人お一人が、穏やかな顔になっていきました。

送ったエネルギーは、「Amazing Light」と「トラウマオブバースレイキ」「ダイヤモンドレイキ」+α、です。
ヒーリングを送ることで、私自身も大変癒されました。素晴らしい機会をありがとうございました。

もしよろしければ、ご感想などいただけましたら励みになります(必須ではありませんので、もし、よければ)。ありがとうございました。

好転反応と思われる症状が出ている方へ
あなたにとって必要な浄化が起きているので、無理せずお休みいただければ、だんたんと良くなってくるとは思います。
なお、お世話になっている「蓮の風」のハスノさんが、好転反応に伴う不快症状緩和のための<叡智の虹>のヒーリングを設定してくださいました。もし、好転反応が辛い方がいらっしゃったら
「私はファーラから送られた<叡智の虹(えいちのにじ)>を受け取ります」
と宣言していただければ、そのヒーリングを受け取れますので試してみてください。
症状が改善するまで、何度でも受け取ることができます。



【今日の言葉】
「どうして自分だけ?」と思わないでください。
あなただけがつらいのではありません。あなただけが悲しいのではありません。
みんながみんな、自分のレベルで学んでいます。
悲しみを体験したあなたは、さらに大きな光になることができます。悲しみを知ることで、同じように悲しみを体験した人のことがわかるようになります。そういう意味では、悲しみは「天からのギフト」であるといえます。
どんな悲しみが来ようとも、あなたは、いつも、愛され、守られています。それを忘れないでくださいね。



【無料プチヒーリング実施中】
下記のバナーをクリックしていただくと、クンダリーニレイキが3分程度流れます
↓バナーをクリックしたら、軽く目を閉じ、エネルギーの流れを感じてみてください。
人気ブログランキングへ

癒しの風foomiの「夏のスッキリ浄化ワーク」

2011年7月14日 (木)

【無料】悲しみを癒す満月の浄化ヒーリング(15日0時30分から)

こんにちは! 今日も暑いですね

さて、明日7月15日は満月。
既に素晴らしい月の浄化の光が地球上に届いています。

突然ですが、昨晩上の方から指令が来ましたので(笑)
今晩、お月様のエネルギーを使って浄化のヒーリングを行います。

今回は、「悲しみ」にフォーカスしてお送りします。
悲しみは、3つのネガティブ感情の一つです。
【3つのR=拒絶(苦手・嫌い)、憤り(怒り・恨み)、後悔(悲しみ)】

悲しみを感じることは、もちろん悪いことではありません。
人間である以上、つらい出来事に遭ったり、なかなか受け入れられない悲惨なことが起こり悲しみに暮れてしまうのは当然ともいえます。

ただ、その「悲しみ」をいつまでも感じ続けると、あなたのエネルギーはどんどん奪われていきます。
しっかりと感じつくして、それを光に返していきましょう。

月には浄化の力があります。
悲しみを吸い込み・受け取り、そしてそれを感謝の光に変える役割があります。

満月は、特にその月のエネルギーが最大限に感じられる時でもあります。
昨晩、外に出て月を見ていましたが、素晴らしい浄化エネルギーでした。
この満月のエネルギーを使って、あなたの悲しみの浄化するお手伝いが出来たらと思っています。

★悲しいことがあったけど、感じないように過ごしてきた
★なぜだかわからないけど、たまにふと悲しみを感じる
★亡くした人のことを思い出して、まだ涙が出る
★ひどい失恋をして、その悲しみからまだ立ち直れない
★震災や事故で大切な人を亡くした

という方、ぜひご参加ください。参加費は無料です。
ピンと来られた方は、あなたに必要なヒーリングであると思います。
ご自身のハートに従っていただけたらと思います。

※流すエネルギーは、浄化力の強い高次元の光「Amazing Light」を中心に
 その時に必要だと感じたエネルギーをミックスして流します。

※今回の浄化ヒーリングは、「悲しみ」にフォーカスしていますので
 「今の私は毎日ワクワク、悲しみなんて感じないわ~
 という元気ハツラツ~!な方は、参加されてもおそらく全く何も感じないと思われます。
 (でも、もちろん、参加してもらってOKです。)

開催日時
2011年7月15日(金) 午前0:30~1:00(コールインOK)
★ 対象者 ★ 7月14日(木)いっぱいまでに参加表明された方


※リアルタイムに受け取る方は、15日午前0:30からヒーリングをスタートします。
(今晩来客のため、遅い時間からのスタートですいません。眠たいかたはコールインOKなので、ご都合のいい時間に宣言をして受け取ってくださいね。)
※14日いっぱい(24時)までに参加表明された方は、15日午前0:30を過ぎれば、時間が過ぎても受け取れます。お時間があるときに宣言してゆっくりお受け取り下さい。
※受け取りは1回です。

参加方法
このコメント欄に、参加する旨の書き込みをお願いします。
ターゲティングの関係から、県名・市区町村名と、名前(ペンネームで構いません)の記載もお願いします。
※7月14日(木)いっぱい(24時)までに参加表明された方が対象となります。

受け取り方
まず、お水をしっかり飲んでいただいて、横になるか椅子に腰掛けるなどしてゆったりした姿勢を取ります。そして目を閉じてリラックスしてください。

準備ができたら、受け取るために以下の言葉を宣言してください。

『私は今から、ファーラから送られてくるヒーリングを受け取ります。
私が抱えている悲しみは、全て手放します!
私の心・魂に、浄化が最高最善に起きます。ありがとうございます。』

と「口に出して」宣言します。
満月のお月様をイメージされるとさらによいと思います。
浄化エネルギーは約30分間流れます。

ご注意
・ヒーリングによって、体が暖かくなったり、ピリピリする・ゾクゾクするといった体感がある場合もあります。これらは異常な反応ではなく、安全ですのでご安心下さい。
・体感が何もない場合も多くあります。特に初めて受ける方の場合、ご自分では何も感じないという方が多いです(私も初めてのヒーリング体験は著名なヒーラーさんでしたが、全く体感がありませんでした)。感じないことの方が普通ですし、体感がなくともエネルギーはきちんと届いていますのでご安心ください。体感が強いほど効いている、というようなことはございません。
・ヒーリング中は、目を閉じて、ゆっくりリラックスしてください。途中で眠くなりましたら、眠ってしまっても構いません。
・ヒーリングで何が起きるか起きないかは、その方によって違います(波動状態や、回路の開き具合など)。
・エネルギーは循環です。家族や周りの方に、優しさ・親切、愛という行動のエネルギーを回していただければ、さらにご自身の変化が起きやすくなるでしょう。

参加者の皆様へ特典
この遠隔ヒーリングに参加し、コメント欄に感想を書いていただけた方には
初めての方に限り、セッションを1回1000円ほど割引させていただきます。
セッションをお申込いただく時
「一斉ヒーリング参加しました」と記載してくださいませ。
(※但し、特別キャンペーンのページにあるメニュー、および「お試しミニセッション」は除きます)

みなさまの参加をお待ちしております

#その割には告知が遅すぎ…

2011年7月10日 (日)

優しいからこそ感じる「ネガティブ」

こんばんは! さきほどうちの猫2(猫1はパンダ模様の女子、猫2は茶トラの男子。ともに15歳)を散歩させて帰ってきました~

え? 猫を散歩?…とみなさん驚かれますが、うちの猫2は散歩が大好きです。リードをつけて小型犬のように散歩しています。最初はリードを嫌がったり、まっすぐ歩けなかったりしたのですが、何度か練習するうち、すっかりワンちゃんのように散歩できるようになりました。さすがに猫は物音に敏感のため、人や車が少ない早朝や深夜に行っているのですが、「あなた、本当は犬?」ってくらい、お散歩がなじんでいます(笑)。

今やすっかり「猫とはこういうもの」という常識はくつがえされました。
動物にも個性があり、うちの猫2のように散歩が大好きで、人なつこく、大好物はササミ…というワンコっぽい猫もいます。人間同様、ひとくくりにして決めつけてはいけませんね^^ 彼らと生活することで、私もいろんな勉強をさせてもらっています

さて、昨日は、「ネガティブも否定せず、全てを抱きしめて変容の世界を生きる」というDr.ディマティーニ氏の言葉を紹介しましたが、今日は、もし全てを受け入れて抱きしめることができなくても自分を責めないで下さい、というお話をしたいと思います。

昨日書いたことと矛盾しているように思われるかもしれませんが、私が伝えたいことは、人間として生活している限り、ある程度のネガティブな感情や否定する気持ちがわきあがってくるのは当然だということです(ここで言う「ネガティブな感情」とは、怒り、悲しみ、憤り、後悔などのこと)。

だって、そこができないから私たちは人間として生まれているんだと思うからです。
もし、ネガティブな感情を全く感じないようなら、既にあなたは人間界ではなく高次元の存在として生まれているはずですよね。「宇宙の法則」を理解し、全ての闇を受け入れ包み込めるような大きな懐を最初から持っているのなら、あなたは人間ではなく、イエスキリストのようなアセンデッドマスターとして生きているはずです^^ だから、できなくても仕方ないんです。えっへん!(←いばるな?)

ネガティブな場面に遭遇して、なかなか受け入れられずにオロオロして、それでも、なんとか成長するために頑張る…それが、三次元に生きている人間です。

特に、優しい人ほど傷付きやすいのがこの三次元の世界です。
生きていると悲しい場面に遭遇することはいろいろありますし、人によっては暴力や虐待を受けたり、いたたまれないような悲しい事件や事故に遭遇することもあるでしょう。

そうした時に感じるネガティブな感情、例えば、ひどいことをした相手を否定したいと思ったり、悪いニュースを聞いたときに「なぜこんな痛ましい事件が起こるの?」と怒りを感じた時、
「これはネガティブな感情だ。そんなことを思ってはいけない!」
「私は人を悪く思ったりしない。今沸き上がった怒りは嘘だ!」
と、無理に否定しないでいただきたいのです。

なぜなら、そういう自分のネガティブな感情を否定したり、封印したりすると、それはどんどん潜在意識の中で大きくなってしまうからです。

想像してみてください。怒りを感じることがあったとして、それを否定しようとして、グッと我慢する…蓋をする…、それを毎回続けていくと、どうなると思いますか?
その我慢していた怒りは徐々に大きな塊となり、あなたのハートを傷つけ、壊し、いつか外への激しい攻撃として表出することになるでしょう。

優しいからこそ感じる、ネガティブな感情もあります。
感性が豊かだからこそ感じる、悲しみもあります。
愛があるからこそ感じる、痛みもあります。

だから、ネガティブな感情がわきあがった時は
そんな自分を許し、認めてあげてください。自分を責めてはいけません。

悲しい時は、泣いたらいいんです。
ひどいことをされたら、怒ってもいいんです。
結婚詐欺にあったら「ゆ、ゆるさん!」と詐欺男を殴っちゃってもいいんです(←いいのか? 笑)。

沸き上がってきた自分の感情は、全て一旦素直に受け入れちゃいましょう。それが、ネガティブでもポジティブでも、感情を認めてあげることが大切です。

一旦受け入れ、しっかり感じつくしたら、その後に初めて、いろいろなワークをしたり、内観したりして、ネガティブな感情を解放していくといいですね。

優しいあなたへ。
傷付いたのは、あなたが優しいからです。
自分のネガティブな感情も受け入れ、そして慈しみ、愛していきましょう。

【無料プチヒーリング実施中】
下記のバナーをクリックしていただくと、クンダリーニレイキが3分程度流れます
↓バナーをクリックしたら、軽く目を閉じ、エネルギーの流れを感じてみてください。
人気ブログランキングへ

癒しの風foomiの「夏のスッキリ浄化ワーク」

2011年7月 9日 (土)

全てを抱きしめ、変容の世界を生きる

先日、私は「住んでいるのは、人間だけじゃない」という日記を書きました。
「地球のために、人間はもっと他の生き物のことを考えて生きて欲しい」…と一見正論にみえることを書いたのですが、mixiでその日記を公開したところ、マイミクの方から以下のコメントをいただきました。

「我欲があることも、人間の責任ではない。その欲をコントロールできない文化を作っていったことも自然の流れ。この星にはこの星の歩む流れがある。選べるのは自分はどう生きるかということだけ。多用な生き方と出会うから、自分の行く道が見えるということがあるのも事実」
「どんな方向に進んでも、それが地球にとってたどるべき道。よりよくって…誰のために? 誰にとってよりよく? その基準は誰が決めたの?」

一見辛辣に見えるこれら意見、私も一瞬「うっ!」と思ったのですが(笑)、よく考えてみたところ、マズいことに気がつきました
私は、「地球に住んでる他の生き物のことも考えて欲しい」という気持ちで書いたつもりだったのですが、本当は、他の生き物を殺している人達を真っ向から否定していたということに…

その原因もわかりました。
私は、子どもの頃、身近な動物や虫たちの命を奪われたことで傷付き、それが未だに癒されてなかったのです。

田舎の農村で育った私は、いろんな動物や虫・鳥たちが農作物を荒らす害獣・害虫として捕らえられ、殺されて来るのを見て来ました。また、かわいがっていた猫たちを何度か捨てられたこともありました。その経験がトラウマになり心の奥底に残り癒されてなかったため、クモを駆除しようとしていた人に対し、私はひどい怒りを感じていたのです。

これはつまり、自分が正しく、相手は間違っているという認識が前提であり、私は小さい頃に感じた悲しみや怒りを、その人にぶつけていただけだったのです。

それに気付きハッと思った時、私がいつも読んでいるとあるブログが更新されていました。この記事です。

愛する人を失っても救われる方法(宇宙わくわく共創局)

筆者のモナカ寅次郎さんは、「目覚めのアニメ」を制作してDr.ディマティーニ氏のメソッドを紹介してらっしゃる方ですが、その日の記事は、私にとってブレイクスルーになる記事でした。詳細はリンク先の動画と記事を見ていただきたいのですが、宇宙では全てが「損失」と「獲得」の中で循環して形を変えているだけで、善悪はない、ということが書かれています。物事には「損失(マイナス面)」と「獲得(プラス面)」の両方が必ずあり、一方だけ見ていては一面的な見方にすぎないということなのです。

物事が起きたとき、私たちはそれに善悪の判断をしてしまいがちです。
しかし、それはただ起きているだけで、それがいいとか悪いとかいう判断は私たちが勝手にしているだけです。過去の経験や、昔の心の傷をほじくりだして、いいとか悪いとか感じるだけで、それは「幻」にすぎないのです。

バシャールも言っています。「どのような状況も、それ自身が本質的に持っている意味はありません。意味はみなさんがつけるものです。」(『BASHAR GOLD(バシャール ゴールド) 』より)と。

もし、あることが起こった時に「悲しい」「腹が立つ」「許せない」などと思ったなら、それは自分の心が投影されています。

「悲しい」と思ったなら、それは自分の心の中の悲しみと向き合う時です。
「許せない」と思ったら、自分の心の中の許せない部分に向き合う時なのです。
もし「許せない」と思うなら、自分のことを自分や他人を許していないから「許せない」と感じるんです

「何が起きても、そこでおきている『損失』と『獲得』を発見し抱きしめ、変容の世界を生きること」

そうです。そうなんです!
人をジャッジして否定したりするのではなく、全てを認め、抱きしめること。
この時代に生き、人間として生きているということは、いろんなこと、いろんな人、いろんな考えを知り、理解していくことがテーマ。全てが学びなんですよね。

また一つ、素晴らしい気付きをいただきました。おかげで、長い間抱え込んできたものをまた一つ手放すことができました。

コメントをくれたお二人は、宇宙出身の方たちです(笑)。
さすが、「宇宙の法則」をよく理解してらっしゃいます
ありがとうございました



【無料プチヒーリング実施中】
下記のバナーをクリックしていただくと、クンダリーニレイキが3分程度流れます
↓バナーをクリックしたら、軽く目を閉じ、エネルギーの流れを感じてみてください。
人気ブログランキングへ

癒しの風foomiの「夏のスッキリ浄化ワーク」

2011年7月 4日 (月)

宇宙の法則と浄化のプロセス

こんにちは! 本日も私は絶賛浄化デーになっておりまして、朝から涙がダラダラ出てきております…
目が思いっきり腫れてしまったので、私に会った人は
「あらやだ! あの人、きっとひどい夫婦ゲンカをしたのね…
「ダンナさんから離婚を切り出されたのかしら…かわいそうに…
と思ったりしてるかもしれませんが(笑)、本人は浄化されてスッキ~リ爽やかな気分です。イヒヒ
今日のお話はまた明日書きますね。

さて、先日書いた記事は「不要な感情を手放すには?」がテーマでしたが、時を同じくして、滋賀のセラピストの片岡美沙さんが、「癒すとは」というタイトルで同じテーマのブログ記事を書かれていました。
http://ameblo.jp/jk-wica/entry-10937882144.html

片岡さんも「癒すには、自分の感情を認めること」と書かれています。
ほんとにそうなんですよ~!

でも、なかなか一人でそれはむつかしい、とか、何が原因なのかわからない、という方は、心理カウンセリングやヒプノセラピー、シータヒーリングなどを受けてみられるといいと思います。シータヒーリングは問題の根っこを探してそこを癒すので、変容が早いというのが実感としてあります。興味がある方は、一度体験してみてくださいね(→シータヒーリングセッション

さて、今日は、先日の記事と少し連動して「浄化のプロセス」のお話と、シンプルで大切な「宇宙の法則」のお話をしたいと思います。

この情報は、ブログ「プレアデスからのスピリチュアルメッセージ」のmegminさん主催のお茶会で聞いた情報が元になっています。すごくシンプルなことなのですが、そうか~!と私はとても腑に落ちたので、みなさんにもご紹介します。

その時いただいたレジュメから、「宇宙の法則」の一部を抜粋しますね。
※文意を損なわない程度に、言い回しを一部変更したり省略している部分があります。

  1. 原因と結果の法則(因果応報
    宇宙はとてもシンプルな法則に従って管理されています。
    「出したものが返ってくる」
    ただそれだけの単純な法則があり、全て自己責任の上に成り立っています。
    よく「バチが当たる」といいますが、それはありません。良くも悪しくも、自分が出したエネルギーが戻って来ているだけのことです。
    自分が出したエネルギーは、自分が受け止めることではじめて浄化されます

  2. 浄化のプロセス(受け入れること)
    浄化とは、全てをゆるし、受け入れることです。
    受け入れるとは、自分にとって嫌なことも、全て必然と認識することです。そうしないと、いつまでも否定している限り、また同じ状況が繰り返されます
    必然と認識したうえで、自分にとっていらないものは手放せばいいのです。
    必然と見なしていないと言うことは、自分の責任ではなく、他人や社会のせいにして、必然を偶然と思うことです。
    「あいつが悪いからこうなったんだ!」と思っている限り、また同じ状況が繰り返されます。ですから、自分が出したことに対して(自分が出した記憶がなくても)、素直に「ごめんなさい」ということです。
    「ホ・オポノポノ」はカルマの浄化方法を簡略化したものです。
    「ごめんなさい」「ありがとう」「許してください」「愛しています」

1.の「原因と結果の法則」ですが、これは宇宙の大原則、基本の基本、だそうです。
あらゆる事象の原因となっているのは、自分の「心のあり方」だということです。また、心の中でも、顕在意識と潜在意識ではどちらが優位に働くかというと、潜在意識の方がずっと優位に働くとのことです。

シータヒーリングのテキストにも「思考は光の速度よりも速く伝達します!」と太字で(笑)書かれていますが、思考の中でも、表面に出ている顕在意識より、心の奥底にある潜在意識の方が強く作用します
つまり、潜在意識で考えたことは、ものすごいエネルギーを持って実現化へと進んでいく、ということです。

また、悪いことを「否定」すると、同じことしか起きない、ということにもなります。潜在意識に「否定」があると、その「否定」のほうが優位に働くからです。恐怖や否定的観念に基づいて生きていると、宇宙意識から離れ、分離した自己愛(エゴ)に従って生きざるを得なくなり、さらに「否定」「恐れ」が強くなっていきます。
それが、思い癖と負の連鎖である「カルマ」です。

「宇宙の法則」によれば、やったことが返って来ているだけで、周りのせいではないのです。私たち人間は、ついつい「環境が悪い」「あの人が悪い」「会社が悪い」「先生が悪い」などと文句をぶーたれてしまいたくなりますが(笑)、実は、世の中では、必要なことしか起きていないのです。

2.の「浄化のプロセス(受け入れること)」ですが、これこそ、先日の記事「不要な感情を手放すには」に関連します。

「苦しい」と感じていることは、「否定」が自分の中で起こっていることを現しています
嫌だ…怖い…嫌い…許せない…という否定的な感情は、そのまま持ち続けている限り、消えてなくなることはありません。
起こったことや嫌な存在自体を否定したい…許したくない…。そうしていると、ますます忘れられないし、手放せなくなってしまうのですね。

でも、「ネガティブな否定的な感情は、時間が解決してくれることもあるのでは…?」
と疑問を持つ方がいるかもしれません。
でも、そういう現象を経験された方は、その感情が消えた時のことをちょっと考えてみて下さい。消えた時、イコール、否定的な感情が消えた時だったのではありませんか?

例えば、大切な人が亡くなって、辛く悲しい気持ちになったとします。
時が経ち、悲しみがやっと癒えた、と思った時、その時に相手への思いがどうなっているか。亡くなってすぐの時の「なんで先に死んじゃったの?」という相手の死に対する否定の感情は既に昇華され、「私に優しくしてくれてありがとう」「私と一緒に生きてきてくれてありがとう」という感謝の思いに変わっていることに気付くと思います。
つまり、自然に消えたのではなく、受け入れたことで、癒しが起こったのです。

自分が出したエネルギーは、自分が受け止めることではじめて浄化されます
この宇宙では、必要なことしか起きていません。

それに内観して気付いていくことで、グンと楽に生きられるようになります。
「受け入れること」で、浄化・癒しが起こるのです。

今日書いた記事は、私がmegminさんのお茶会で聞いたことの一部に私の解釈を加えて書いたものです。
私の説明が冗長でうまく説明しきれなかった気がするので、もし興味がある方は、megminさんのお茶会に参加してみてくださいね 素敵なお話が聞けますよ。
megminさんのホームページ(お茶会情報はメニューの中の「インフォメーション」にあります)

#どうやったら話を短くまとめられるのでしょうか…いやはや…(笑)。

【無料プチヒーリング実施中】
下記のバナーをクリックしていただくと、クンダリーニレイキが3分程度流れます
↓バナーをクリックしたら、軽く目を閉じ、エネルギーの流れを感じてみてください。
人気ブログランキングへ

癒しの風foomiの「夏のスッキリ浄化ワーク」

2011年7月 3日 (日)

住んでいるのは、人間だけじゃない。

こんばんは!
先週はなんだかあっという間に一週間終わってしまいました。最近時間が経つのが早すぎませんか~?

さて、今回のお話は、人間とその他の生き物のことです。

昨日、夫が帰宅して来たとき、「ビルの入り口に殺虫剤がまかれてる」というので降りてみたところ、ビルの天井・壁、手すりなどの共用部分が殺虫剤でべとべとになっていました。下にはクモやら虫やら、いろんな生き物の死骸がいっぱい。あちこちに殺虫剤が大量にまかれたようでした。

うちのビルの裏手は田なので、いろんな生き物がやってきます。
田植えシーズンにはカエルがいっぱいやってきましたし、いろんな鳥が空を飛び、虫もいろいろやってきます。私は生き物が大好きなので天国のようですが、それを嫌う方もいるようで、殺虫剤をまいたのは住人のおひとりでした。
「クモがたくさん巣をはって困るから、その駆除のために毎年まいている」
とのこと。その方は、もちろん、良かれと思ってやってらっしゃるのです。

しかし、殺虫剤をまいて他の虫ともども、全て皆殺しにする必要があるのかな?…と、いろんな虫たちの死骸を見ながら、私は悲しくなりました
クモの巣が気になるなら、そこの部分だけホウキなどではらって別のところに移動してもらえば、それで良かったのではないかと思うのです。

人間は自分の都合の悪いものは、すぐに「駆除」したがります。
特に近年、化学薬品が普通に使われるようになってからは、虫が出たら殺虫剤をかけ、草が生えたら除草剤をまき、「害獣」と呼ぶ動物が出たら毒をまいて殺したりしているのです。

でも、彼らは悪いのですか? 彼らが何をしたのですか?
彼らは、生きるために必要なことをしているだけではないのですか?

クモも、一般的には「気持ち悪い」という理由だけで人間の「駆除」対象です。
虫やクモなどが嫌いという方がいるのはわかります。クモの巣があるとジャマというのもわかります。
でも、薬品をかけてその生き物全てを殺す必要があるようには私には思えません。

そういえば、アリの巣を全滅させる薬品の宣伝をよくテレビでやっています。あの薬は、人間が勝手にアリを「害虫」と決めて、巣を丸ごと全滅させて「駆除」できた!と喜ぶためのものだと思います。
でも、考えてみて下さい。そもそも、なぜ、アリが家にやってくるのでしょう?
お掃除をちゃんとしてないからではないですか? 甘いお菓子を下にこぼしたのではないですか? そのアリたちは、食べ物を発見したので、仲閒を呼び、巣に運んでいただけです。

人間が「害虫」「害獣」と呼んでいるものも、彼らには彼らの役割があります。自然の中では調和の中で、それぞれの役割を持って生きているのです。
例えば、クモは「気持ち悪いからイヤ~~!!」と思われるでしょうが、農村の方では福を呼ぶものとされてきました。農作物の害虫を食べてくれるからです(このページも良ければ読んで下さい)。また、ミミズも「気持ち悪い」とすぐ殺そうとする人もいますが、ミミズは田畑・庭を耕して土を元気に保ってくれる役割があります。

また、植物に対してもそうです。
夏になると「あ~こんなに雑草が生えちゃって」と、草むしりするのが面倒だからと除草剤をまいている人も多くいます。しかし、除草剤は、草だけでなく、土中にいる生き物全てを殺します(除草剤は、生き物の細胞を破壊します)。いろんな生き物の命を絶つ薬剤です。

また、人間が「害獣」と呼んでいる動物に対してもそうです。
私は滋賀に引っ越しする前まで、山陰の山村部にしばらく住んでいたのですが、そこでは野生の猿が農作物を荒らすからと「害獣」指定されていました。猟友会の人に頼んで銃殺も許可されていました。
それだけでなく、すごい話も聞きました。それは、「猿のシッポを持って来たら1万円」というものです。
つまり、猿を捕まえて殺して、その証拠としてシッポを差し出せば金を出す、という意味です。私は唖然としてショックだったのですが、地元では誰も声をあげる人はおらず、むしろ自治体側もいいアイデアだと賛成しているとのことでした(今現在どうかは確認していません)。

しかし、なぜ、動物たちが里山に出るようになったのでしょうか?
それは、山に食べ物がなくなったせいだと言われています。気象の変動などで食べ物の少ない年などもあると思いますが、山に食べ物がなくなった第一の原因は、高度成長期に国が主導して行ったスギ・ヒノキの植林のしすぎで、豊かな里山が失われてしまったからです。
本来、水を豊富にたくわえ、木の実や果実など、動物たちの食べ物が豊富にあった日本の里山は、植林政策で山の中からどんどん消えていきました。植林された山の手入れは、最近されないまま放置されているところが多く、大きくなったスギ・ヒノキの林の下は真っ暗。光が届かず、他の草木は育つことができません(この件の詳細は、「日本熊森協会」さんのサイトが詳しいので、ぜひご覧下さいね)。
つまり、人間のせいなのです。

それなのに、「害獣」と言って、出てきた動物たちを片っ端から駆除している人間たち。とてもやりきれないです。動物たちは悪くありません。

地球の上では、植物・動物、どんな生き物も調和の中で生きています。食べたり食べられたりしたとしても、必要以上の殺生をしたり、理由もなく他の種を殺しまくったりするような種はいません。

そんなことをするのは、人間だけです。

人間は、他の生き物よりずっと高度な生き物だと思ってきたかもしれません。でも、本当にそうなんでしょうか?

この地球は、人間だけが住んでいるわけではありません。
いろんな生物、植物・動物・鳥たち・魚たち…いろんな存在の住処です。

もうそろそろ、我が物顔で地球を痛めつけたり、他の生物たちを虐げたり、必要以上に殺生するのはやめていきませんか?

どんな生き物の命も大切に。どんな生き物にも、感謝をもって生きたいものです。
全てのものは、ひとつなのですから。

癒しの風foomiの「夏のスッキリ浄化ワーク」

【無料プチヒーリング実施中】
下記のバナーをクリックしていただくと、クンダリーニレイキが3分程度流れます
↓バナーをクリックしたら、軽く目を閉じ、エネルギーの流れを感じてみてください。
人気ブログランキングへ

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »