2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 人の人生に自分の時間を使わないでください | トップページ | megcreaさんのセッション(2) »

2011年6月15日 (水)

megcreaさんのセッション(1)

今日は朝から大浄化デーでポイント10倍!…ってな具合に、起きてすぐに涙が滝のように流れて止まらなかったファーラです、こんばんは(笑)。

さて、今日はmegcreaさんの遠隔セッションをしていただきました~。
megcreaさんは、ソウルカラー診断や、ガイドスピリットからの今の自分に必要なメッセージ、さらに、浄化されてないままの前世を観て、その問題の根っこが何なのかを気付かせ、それを解放するお手伝いをしてくださいます。

感想=す・ご・い。

以上。
↑えっ?

というのは冗談で(笑)、本日解放しておかないといけない部分があるので、続きや感想はまた後で書きますね。

朝から涙が止まらなかったのは、メッセージを下ろしてくださったmegさんが朝から私の魂にアクセスされて、悲しみや寂しさが浮上していたからだとわかりました。

skypeでセッションしていただいたのですが、セッションの最初にいただいたテキストをみなさんにご紹介します。
ほんとはもっと長文だったのですが、一部省略させて転載させていただきますね。

----------------------ここから------------------------------

★ はじめに… ★
私たちは生を受けてから今に至るまでに、人との関係を通してさまざまな経験を重ねてきました。
また、あなたの今世での経験とリンクする、あなたに必要な学びを経験する為の過去世も何度となく繰り返してきました。
その幾世にも渡るさまざまな過去の経験が、個々の喜怒哀楽の土台となるものを作っています。
まずはステップ①の『soulカラー』や『ガイドスピリットからのメッセージ』であなたの本来持つ能力を知り、次にステップ②で『今世のあなたの思考の傾向とリンクする前世』を見ながら、あなたの今の位置を知り、傾きやすい傾向を把握して下さい。
前世を紐解く事で、あなたが知らず知らずのうちに心の奥底に閉じ込めてしまっている感情を発見していきましょう。
在りのままの感情を見つけ出し、解放する事で魂は癒され、浄化が起こります。

魂が曇りなく光り輝くことで、あなたに備わる能力を思い通りに発揮することができるようになるでしょう。
あなたの本来の輝きを取り戻し、魂が望む未来を創造していきましょう。

ステップ①自分の能力を知る。
ステップ②自分の今の位置や傾きやすい傾向を知る。
ステップ③把握した能力の実践。

☆★☆★☆゜・*:.。 ステップ①自分の能力を知る。゜・*:.。 ☆★☆★☆

★ あなたのsoul カラー ★
ファーラさんが持つ長所や能力を一番発揮できるブリリアントカラーは『紫』です。
現在の精神状態を表すバリアブルカラーは『緑』や『黄色』が出ているようです。

★ ガイドスピリットからのメッセージ ★

【 ファーラ様のガイドスピリット⇒ 薄い緑色のエネルギーの方。 】

魂と向き合い、そこにある学びを得ていくのです。
あなたの魂の抱える寂しさは、あなた自身が癒してやらなければなりません。
魂の声に耳を傾け、まずは自分が寂しさという傷を抱えてしまっている事に気付くところから始めるのです。

本来のあなたの魂は、慈悲深い愛を持ち、相手の為に懸命に考える事の出来る力を持っています。

あなたにしか救えない魂があります。

あなたの覚醒を待つ魂たちの為に、一日も早く抱えてしまった傷を拭い去るのです。

★ 磨けば光るあなたの得意とする能力 ★ 
・ 相手の心を把握するリーディング能力。
・ 拾った情報を整理し、まとめてわかりやすく置き換える能力。
・ 月のエネルギーを駆使する能力。
・ 人の記憶を見る能力。

★ 宇宙から与えられたあなたの使命 ★
月のエネルギーのように、皆を理解し、癒していく。

★☆★☆゜・*:.。ステップ②自分の今の位置や傾きやすい傾向を知る。゜・*:.。 ☆★☆★

★ 今のあなたを知る内観の鍵となる前世 ★

【 月のエネルギーを込めて創造された天使 】

彼女は月の種族を救う為、月を管理する大天使によって月のエネルギーを込めて創られた天使である。
彼女を創造した大天使は、月と運命を共にする「月の意思」が月から離れていってしまう事を知り、今後の月を守る為に月の種族を作った。
月の種族を作った大天使は、月の種族となる者に、能力の高い者ばかりを厳選して選んだ。

大天使「月の種族の者たちは、今後の宇宙を背負い、先陣を切って行く者たちとなるであろう。彼らは月の種族を経験する事で宇宙の進化に必要な英知を受け取り、今後繰り返される転生で、その英知を磨いて行く運命をにぎるのである。」

大天使は、いずれ宇宙の進化の為に先陣を切って動く役目を担う、月の種族の者達をサポートする天使として、月の英知を持った彼女を創造した。

月のエネルギーを込めて創られた彼女は、月の意志と同じように、月と運命を共にする存在であるのだ。

大天使ステルスフォンは、月の種族の者たちにも宇宙の英知を授けた。

月の種族の者たちの魂には、月の英知である宇宙の真実が刻み込まれている。
彼らはそれを必要な時に思い出さなければならない定めを握っていたのだった。

彼女は月の種族の者たちの英知が正しく使われるよう目を見張り、彼らの行動全てを把握していた。
それに加え、月の種族の者たちがどの世でどの英知を解き放つのか、それも把握して理解し、管理していた。

大天使ステルスフォンは彼女を創造した時、彼女に伝えた。

ステルス「良いか、お前は宇宙の進化を支える者たちの記憶を管理し、必要な場所で必要な記憶が呼び起こされるよう促すのだ。それは私の創造したお前にしか出来ない重要な役目だ。何があってもその事だけは忘れるな。」

彼女はステルスフォンの言葉を胸に刻み込み、月の種族の者たちの記憶をサポートする天使として、今の世をスタートさせたのであった。

月の種族の者達は本当に能力の高い者達ばかりであった。
月の種族の者たちは、ステルスフォンから与えられた英知に加えて、更なる自分の能力も持っていた。
彼女はあまりに能力の高い月の種族の者たちを見て、皆の記憶を管理する事しか出来ない自分に劣等感を抱えるようになっていった。

「彼らは本当にすごいわ。宇宙の英知だけでなく、生命体としての能力も非常に高い・・。それに比べて私なんか・・・・。こんな私が月の種族をサポートする天使だなんて、月の種族の者たちは笑っているでしょうね。」

彼女は自分の能力に不満を持ち、その感情を自分を創造してくれたステルスフォンにぶつけた。

「何故、私にも月の種族の者のように他の能力を与えて下さらなかったのですか?あんなに優秀な者ばかりの集まった月では、私の出る幕はありません。私は時々、自分が創造された意味がわからなくなります。あなたは何の為に私を創造されたのですか?」

彼女の不満を聞いたステルスフォンは、静かに微笑み、興奮を抑えきれない様子の彼女に伝えた。

ステ「落ち着いて考えるのだ。記憶の管理はお前にしか出来ない。お前は皆の記憶に直接アクセスし、記憶の解放を促す役目を担う者だ。お前は他の者とは違う。お前にはお前の道があるのだ。他の者とは違うお前だけの道を歩め、その経験が必ずや後の世のお前を救う事となるであろう。」

「私だけの、他の者とは違う道・・?私は有能な彼らの記憶の解放を手伝う事しか出来ないのね・・。」

彼女は「記憶の解放を管理し、促す」というとても重要な任務を背負い、全ての者の記憶と行動を把握するという素晴らしい能力を持っていた。
しかし彼女は、自分の素晴らしい能力に目を向ける事なく、周りの者の能力ばかりに目を向けては自分と比べ、自分にその者と同じ能力が無い事を嘆くのであった。

「私も皆のような素晴らしい能力が欲しい・・。」

彼女はそればかりを考え、長い長い月日を過ごした。

そんなある日の事、宇宙の英知を持つ月の種族の一人が、おかしな動きをし始めたのである。

宇宙の英知は、時が来るまでは他の星の者に他言してはならない決まりとなっている。
しかし、その者は近頃、頻繁に火星の者と交流を取り合っているようで、どうも様子がおかしい。

彼女は彼の行動に注意しながら、彼の記憶を辿ってみた。
するとやはり、火星の者に宇宙の英知を分け与えていたのだった。

彼の行動に気付いた彼女は、すぐさま彼を呼び出し、厳しく注意した。

「宇宙の英知を他言する事は禁じられているはずです!あなたは月の種族としての自覚があるのですか?他の星の者に、私達月の種族の者が宇宙の英知を持っている事を知られると、宇宙の英知を狙って攻め入って来られるかもしれないのですよ?」

彼女にしかられた彼は、悪びれる様子もなく、こう言い放った。

彼「攻め入ってこられたからってどうなんだよ。有能な俺達の手に掛かれば他の星のやつらなんて一発で消し去ってやるさ。だいだいなんでお前なんかに口出しされなきゃいけないんだよ。無能な天使は引っ込んでろ!私達月の種族だって?皆お前の事は月の種族の者だって認めてねぇよ!」

「無能・・・・。私は月の種族だと認められていない・・・。そっか・・。そうよね・・・・・。」

彼女は彼の言葉で魂に深い傷を負い、これまでの不安を全てえぐり返した。

「皆は私の事を月の種族の者だと認めていなかったのね・・。そうよね。こんな無能な天使・・。だいたい私は、皆のようにステルスフォンから選ばれるほどの能力も持っていないし・・。わたし、何のために存在しているんだろう。もう嫌だ。消えてしまいたい。」

彼女は自分に対する自信をすっかり無くし、魂に深い孤独と不安を抱えるようになってしまった。

彼女はその後、月の種族の者との交流を避け、記憶の管理という役目も放置して一人で孤独に過ごした。

そんな彼女を見たステルスフォンは、彼女にはもっと深い経験が必要だと判断し、彼女を人間へと転生させるプログラムを組んだのである。

彼女は今、人間として生き、魂の学びのテーマである自信を確立させていく道を歩んでいるのである。

----------------------ここまで------------------------------

どおりで私、夜やお月様が好きなのだと思いました(笑)。←太陽が苦手wobbly
何度矯正しても、夜型が治りませんcoldsweats01

と軽い感想はここまでにして、しっかりした感想は明日また書きます~~!
(なぜなら、まだしないといけないことがあるから)

とにかく大浄化デーな本日。
セッションの最初から最後まで号泣でしたcrying

そういえば、明日は満月ですね^^

megcreaさんのセッションは、素晴らしい気付きのワークです。
特にヒーラーさんやエネルギーワークに興味がある方、オススメします!!

MegとCreaのsoul healing

« 人の人生に自分の時間を使わないでください | トップページ | megcreaさんのセッション(2) »

スピリチュアル」カテゴリの記事

過去世」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1500834/40408610

この記事へのトラックバック一覧です: megcreaさんのセッション(1):

« 人の人生に自分の時間を使わないでください | トップページ | megcreaさんのセッション(2) »